みなさん、こんにちは
このプロジェクトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
沖縄でマルチスタジオArzu〜アルズ〜を主宰していますErinaと申します。
沖縄トライバルフュージョンベリーダンスチームChandrika(チャンドリカ)の代表としても活動中です。

 ≪Erina プロフィール≫
3歳からバレエを始め様々なダンスを経験。
ベリーダンスの世界に憧れMoonRoses代表『実華バートスキー』に師事。
ベリーダンスの中でも特に非人間的な動きをし、独特な世界観を持つ"トライバルフュージョン"のジャンルに魅了され、アメリカ サンフランシスコを中心に世界中で活躍するプロトライバルダンサー『Kae Montgomery』に師事。


基礎を学び続けながらも、これまでのダンス経験を活かしながら、人の心に残るような自由で独特な表現に日々挑戦し、型破りなダンススタイルを目指している。大地を揺るがすようなパワフルな動きとユニークな世界観で、唯一無二のダンススタイルを得意とする。沖縄県内に置いて、アメリカントライバルスタイル(ATS)を教えられる唯一のダンサーでもある。

2018年に、親元であるMoonRosesから独立し、県内にトライバルフュージョンを広めるため、国外・県外からアーティストを招致し、オーガナイズ業にも力を注ぐ。自らの技術に常に磨きをかけるべく、コンペティションにも積極的に参加。東京国際ベリーダンスコンペティション(以下:TIBC)のソロ部門で2年連続(2018年、2019年)と3位入賞。

◆ 沖縄トライバルフュージョンベリーダンスチームChandrika(チャンドリカ)
私が代表を務める、2014年に発足したトライバルフュージョンベリーダンスチームです。
スタートした当時、沖縄にはトライバルフュージョンが全く浸透していない状態でした。
それでも地道に活動を続け、今では沖縄県内で最大規模のトライバルフュージョンチームに成長しました。

TIBCのフュージョン・アンサンブル部門にて2014年にはファイナリストを3名、昨年2019年には8名のファイナリストを輩出しました。

「踊るから楽しい」「楽しいから踊る」をモットーに、踊りに対して真剣に取り組みながらも、自分自身と向き合い、お互いに刺激を与えながら更なる高みを目指して楽しく日々練習に取り組んでいます。

現在は、全てのレッスンを小人数制にし感染対策に努めています。
消毒・検温・スタジオへの入場者体調チェック・定期的な換気・飛沫感染防止のための常時フェイスシールドを着用の上、練習に励んでいます。

≪Chandrikaの初めての発表会を開催したい!≫

ありがたいことに、Chandrikaの活動を始めた当初に比べてダンスを披露する場が増えてきました。
しかし、その一方で「これってベリーダンスなの?」と言われることも多くなりました。

もちろん"トライバルフュージョン"はしっかりとしたベースがあり融合された、ベリーダンスの新たなジャンルです。そのことを世間にイチから伝える場が欲しいと考えるようになりました!!
しかし、一般的なベリーダンスの脇役的な存在に思われてしまいます。トライバルフュージョンが主体になるとお客様に飽きられてしまうこともありました。
自分のプレゼン不足に打ちのめされた時に、『いつかトライバルフュージョン主体で大きな舞台でやるんだ』と強く決意しました。

多くの生徒さんに恵まれ、Chandrikaはいつしか大きなグループになりました!
各々がトライバルフュージョンを愛し、お互いが真剣に取り組んでいるからこそ、ともに過ごす時間は笑い溢れる幸せな時間です。
私がいつか思ったトライバルフュージョン主体の大きな舞台・・・
このメンバーでなら、力を合わせてこれまでの集大成が作れると思いました。

発表会は特別な場所です。
普段、ゲストダンサーを招くイベントではどうしてもゲストのショーにスポットが当たってしまいます。
発表会は、メンバー全員で作り上げることで、全員が主役になれる特別な舞台だと思っています。
参加することで、生徒さんたちもベリーダンスの歴史を知り、知識を深め、視野が広がり、もっとベリーダンスを好きになってもらえると確信しています。

この発表会はこれまでの私たちの集大成です。
たくさんの想いを持って、お客様に「楽しい!」と思っていただけるようなショーを作り上げようと思います。

* トライバルフュージョンを広めたい。
* 表現に限りがなく、自由で素晴らしい世界観を伝えたい。
* 私たちの日々の頑張りを披露したい。
* 生徒さんにも刺激を与え、ステップアップのきっかけを与えたい。
* 自分たちの限界に挑戦したい。
* コンプレックスも一つの魅力であることを伝えたい。
* 女性だからできるこの踊りの素晴らしさを伝えたい。女性としての幸せを感じて欲しい。
* ベリーダンスはエロではない、体で作り上げる芸術だ。と伝えたい。
* 踊る楽しさを伝えたい。

『私たちの初めての発表会を開催したい』
実は、この想いは去年(2020年)実現している予定でした。
≪第1回 Chandrika発表会≫
中止去年の発表会の日程…

当初、発表会は2020年5月に開催するために準備を進めていました。
しかし、新型コロナウイルスが猛威をふるい、緊急事態宣言が出されるまでになってしましました。
生徒さんやそのご家族、ご友人の方々のリスクも考えると開催を断念せざるを得ませんでした…

発表会がいつ開催できるかもわからない状況、さらにはスタジオの存続も危ういのではないかという状況で、私自身を含め生徒さんたちもこれまでの努力が意味のないものに感じられた日々でした。

しかし、コロナ渦だからといって引きこもるばかりでは気持ちが落ち込んでしまいます。
ストレスばかりが増えていき、コロナ鬱と言う言葉が生まれるほどの世の中です。
そんな中だからこそ、適度な運動は健康維持し、「生き甲斐・やり甲斐」を見出すことがとても大事だと強く感じるようになりました。そして、これまで頑張ってきた生徒さんに「これからも楽しめる」と先を見せてあげたいと思うようになったんです。

あれから1年…
いよい発表会を開催することを決意しました。

日時:2021年5月15日(土)
場所:てぃるるホール
昼と夕方の2回公演です。

通常は約480人ほどを収容できる会場ですが、この状況下のため観客は50人程度に間引いています。
また、一般の告知はせず、家族や近しい知人のみを招いての開催となります。

コロナ禍で不安を抱えたのは私たちだけではない…
縁の下の力持ちを支えたい!

とにかく!!
こんな世の中でも、生徒さんや関わっている方々が明るい気持ちになってほしいんです。
私たちが発表会を開催することで、エンターテイメント界においてもショーが開催できるという道を示したいんです。

"関わっている方々"には私たちエンターティナーを支えてくれる音響や照明、映像撮影・編集や会場のスタッフの皆さんも含まれます。表舞台には出ない彼らですが、その力無しでは良いステージは絶対に作れません。
このコロナ禍でエンターテイメント業界の活動は激減しています。その状況で彼らが潰されてしまっては困る。私たちがステージを作ることで、少しでも彼らの応援になればと思っています。

私たちは全力で作品を作り、スタッフの方々に助けてもらい、応援してくれる皆さんに披露する。
そんな、エンターテイメントとして当たり前であり、特別な時間を過ごすため。どうかみなさまのご支援をよろしくお願いします。

*会場や機材などのレンタル費用
*照明・撮影などのスタッフにかかる費用
*DVDの作成費用(映像編集スタッフへ依頼)
*衣装の作成費
*クラウドファンディング手数料


【1】お気持ちコース:¥1,000
・スタジオブログへのお名前掲載

【2】Thankyouメールコース:¥2,000
・【1】+感謝の気持ちメール

【3】写真付きThankyouカードコース:¥3,000
・【2】+写真付きThankyouカード

【4】レッスン1回無料(期限:2022年5月末)コース:¥3,500
・【2】+レッスン1回無料

【5】Chandrikaタオル1枚コース:¥4,000
・【2】+Chandrikaタオル1枚

【6】Chandrikaタオル2枚コース:¥6,000
・【2】+Chandrikaタオル2枚

【6】発表会DVDコース:¥10,000
・【2】+発表会DVD

【7】Chandrikaパーカーコース:¥10,000
・【2】+Chandrikaパーカー

【8】Chandrika応援タオルセット(DVD+タオル)コース:¥13,000
・【2】+発表会DVD+Chandrikaパーカー

【9】Chandrika応援パーカーセット(DVD+パーカー)コース:¥18,000
・【2】+発表会DVD+Chandrikaパーカー

【10】Chandrikaフルセット(Thankyouカード+タオル+パーカー+DVD)コース:¥25,000
・【3】+Chandrikaタオル1枚+Chandrikaパーカー+発表会DVD


●国際コンペティションへの積極的な参加
自らの技術を向上し、県内で留まらないための挑戦を続けている。

●【TONADO of TRIBAL】ショーとWork Shopの定期開催
国外、県外からトライバルフュージョンにおけるトップダンサーを招致し、ショーを見て刺激を受ける。また、WSでそのダンサーから直接学ぶ機会を得ることで、モチベーションを上げぎ技術の向上を図る。

*スタジオハフラ【Wonderland】の定期開催
生徒さん主体のショー。日々の練習の成果を発表する場だけでなく、他ダンサーとのコミュニティーを広げる場として定期的に開催。講師と同じステージに立つ緊張感を味わい、自分を解放する感覚を得る。踊ることで「成し遂げた」ことを実感し、ステップアップに繋げている。

※ハフラとは・・・アラビア語で、ホームパーティーという意味です。発表会ほど大規模ではないけれど、小さなイベント・ショーをするときなどに使います。

*コラボ作品を生み出す
トライバルフュージョンは自由で変幻自在。ダンサーの個性や感性を全面的に表現することができる。これまで創作エイサーやストリートダンスとのコラボレーションに挑戦。他ジャンルと融合することで、ベリーダンス以外のエッセンスと枠にとらわれない表現を学んでいる。


「発表会のステージに立つ」というキラキラとした目標を持つことで、自信をつけることができ、仕事にも熱が入り、毎日を充実させることができると信じています!

みんなが主役!生徒さん全員参加でみんなで集大成を作り上げたい!
やればできることを実感してもらいたい!
トライバルフュージョンの限りない可能性とその魅力を伝えたい!

エンタメ界を止めない!

大人になっても新しいことに挑戦する気持ちを忘れずに一生懸命になって打ち込む姿!
それを支えてくれてる家族や友人、職場の皆様、そして何よりも応援してくださった皆様にChandrikaがここまで成長できたことをお届けしたい気持ちでいっぱいです。

今回はコロナの影響により他ジャンルの団体とのコラボ作品は断念しました。
また、ソーシャルディスタンスを保つため、観に来てもらう方もメンバーの家族や親せき、近しい方々などの最小限の人数での開催になります。
このような状況なので、ベストの状態での発表会は難しくなってしまいました。
しかし、この1回は未来につながる1回だと思っています。
ここから続いていくこと、そして次こそは成長した姿を皆様に観てもらうことが私たちの大きな願いです。この、記念すべき第1回目の発表会を成功させるためにも、みなさまのご支援、ご協力どうぞ宜しくお願い致します。


≪本プロジェクトはAll-in方式で実施します≫
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/03 10:00

    立ち位置や効果的な動き方…。仮面つけてるの忘れるくらい、真剣に話合っています!照明さんのパワーが加わるとすごい迫力があるんだろうな〜!踊るのが楽しみ~(*´∀`)♪

  • 2021/05/02 13:17

    2021年5月1日Chandrikaの初めての発表会に向けてのクラウドファンディングをスタートしました。この2021年5月1日は私の主宰するマルチスタジオARZUの7歳になる日でもあります。たくさんの出会いや応援に支えられて7年間走ってくることができました。そして今回のクラウドファンディング…...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください