Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は国際特許を持つ、新しいナノテクノロジーの抗ウイルス剤です。使用後、6時間にわたって除菌・抗ウイルスが続き、その後1週間にわたって効力を発揮!そして、なんと耐性菌を生み出さない!!Noアルコール!! No塩素!! No金属!!で人にも、自然にも優しい

プロジェクト本文

  

 今回、私たちは抗ウィルス剤を大学発ベンチャー企業と共同開発しました。

その名も、Virus the End(ウィルス・ジ・エンド)!!

我々の生活を脅かす悪玉ウイルスを、根こそぎ撃退し、令和の世に安心・安全を取り戻す救世主。

" 抗ウイルス剤 "として国際特許も取得したVirus the End(ウイルス・ジ・エンド)をみなさまにご紹介します。


 今回ご紹介するのは、抗ウィルス剤として国際特許出願の画期的なアイテムです。本アイテムは国内大学の研究室から始まり、大学発ベンチャーのナノカム社が生み出した特許技術です。

以下特許庁要約です。

【要約】
 新規な抗ウイルス手段が開示されている。本発明の抗ウイルス剤は、粒径が5μm以下のポリマー粒子であって、繰り返し単位中に特定の一般式で表される構造を有し、かつ、抗ウイルス活性成分を含まない粒子を有効成分として含有する。ポリマー粒子は、好ましくはシアノアクリレートポリマー粒子である。本発明の抗ウイルス剤は、ウイルス粒子表面(特にエンベロープ)への接着性により正常なウイルス粒子構造を破壊し、ウイルス粒子の感染性を低下ないしは喪失させる。本発明の抗ウイルス剤を含むマスク等の衛生用品は、インフルエンザウイルス等の飛沫感染ないしは空気感染するウイルスの感染防止に優れた効果を発揮し得る。

 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)に含まれるアクリル系ナノポリマーは、神奈川県の黒岩知事が推進する” 未病ブランド ”にも認定された、AUSIRO(オウシロ)シリーズ と同じ成分(アクリル系ナノポリマー)になります。

ME-BYO BRAND認定表彰の様子(中央:株式会社ナノカム城 武昇一博士 )


 
 人の健康状態は、ここまでは健康、ここからは病気と明確に区分できるわけではなく、健康と病気の間で連続的に変化しており、その状態を「未病」といいます。 

神奈川県では、現在「未病対策」を促進しており、平成27年5月から未病に有効で優れた対策商品やサービスに ”ME-BYO BRAND” を認定しています。株式会社ナノカムが開発した、病原菌を自己融解へ導き、ウィルスを不活化する新しい機能を持ったアクリル系ナノポリマーを有するAUSIRO(オウシロ)シリーズは、神奈川県の公式ブランド「ME-BYO BRAND 」に認定されています。 今回弊社で開発したVirus the End(ウイルス・ジ・エンド) は、この「ME-BYO BRAND 」認証を受けたAUSIRO(オウシロ)シリーズ と同じアクリル系ナノポリマーを含有しています。

弊社は、特許取得の開発元である株式会社ナノカムと正式なライセンス契約の元、特許の使用権などを頂いている正式なライセンスホルダーです。

Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は姉妹品となり、株式会社ナノカムの製造許可をしっかりと取得したライセンス商品になります。


皆さんが普段風邪の原因をご存知ですか?

風邪は80-90%ウィルスによって引き起こされます。インフルエンザウィルスはその代表的な存在です。風邪は、ウイルスが鼻やのどにくっついて炎症を起こし、くしゃみ、鼻水、せき、たん、のどの痛み、発熱などがでることを言います。この、「風邪の原因はウイルス」というのが大切なポイントです。風邪の原因は細菌ではないのです。風邪をひくと病院で抗生物質を処方された経験はありませんか?実はその抗生物質(抗菌薬)は菌類を除去する能力はありますが、ウィルスには効きません。(但し、菌体二次感染の際には効果を発揮します。)風邪のつらい症状を和らげるためのもので、原因のウイルスをやっつける薬ではないのです。

(AMR Clinical Reference Centerより一部引用)

本アイテムである” Virus the End(ウィルス・ジ・エンド) ”は、⼈体に悪影響を及ぼすウィル スを不活性化し、細菌を破裂除去(⾃⼰融菌)します。


Virus the End(ウィルス・ジ・エンド)の構造増体である” 抗ウィルス、菌アクリル系ナノポリマー ”とは一体どのような素材なのでしょうか?


アクリル系ナノポリマー粒子構造体(走査電顕像×30,000)


この新しい特許技術は、ウィルスを人などへの細胞への侵入を防ぎ、不活化させます。細菌に対しては、細胞壁の合成阻害をさせせることで細胞を破裂さ せてしまうというものです。


下の動画は、抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)に触れた⻩⾊ブドウ球菌が破裂する瞬間を とらえた貴重な映像です。

アクリル系ナノポリマー粒⼦による⻩⾊ブドウ球菌(中央)の⾃⼰融解誘導作⽤

出典︓前 横浜市⽴⼤学⼤学院客員教授 城武 昇⼀

特許項目; 「アミノ酸抱合シアノアクリレートポリマー粒子」、「高次構造体が示す抗細胞効果の新規調整技法」、「抗ウィルス剤」


【科学的な実証(エビデンス)】



大学発ベンチャーアイテムという事で、安心安全なアイテムなのか?をチェックする人体に無害であるかの毒性テストを行い、無害である実証データを取得しています。

その安全性は、外科用接着剤(医薬品)として30有余年の使用実績によって生分解性と安全性は充分に実証されています。本ナノポリマー粒子の安全性については第三者試験をも実施し、科学的な実証が得られています。(文科省新産業創出プロジェクト(H24-25年度、経産省戦略的基盤技術高度化支援事業(H24-26年度)。

細胞毒性試験(ほ乳類培養細胞(V79)を用いた細胞毒性試験)


アクリル系ナノポリマーの魅力は、そのとき悪い菌に作用するところ。良い菌は残しながら、まるで浄化するように作用します。ナノテクノロジーで多数の特許が認められています。

ウィルスや細菌のように単細胞型生物には効力を発揮し、人を含む多細胞生物には影響を及ぼさない事が実証されています。

原材料は外科手術でも導入されており、人への高い安全性が確認されています。

生分解性で、動物だけでなく、植物にも無害という事で、様々な試験をクリアしているので、どなたでも安心してお使いいただけます。


世の中の除菌系アイテムは様々な除菌成分を活用します。主な系統は以下の3種類になります。

   アルコール系         次亜塩素酸系         金属系(銀イオンなど)


アルコール、塩素系除菌剤は独特な刺激臭がするのが苦手という方も多いと思います。お肌に合わず、敬遠される方もいらっしゃいます。

また、金属系除菌剤は金属アレルギーの方には使いにくいアイテムといえます。

今回開発した抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は、刺激物を一切使用せずに除菌、抗ウィルスが出来る画期的アイテムです。無色・無臭で臭いも気になりません。

人体への刺激を極限まで抑えた新しい抗ウイルスシステムです。


 ニュースや新聞でよく目にするキーワードに薬剤耐性菌問題があります。抗生物質が乱用されると体内に抗生物質に耐性のある細菌が増殖します。通常の免疫力が高い状態なら問題ありませんが、免疫が低下した方やお年寄りがこれによる感染症を発症すると、治療が長引きときには死に至ることもあります。治療薬が限られるため、しばしば治療が難航します。なかには抗菌薬がまったく効かない菌もあり、発症しても治療手段がないという可能性すらあります。そのため、薬剤耐性菌による感染症は感受性菌(抗菌薬の効く細菌)による感染症と比べて死亡率が高くなってしまうのです。

(AMR Clinical Reference Centerより一部引用)


 下の画像は電子顕微鏡で撮影した融解前(左図)、融解後(右図)の細菌です。 同じ場所を定点撮影する事で、アクリル系ナノポリマーの使用前、使用後に細菌が破裂、分解された事を示しています。


この抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は耐性菌を作りません。

お年寄りやお子様のいる家庭でも安心してお使いいただけます。


 受験シーズンも終わり、晴れて新入学、新入社の季節へと変わっていきます。 そんな中で気をつけなければいけないのが、入学式や入社式のような不特定多数の人が集まる空間です。 大学や会社の場合、日本全国から人材が集まってきますので、そういった環境に注意が必要です。 体育館や文化ホールなど密閉空間でのウィルスの活性はとても高くなります。 そういった空間のウィルスからバリア出来るシステムがこの抗ウイルス剤Virus the End(ウィルス・ジ・エンド)。

 新しい出発の門出を私たちは陰ながら応援したいと思います。 

※抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は、6時間にわたって除菌します。その後1週間にわたって持続的に効力を発揮しますが、徐々に生分解されていきます。


  今回は、弊社の厳選した超音波型加湿器とセットで空間除菌を行うセットをご提案します。そのため、特別に加湿器専用の短鎖型ナノポリマーを開発しました。

加湿器の中をしっかりと通り抜け、空間をしっかりと除菌できるシステムです。

加湿器も特別なデザインをご用意しました。

香港のデザイン会社と協力し、今年日本に上陸した新しいデザインの加湿器です。

これ1台でお部屋やオフィスのデスク周り、勉強部屋はしっかりと空間除菌できます。


 さらに効果を高めるために、エアコンとの併用でさらに多くの空間を除菌できます。

● 大事な受験を乗り切るために・・・

● オフィスで自分のデスク周りの空間除菌をしたい時に・・・

● 介護が必要なお年寄りのお部屋にも・・・

● ドライブ中の空間除菌にも・・・


この抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)を是非お使いいただき、悪玉ウィルスと細菌を撃退しましょう!!


 ウィルスの感染経路は主に接触感染となります。 

つり革、便座、手すり、ドアノブなど手が接触する箇所からの感染が多いと言われています。 だからと言って触っただけで感染するわけではありません。 人は無意識のうちに、その手で鼻を触ったり、口を拭ったり、目を擦ったりします。 その際手に付着したウィルスが、粘膜に接触する事で感染すると言われます。 そこで問題となるのが、電車や公共トイレなど全ての空間を除ウィルスする事は不可能だと言うことです。 

 

 私たちが提案する抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)は手に吹きかけると6時間に渡り、アクリル系ナノポリマーが定着します。 朝、昼、夜の3回手に吹きかけて手にバリアを作りましょう。 その後はどこを触っても問題ありません。 抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)で安心な生活を送りましょう。

携帯用にミニスプレーボトルをご用意いたしましたので、外出先でも手軽にワンプッシュ!!


■ 商品名

■ 抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)

【内容量】1000ml(基本サイズ)

【使用方法】スプレーボトルに本溶液を入れ、手やマスク、部屋など除菌したい箇所に直接噴霧してください。加湿器に使用する場合は、必ず超音波加湿器を使用してください。それ以外の(加湿器気化式など)場合、故障の原因になりますので絶対に避けてください。

【保存方法】高温多湿を避け、できる限り冷暗所で保管してください。

■ 携帯用スプレーボトル(30ml)

■ 小型超音波加湿器 Lattice (ラティス)

・タンク容量:230ml、重量:170g、連続駆動時間:4時間、電力供給:micro USB

・その他:LEDライト点灯(長押し時点灯)

・付属品:micro USBケーブル、予備給水ロッド1本、取扱説明書

・カラー:白色、黄色の2バージョン



  2月下旬 クラウドファンディング開始

  3月中旬 生産および発送準備

   3月下旬 クラウドファンディング終了

   4月上旬 順次リターン発送開始


開発者:城武昇一博士

生物共生の明るい未来を目指して、人も環境も傷つけない技術の開発をモットーに活動しています。

医学文献、学術誌に論文を発表し、国家プロジェクトにも認められる
学術グレードの高いチームが研究開発。

<開発者経歴>

1981年 東京大学 薬学博士

1981年 千葉大学医学部助手

1990年 横浜市立大学大学院医学研究科 ○合教員

2011年 株式会社ナノカムを設立 代表取締役に就任(現職)

2014年 横浜市立大学大学院医学研究科客員教授

2015年 高知大学医学部特任教授


わたしたちは、

1、デザイン性と機能性が素晴らしいアイテムを世界中から発掘し、日本のみなさんに紹介します。

2、日本の大学発ベンチャーと共同で新商品を開発し、みなさんにお届けします。

3、機能性、高付加価値だが、デザイン性がもう一歩なために日の目を見ないアイテムをリデザインし、みなさんが手に取っていただけるアイテムへと変貌させます。

4、フリーランスプロフェッショナルの力をデザインし、有能な人材とのコラボレーションで大企業に負けない高付加価値事業を創造します。


Q:使用できる空間の広さや効果の持続期間はどのくらいですか?

A : 使用できる空間の広さは、ご利用環境や設置場所により多少異なりますが、デスク回りのエリア約2畳程度です。また、効果の持続期間は6時間となっています。エアコンなどの風の流れを利用することで、効果を得られるエリアを広げることができます。


Q : においが気になります。

A : においは無臭で、塩素やアルコールなどの嫌なにおいはしません。


Q : 他の加湿器でも抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)を使用できますか?

A : 本溶液は超音波加湿器のみ対応となっています。加熱式加湿器へのご利用は故障の原因になりますので、お控えください。


Q : 加湿器Latticeは、抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)溶液のみの使用可能でしょうか?

A : いいえ。水道水のみを入れていただき、普通の加湿器として使用することができます。


Q : プロジェクト終了後に、抗ウィルス剤 Virus the End(ウイルス・ジ・エンド)はどこで購入可能でしょうか?

A : プロジェクト終了後は、小売店での一般販売を予定しています。終了後の販売先については、活動報告などを通じてご報告させていただきたいと思います。


【リスク&チャレンジ】

私たちは本商品をみなさまにスムーズにお届けできるよう誠心誠意取り組んでまいります。 しかしながら、以下についてリスクが生じうることをご理解いただけますと幸いです。 

※開発段階のためデザイン・仕様は変更になる可能性がございます。 

※開発状況、製造上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 

※一般発売後の市場価格は弊社ではコントロールが難しいため、下がる可能性もございます。

 ※ご支援に対する返金はできませんのでご了承ください。 

※お届けができず弊社に戻ってきてしまった場合は、返送費用及び再配送費用をご負担いただく可能性がありますことをご了承ください。


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/03/29 21:57

    残り2時間となりました。お陰様で本日昨日だけで90人以上の方からご支援を頂きました。心より感謝を申し上げます。発送は4月中旬からなるべく早くお届けします。これから日本も予断を許さない状況が続きます。日本が世界に比べ、ここまで耐えてこられたのは・・・日本人の公衆衛生の知識の高さ日々の手洗い習慣政...

  • 2020/03/18 21:44

    お陰様で、本日200人、ご支援金200万円を突破しました。ここの所、コロナウィルスの関係か、ウィルス関係、マスク関係の商材が問題となっているようです。キャンプファイアーでも3月13日から取り扱い中止という事のようです。弊社商品に関しては、特許庁、大学、研究所、検査機関によるしっかりとしたエビデ...

  • 2020/03/10 19:02

    ご支援者様よりより詳しい安全データを開示して欲しいとご連絡がありましたので、こちらを開示します。画像の用に様々な安全試験を行い、人体や多細胞生物への影響が無いことを実証しています。またアクリル系ナノポリマーは6時間ほどすると私達が持つ、分解型酵素により分解されます。生分解タイプですので、環境に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください