Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

不登校の子どもたちに卒業旅行を!!

現在の支援総額
26,000円
支援者数
8人
募集終了まで残り
終了

現在43%/ 目標金額60,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2020/03/23 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

2020-02-19 募集を開始しました
2020-03-23 募集を終了しました

フリースクールのみんなで卒業旅行に行きたい!学校では当たり前に行くことができる修学旅行。学校では行きたくても行けない。でもフリースクールでなら行きたい。そんな子どもたちの想いをぜひ実現させてください。

はじめに・ご挨拶


 私たちは神戸市垂水区で活動を行っているフリースクールForLifeです。

 フリースクールForLifeは、1997年に市民の有志が集まり、不登校や発達障害の子どもの居場所と、不登校の保護者を支援する任意団体、フリースクールForLifeを発足。毎年平均して15名の小・中・高校生を受け入れし、20年でのべ300名を超える不登校など生きづらさを抱える子ども支援を行ってきました。

 NPO法人化以降は、従来の不登校の子ども支援に加え、行政や民間企業などの助成金を得て、地域との協働で、多様なインクルーシブ型の教育活動を展開し、近年では、文部科学省の委託事業を受け、不登校支援の研究事業にチャレンジするなど、活動の幅が広がっています。

 こうした取組みが評価され、兵庫県のくすのき賞(2004年)や神戸市地域活動賞(2009年)を受賞したほか、神戸ロータリークラブ感謝状を2年連続(2015、2016年)受賞致しました。


 フリースクールForLifeに通う子どもたちの「学校に通っていなくても卒業旅行に行きたい!」という想いを実現するために、どうか皆さまのご支援をよろしくお願い致します。


NPO法人ふぉーらいふ(フリースクールForLife)代表の中林 和子です。

 学校に行けないことで、差別偏見を受け、自らも自分を否定していく子どもたちを見て、「生きていてよかった」と思える居場所を作りたいと思い、フリースクールを立ち上げました。


NPO法人ふぉーらいふ(フリースクールForLife)スタッフの東野です。

 クラウドファンディングの窓口を担当しています。

 子どもたちが行きたいと願っている卒業旅行にぜひご協力ください!


このプロジェクトで実現したいこと

 学校外の学び場でも、卒業旅行に行けることが当たり前な社会に。

そして『学校に通っていないからできない』ということをなくしていきたいと考えます。

今回私たちが卒業旅行へ行くことで、そんな社会に一歩近づき、学校外の学び場の可能性が広がります。

この一年間、一緒に活動を行い、色んな経験をしてきたメンバー全員で卒業旅行に行きたい。そして素敵な思い出を作って、それぞれの進路に向かって進んで行きたい。

そんな子どもたちの想いをぜひ実現したいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

 不登校の子どもたちは、毎年増え続け、2018年度の文科省調査では、約16万5千人となっています。学校が合わない子どもたちの増加によって、教育のあり方が問われています。いじめや理不尽な対応によって、深い心の傷を受け、追い込まれた子どもたちがやっとの思いで辿り着いたのは、フリースクールなどです。

しかし、不登校の子どもたちが増え、フリースクールという居場所が増えても、公的な支援が得られることは難しく、さまざまな活動を行うための資金をご家庭から負担していただき、やりくりしている現状があります。

現在フリースクールForLifeでは、小学生から高校生までの17人が通っていますが、今年は4人の中学生が、フリースクールを卒業していきます。

それぞれが自分らしくこの居場所で過ごすことができ、次の進路に向かおうとしているこの時期に、皆で卒業旅行に京都に行きたい!とミーティングで話されるようになりました。

子どもたちは異年齢の子どもたちがともに集い学ぶこの場での「卒業」の意味はとても大きく、スクールの仲間との旅行はこの上もない楽しみの一つです。

しかし、卒業旅行に行くには、資金不足なこともまた事実です。

この卒業旅行が実現できることで、子どもたちが、笑顔を取り戻し、自分たちの企画した活動を一から調べ実行し、学ぼうとするまなざしには、自信とエネルギーが宿り始めます。そして、次のステージに進めるようになります。

子どもたちの学校外の場は、子ども中心の多様な学びの場として地域に根付くと社会の価値観も変わっていくのではないでしょうか?


これまでの活動

 フリースクールForLifeは、神戸市にある不登校の子どもたちが、安心して過ごせる「居場所」として1997年に開設しました。自宅開放型の「居場所」では、家族的な雰囲気を大事に、子ども主体の活動をしてきました。

その中で、私たちは生活者であることを礎に、自然体験や人・文化との出会いを活動の柱に、子どもたちが思いっきりやりたいことができる達成感や成功体験を積み重ねてきました。

子どもたちが最初に取り組んだのは「ものづくり」でした。「自分たちで使うものは自分たちで作ってみよう!」と話し合い、里山での木工作業に挑戦しました。2年7か月かけて皆で一枚板のテーブルを作りあげましたが、そのほか里山保全活動や自然体験・創作活動の数々は20余年経った今でも子どもたちの楽しい行事の一つとなっています。

このような子どもたちの活動の多くは、「ミーティング」で話し合いながら、決められます。

今回の卒業旅行も、ミーティングでの話し合いから企画が持ち上がりました。


資金の使い道

 募集金額は6万円です。皆さまからご支援いただいた資金は、卒業旅行の費用の一部として、旅費交通費に使わせていただきます。

内訳

旅費交通費5万

手数料(+税)1万


リターンについて

【すべての方】

『500円 団体パンフレット+お礼のメッセージ』

団体のパンフレットとメンバーやスタッフのお礼のメッセージをお送り致します。


【500名の方限定】

『1,000円 団体パンフレット+お礼のメッセージ+缶バッジ』

メンバーたちが制作した缶バッジを団体のパンフレットとメンバーやスタッフのお礼のメッセージとともにお送り致します。


【各5名の方限定】

『5,000円 団体パンフレット+お礼のメッセージ+缶バッジ+活動冊子or年表まとめ』

・メンバーたちの日々の活動記録の冊子

・これまで1年ごとにメンバーが作成してきた年表のまとめ

どちらかを団体のパンフレットとメンバーやスタッフのお礼のメッセージ、缶バッジとともにお送り致します。


【2名の方限定】

『10,000円 団体パンフレット+お礼のメッセージ+缶バッジ+活動冊子or年表まとめ+メンバーorスタッフがトークに行きます』

ご要望があれば、スクールのメンバーorスタッフがお話しに行きます。

メンバーは、フリースクールでの活動の話。スタッフは、不登校、フリースクール、SDGsを学ぶカードゲームの出張講義など。また、団体のパンフレットとメンバーやスタッフのお礼のメッセージ、缶バッジ、活動記録の冊子or年表まとめもお送り致します。


実施スケジュール

2月下旬打ち合わせ

3月上旬しおり作り

3月16.17日卒業旅行

4月下旬リターン発送

5月上旬リターン到着

最後に

 フリースクールでの卒業旅行をみんなにとって良いものにしたい!とクラウドファンディングを発案してくれた高校生メンバーからのメッセージをお届けします。


初めまして、フリースクールForLifeに通う高校生です。

フリースクールForLifeでは毎年3月頃に、卒業する人を中心にメンバーみんなで旅行に行く活動をしています🤩今年は卒業するメンバーが4人います。

今まで色んな活動を共にしてきてこの卒業旅行がその4人との、今のメンバーでの最後の集大成とも言える活動になります。

卒業する人を中心に話し合った結果、旅行の行き先は「京都に行って観光をしたい!」という思いから京都に決まりました。

ですがみんなが観光に行くには活動資金だけでは厳しい状況です。

ぼくはフリースクールのみんなと1度として同じ時間がないなかでその最後の特別な活動を一生に残るものにしたいです。そして、それがみんなにとっても一生に残るものにしたいです。

▲『メッセージを書いた高校生メンバー』


子どもたちの想いが実現できるように。

子どもたちが楽しかった思い出を胸に次のステップへ向かえるように。

皆さまのご支援をどうかよろしくお願い致します。


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください