プロジェクト本文

◆エネルギー問題の「今」が分かるゲーム「エネシフゲーム・インタビューズ」

エネルギー問題が楽しみながら分かる「エネシフゲーム」製作プロジェクト_01

このプロジェクトは、エネルギー問題について知る・考えることができるゲーム「エネシフゲーム・インタビューズ」を非営利で製作しています。
エネシフゲーム “インタビューズ”というくらいですから、それぞれに尊重すべきお考えをおもちの有識者の方々がゲーム中に登場(キャラクター出演)します。

◆作中に登場する有識者(アルファベット順、敬称略)
金子 勝(慶應義塾大学 経済学部 教授)
加藤 登紀子(歌手)
河野 太郎(衆議院議員)
三木 浩(サステナジー株式会社 取締役)
斉藤 純夫(ウィンドコネクト株式会社 代表取締役)
澤田 哲生(東京工業大学 助教 工学博士)
高木 直行(東京都市大学 工学部 原子力安全工学科)

日本ではまだなじみの薄い“シリアスゲーム”というジャンルのこのゲームは、
普通ゲームといわれて想像するものとは異なり、
より教育効果やテーマに対する深い関心を促すことに重きをおいた社会派・硬派なゲームです。

ゲームクリアに挑戦したり、何度もプレイすればなおさらのこと、自然にエネルギー問題の「今」が見える仕組みになっています。

6月にiPhone/Androidで同時リリース(無料)の予定で鋭意製作中です。

◆3.11以降、何かしたかった

エネルギー問題が楽しみながら分かる「エネシフゲーム」製作プロジェクト_02

▲オーガナイザーの小関

3.11以降、噴出したエネルギー問題には数多くの人が、それぞれ違う立場でかかわっています。
考え方やポリシーの押しつけはできません。
しかし、自分が正しいと思える判断基準をもつためにも、多くの主義主張や知識、また人が主義主張をもつようになった経緯やその人となりなども含めて、理解を深めることがとても大切だと私たちは考えています。

「エネシフゲーム」製作プロジェクトでは、ゲームを通してエネルギーにかかわるできごとや事実にふれ、そこにかかわる有識者や関係者の話をきくことで、エネルギー問題の「今」を知り、エネルギーと自分との関係、そしてエネルギーの恩恵や生きること・幸せについて考えるきっかけになってほしいと考えています。

このプロジェクトのスタッフは、エネルギーのことについて、
きちんとかかわっていきたい! 何か自分たちにできることをしたい!
と考えたオーガナイザーの呼びかけに集まった意識の高い有志のメンバーです。

【ゲームのポイント】

■エネルギー問題にかかわる「実在の人物」が作中に登場
プレイヤーはエネルギー問題を取材する新人記者となり、エネルギー問題にかかわる人物たちに取材をしていきます。エネルギー問題にかかわる「実在の人物」がキャラクターとなって、作中に登場!実際に自分が取材したかのようなリアルな体験を味わうことができます。

エネルギー問題が楽しみながら分かる「エネシフゲーム」製作プロジェクト_03

※画像は開発中のイメージです。

■結果を他プレイヤーと共有することで「リアルな世論が見えてくる!?」

自分自身がベストだと思うゲーム結果をウェブサイトに投稿し、全国の他プレイヤーと共有できます。その結果は”プレイ結果マップ”として反映されます。
プレイ結果マップからは、予想に反する意外な「世論!? 」が見えてくるかもしれません。

■本当の未来になるかもしれない!?「マルチエンディング」

ゲームの結果は新人記者(プレイヤー)が自らの判断基準をもとに書いた記事が未来へと波及し、ゲームの中では現実のものとなるマルチエンディング(結末が複数ある)方式でえがきます。あなたのエネルギー問題に対する価値観、興味がエンディングに反映されます。

エネルギー問題が楽しみながら分かる「エネシフゲーム」製作プロジェクト_04
▲結果をカラータイルで表現。カラーパターンのように表示されるプレイ結果マップ。定期的に更新され、パターンの変化を見るだけでも楽しくなるように開発予定です。
※画像は開発中のイメージです。

◆ゲームのあらすじ

新米新聞記者となったあなた(プレイヤー)。
エネルギー問題に関する記事を担当することになり、取材をしたり、各分野の有識者にインタビューをしていく。
取材を進めていくうちに見えてくるそれぞれの想い。そして浮き彫りになる現代のエネルギー問題。
自分の生活と密接に関連しているエネルギー問題に、自分はどうしていくべきなのか…自分の記事が世論を動かすきっかけになることを主人公はまだ知らない-------

◆ゲーム基本情報

・タイトル:エネシフゲーム・インタビューズ
・ゲームジャンル :ドキュメンタリー(シリアス)ゲーム
・プラットフォーム:iPhone/Android(アプリ)

◆プレイ方法(仮)

テキストアドベンチャーゲーム形式。
ゲーム内の一定期間、与えられた行動ポイントを消費して取材や有識者にインタビューを行っていきます。
取材や有識者へのインタビューを通してキーワードが得られます。そのキーワードの組み合わせにより新たな有識者へインタビューを申し込むことができ、より発展的なキーワードを集められます。
集めたキーワードはエネルギー問題に関する情報カードのようになっており、このキーワードをコンプリートするのもプレイ中の楽しみになるように工夫しています。
一定期間終了後、入手したキーワードの中から自分の興味関心、意図に沿ったものをピックアップします。その組み合わせたキーワードをもとに自動的に記事が書かれ、それが作中に中吊り(電車内にある雑誌広告のような形)として発行されてゲーム内世論に影響を与えていきます。

◆リターンについて

このゲームのポイントは今リアルに起きている問題をゲームとして遊びながら考えられる点。
リターンについても、できる限りリアルということを大切にしてプロジェクトスタッフと一緒に取り組むものをご用意しました。
是非ご支援頂き、プロジェクトスタッフの一員として、一緒にこのプロジェクトを成功させませんか?

エネルギー問題が楽しみながら分かる「エネシフゲーム」製作プロジェクト_05
※ピクニックパーティー招待状のイメージです。

  • 活動報告

    Android版リリースしました!

    2014/03/25

    長らくお待たせいたしましたが、ようやくこのほど「エネシフゲーム・インタビューズ」がリリースいたしました! 3.10深夜、Android版がストアに並びました…

  • 活動報告

    大変お久しぶりです!

    2012/12/06

    ↑テレビ会議をするオーガナイザーとプランナー。居場所が離れていてもツールを使うことでアイディアシートや議事録もリアルタイム共有が可能です …

  • 活動報告

    合宿を行いました!

    2012/08/11

    こんにちは、事務局の小犬丸です。 久しぶりとなってしまい、申し訳ありませんが活動の報告をさせて頂きます。 先日、プロジェクトメンバーで合宿を行い…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください