日傘として、雨傘としても使えるはもちろんのこと、内側にはなんと、ファンが回転して涼しい風を送ります。暑い夏の心強い味方!しかもファンの電源はバッテリー?!    そうなんです、非常用のモバイルバッテリーにもなるのが驚きの機能!!

プロジェクト本文

ここ数年、日本の夏は暑い夏から酷暑の夏に変わってきた気がしませんか?

日傘をさして日陰をつくることで少し楽になりますが、まだまだ辛い!

お出かけ先で、こんな困ったことありませんか?

 ・ 日傘をさしてもまだまだ暑い!

 ・ 油断して不意の雨でびしょびしょに!

 ・ スマートフォンの電池不足になったけど充電できない!


見た目は1本の黒い傘。ここからストーリーが始まります!

内側を見ると、なんとファンが付いていて、涼しい風を送る!


さらに手元(持ち手)のキャップを外すと、なんとバッテリー?!

乾電池式ではなく、バッテリー式でガジェット感溢れる傘に!!! 


生地にUVカット加工・撥水加工されている傘。

裏側を見るとブラックコーティングされており日傘としての力を発揮!

晴雨兼用傘として使えます!



ファンが回転すると違います!

暑さをやわらげる! 風で熱をこもりにくくする! 梅雨時期の蒸し暑さを緩和!

梅雨時期から残暑まで活躍に期待MAX!!


撥水加工しているので不意の雨の時にも十分対応!

手元(持ち手)のキャップを外すとモバイルバッテリーが登場!

モバイルバッテリーを持ち歩いていない、スマートフォンを充電できる環境にいない場合でも

充電することができます!(バッテリー容量:2600mAh)

この今までにない発想がこの傘のキモ!


完全に傘を開かないとファンが回らない安全設計。

また、ファンが回転中に誤って傘を閉じてもファンの回転が止まります。



手開き式で親骨×8本の仕様。傘本体にストラップ付きで、カバー付きも嬉しいポイント!


AC/USBアダプターとUSB充電ケーブルもセット。


・プロジェクト開始:4月24日

・プロジェクト終了:2020年5月25日

・製品配送:2020年5月プロジェクト終了後から6月末までに順次配送

■製品の企画開発(メーカー)

中国の広東省深圳にある傘・バッグなどのアウトドア用品を主力製品として企画・製造・輸出するLihongグループの会社。2005年に設立され、専門的にデザイン・開発・生産までオールインワンで販売操作をおこなっている。中国国内だけでなく、ヨーロッパ、北米の各国に多くの傘を輸出している。


■日本正規代理店(日本国内での販売実行)

株式会社アローズ

URL https://www.arrows-company.jp

E-mail sales1@arrows-company.jp


リクス&チャレンジ

■開発中の商品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性がございます。

■ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

■現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性がございます。

■海外輸送中のトラブルや通関時のイレギュラー等で、お届け時期が遅れる場合がございます。

■並行輸入品による類似品が発生する可能性がございます。個人輸入および販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。また、並行輸入業者からご購入された商品については、弊社で保証することはできませんので、予めご了承ください。

■画像の見え方や映像の印象などに関しましては、感じ方に個人差が予想される製品です。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受け致しかねます。

■以下のような支援者様都合により商品の再配達または転送となった際は、着払いでの配送となりますので予めご了承ください。

 ・商品を受け取らなかった

 ・住所に誤りがあった

 ・住所変更を事前に連絡しなかった

  • 2020/05/27 14:41

    ご支援者様この度は「バッテリー内蔵ファン付き晴雨兼用傘」にご支援いただきまして誠にありがとうございました。商品のお届けは6月末までにと記載しておりましたが、少しでも早くお届けできるように進めてまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。株式会社アローズ スタッフ一同

  • 2020/04/24 09:02

    はじめまして、実行者の株式会社アローズの吉本と申します。本日、プロジェクトを公開させていただきました!傘の内側にあるファンの電源になり、非常用のモバイルバッテリーにもなる「バッテリー搭載ファン付き晴雨兼用傘」のご支援・拡散のご協力をお願いします。現在、新型コロナウイルスの影響で外出を控える時期...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください