いま自分の親友が夢を叶えるためにNYに滞在しています。しかし話を聞くと持ち金がなくなり空港に寝泊まりしていて、精神的にも追い込まれて「死にたい」と言っています。そんな親友に元気を出してもらうため何としても温かいお味噌汁を届けたい!けれども退職したばかりでお金に余裕がないため皆さまの力を借りたいです。

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

みなさまはじめまして。ブログではたーくんと名乗らせてもらっております。谷山卓朗と申します。

 

 

自分自身の経歴の中で語れるほどのものはありませんが

唯一誇れることといえば「世界中の誰よりも自由に楽しく優しく生きること」をモットーに生きてきたことぐらいでしょうか。

今回のプロジェクトも自分なりに真剣に考えた上でのプロジェクトです。

もし自分の思いに共感していただけたらみなさまのご支援をお願いしたいです。

▼このプロジェクトで実現したいこと

今回クラウドファンディングを通して実現したいことがあります。

それは「ニューヨークで死にたいと言っている親友に心温まるお味噌汁を直接届けに行きたい」ということです。

概要でも軽く説明させていただきましたが

自分の18年来の親友がニューヨークで夢を叶えるために今年の2月末に日本を出発しました。

ちょうど一ヶ月前に親友からやりたいことが見つかりニューヨークに行こうと考えているという話を聞いていましたので

現状の活動報告も踏まえて楽しそうだなとLINEを送ってみると

慣れない海外生活で予想以上に出費がかさんで持ち金を使い果たしてしまい空港に寝泊まりを余儀なくされている親友の現状が明らかになりました。

厳しい経済状況の中でニューヨークに一人でいる親友はなかなか改善されない現状に落ち込んでしまいついには「死にたい」というようになりました。

ここまで落ち込んでしまった理由には経済状況だけでなく

「ニューヨークの寒さによって人の温かさを忘れてしまったこと」があると思います。

そこでみなさまの温かい気持ちをシェアしていただいた中で

私がお味噌汁を調理して親友を勇気付けるために直接ニューヨークへ届けに行きたいです。

皆さまからの気持ちの込もった温かいお味噌汁を飲むことで

きっと人の温もりを思い出して

今の暗い気持ちを吹き飛ばすことができるはずです。

親友にとってこのプロジェクトから作られたお味噌汁の一口は

まさに生涯忘れることのできない至高の一口になるはずです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

親友から送られてきたラインがクラウドファンディングでこのプロジェクトを始めようと思ったきっかけでした。

 

 

*親友の個人情報を隠すために画像処理を行っていますがライン自体は本物です。

 

プロフィールでも書きましたが私自身も在学中にアメリカへ一年間留学した経験があります。

 

その一年間の中で私はいまの親友と同じような経験をしました。

楽しい理想のアメリカ生活とは異なり実際に住んでみると

生活の全てを英語で行わないといけない

日本では普通だったものがアメリカでは当然普通ではないなど

考えれば当たり前だけど体験してみるとひどく苦しい生活が重なりホームシックになりました。

その後私は精神的にひどく弱ってしまいある日「死にたい」と考えるようになりました。

そんな自分に甘えたぼやきを親友に話したところ

その一週間後に私の留学先まで駆けつけてくれました。

 

 

私は親友が私のために来てくれたことにとても嬉しかったことを覚えていますし

一生かけて返していかなければいけないなと思いました。

そんな優しい親友がいまニューヨークで「死にたい」と苦しんでいて

いまこそ自分が死にたいと言った時にすぐに駆けつけてくれた親友への恩を返す時だと思います。

しかし退職したばかりでお金がない。

だからもし自分の思いに共感していただける人がいたら支援をお願いしたい。

これが今回クラウドファンディングをやろうと思った理由です。

▼資金の使い道

今回のプロジェクトに必要なお味噌汁を用意して直接ニューヨークへ届けるための具材費や渡航費、滞在費10万円をクラウドファンディングで募らせて頂きます。

日本は3/17に出発して、3/21にニューヨークを出る予定です。

費用:お味噌汁代(内訳:美味しいお水100円、豆腐100円、乾燥わかめ100円、長ねぎ100円、白味噌600円)1000円、渡航費7万円、アメリカ国内交通費0.5万円、滞在費(3泊4日)2万円、通信費0.5万円、その他備品・アメニティーなど必要経費など

もし10万円を超えてのご支援をいただけた場合は親友の活動資金に充てたいと考えております。

▼リターンについて

自分なりのリターンをご用意させて頂きました。

リターンの項目から選択してご支援頂ければ幸いです。

▼最後に

クラウドファンディングを自分勝手な理由のために使っていることは十分理解しているつもりです。

しかし自分の親友のためにできることがあるならなんでも挑戦しようと思っています。

クラウドファンディングは「夢に向かって頑張っている人を応援する」もので

「夢に向かって頑張っている人を応援する人」も応援してくれると思っています。

そして、「応援してもらった人は応援してくれた人に必ず何かお返しをする」

その繰り返しが大事だと思いますしクラウドファンディングも同じだと思っています。

応援してくださる方がいればご支援をよろしくお願い致します。

 

 

*カテゴリーを「オモシロ・ネタ」にした理由

自分なりの一番の方法で親友を勇気付けることができて

支援していただいて皆さまにも面白いと思っていただける方法にしたからです。 

 

拙い文章ではありますが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください