TOKYOオリンピック&パラリンピックメインスタジアムに隣接した地元千駄ヶ谷にアラサーアラフォーに向けたコミュニティ(COFFEESTAND&gallery)ショップをこの4月に開業します。それと並行して『持続可能な地域活性化プロジェクト』を立ち上げたいのでどうぞよろしくお願い致します!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

みなさん、こんにちは。
地元での呼称『KUMAさん』こと、くまがい ひろゆき と申します。ファッション小売業の会社員生活にピリオドを打ち、居住歴47年間とすっかり馴染んでいる渋谷区千駄ヶ谷地域でのショップ開業と同時に、大切な地元に少しでも貢献できないものか…と思い、既に進めているショップ開業と並行して今回のプロジェクトを立ち上げたいと思います。

▼このプロジェクトで実現したいこと

コミュニティスペース(ショップ)を中心に『リアルなひととひとの“つながり”』と『シナジー』が生まれ、地域に住むひとも働くひとも一緒になって地域活性化の活動を生み育てていくことを通じて『相互成長』『助け合い』が育まれていければと考えております。同時にそこでは世代間の“つながり”のハブ機能も担いたいと思います。

また周りを“巨大トレンドマーケット”(青山、表参道、原宿、新宿)に囲まれている千駄ヶ谷地域だからこそ、『個を大切にしたオリジナル』かつ『ファッショナブル』したいと思います。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

TOKYOオリンピック&パラリンピック開催で盛り上った後の国内景気はかなりのダウントレンドが必至です。現在30~40歳代の世代とそのファミリーは非常に厳しい時代を迎えざるを得ません。そのような時代に必要になるのは『お互い気軽に連携しあえて助け合いができる地域コミュニティ創り』だと思います。但しそれには早めに手を打っておかないとならないはずです。千駄ヶ谷に隣接している『建設中のメインスタジアム』を見ていてそこに想いがふくらみ、今から何か出来ないかと思ったのがきっかけです。

▼これまでの活動

●ショップの場所と環境:渋谷区千駄ヶ谷1丁目の5階建てビルの1階路面の12坪と小さなショップです。

●現況:現在、内装施工終了し厨房機器やCOFFEEマシンなど設置済みでインテリアファニチャーも搬入し済みです。今後は展開コンテンツのセレクトと搬入およびレイアウトやオペレーション確認、ご近所さんへの内覧会などを経て4月グランドオープン予定で、ショップ開業自体は出来る状態です。

●ショップ名は『find happiness(ファインド ハピネス)』

●地域で“つながる” 同じ個人事業オーナーの3名が、プロジェクトパートナーとして一緒に(gallery)ショップを展開するために準備してくれています。


様々なタッチでグラフィックや壁画アートを手掛ける『akdesign_tokyo』のayakoさん


ヴィンテージフレーバーなハンドメイドアクセサリー展開『premier_jour 』のmaikoさん


年3~4回イタリアで買付けてるヴィンテージアクセサリー&グッズを展開する『ilgufo』のmachikoさん

それぞれすべて一点モノで、ひととモノを“つなぐ”『個』を大切にした事業です。

▼資金の使い道

地域活性化イベント企画立上げと運営費用_25万、各種販促ツール&web開発費用_25万


地域活性化につながるコミュニティの広がりを目的に、リアルとNET連動で参加型のイベントを地域にお住まい、またはご勤務されている皆さんたちと一緒に生み出していきます。進捗詳細は応援くださった皆さんに随時ご報告させて頂きます。

『find happiness オフィシャルInstagram』でも最新情報をアップしていますので、是非フォローしてください!
https://www.instagram.com/findhappiness_sendagaya/

 

▼最後に

今開催以降はもう当分来ないであろう世界中の方々が注目および訪日される3年後のTOKYOオリンピック&パラリンピック。開催直前から景気もアップトレンドで盛り上がるのは必至です。『なんか面白そうだから一枚かんどこぉ...』と思われた方、是非とも応援ご参加下さい!

一方、開催後の景気はかなりのダウントレンド必至です。消費税が10%に上がっており、オリンピック後2025年に向かって高齢化/人口減もピークを迎え消費は益々低迷(モノを買う人や投資をする人は激減)するので企業倒産、失業者も増える......したがって地域ごとに次世代を巻き込んで早めに手を打っておかないとならないはずです。ご近所さんから、ご近【助】さんへ転換していくため、相互成長/相互支援の地域文化創りのためにコミュニティが必要です。ご自分の街の活性化策にも今から準備しておくべきこともあるはずです。でもひとりでは出来ません。このプロジェクトにご賛同くださった方はもちろん、ご自分の地元にお役に立てられる情報を仕入れられる可能性を感じられた方も是非応援ご参加下さいませ!お待ちしております!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください