Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

【防災】南海トラフなどの自然災害が起こっても救助が来るまでに生き延びてほしい

現在の支援総額
0円
支援者数
0人
募集終了まで残り
終了

現在0%/ 目標金額3,960,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2020/03/27 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

2020-02-20 募集を開始しました
2020-03-27 募集を終了しました

いつでもどこでも食べられる携帯防災食で、最低限度2日間分の食料と食品加熱セット(火を使わない加熱方式)、災害時に必要な防災ポーチ付きで、緊急災害時に救助が来るまで生き延びてほしいという思いからこのプロジェクトを立ち上げました。

はじめに・ご挨拶

BOSAIJAPAN SEIJI ISOGAWA

1983年大阪府大阪市生まれ。大学卒業後、商社に入社。約9年間に渡り商品開発、商品管理、営業に従事する。その後、外資系生命保険会社に転職。数年後、保険会社を退職し、防災事業に特化したBOSAIJAPAN株式会社を2019年10月に設立する。1人でも多くの人が防災意識を高めて、いざ災害に見舞われた場合にでも、被害を最小限に抑えられる社会づくりを目指しています。私たちは京都で発足し、拠点も京都にある防災に特化したプロジェクトチームです。

商品が作られた背景

私の親友が東日本大震災で被災して、何とか津波から逃げることができましたが、救助を待つまでの約2日間が非常に苦労をしたとの体験談をもとにして作られた商品です。

私たちの商品のこだわり

発熱剤を使用して、救助を待っている間、温かい食べ物が食べれることが最大の特徴です。

袋も強化ビニールを使用し、水に強く、チャック式で入替が自由です。

必要最低限度の防災グッズ付きになります。

リターンのご紹介

「私たちの商品のこだわり」でご紹介させていただいた携帯防災食1セット(防災ポーチ付き)をお届けさせていただきます。

プロジェクトで実現したいこと

南海トラフ地震等の災害が発生する前に一刻も早くこの携帯防災食をお届けしたいです。

資金の使い道・スケジュール

商品の開発及び商品仕入

最後に

一人でも多く、緊急災害時に救助を待ってる方への手助けになりたいです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください