アジアで活躍する日本人に密着! アジアで活躍する日本人に密着するドキュメンタリーを制作、YouTubeで公開します。 彼らの生きる道や想いを多くの人に届けられるメディアを生み出します。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

 はじめまして。東京外国語大学国際社会学部タイ語学科3年の浅井輝平です。現在は休学をし、バンコクの動画制作会社でインターンをしています。

 タイで生活をする中で、アジアで活躍する日本人の生きる道や想いを届けたいと思い、インターン先に志願し、このプロジェクトを主体的に始めさせていただきました。



このプロジェクトで実現したいこと

 このプロジェクトで実現したいことは、

*アジアで活躍する日本人の生き様や想いを多くの人に知ってもらうこと

*多様な生き方や想いを届け、自らの人生や生活に希望を持ってもらうこと、の2点です。

 東南アジア・タイにある会社でインターンをしている強みを生かして、日本からではなかなか密着取材することができないアジアで活躍する日本人に密着するドキュメンタリーとそのチャンネルの制作をします。

 また、今後世代を引き継いで、継続的にチャンネル運営をできる体制を構築し、より多くのコンンテンツをお届けできる仕組みをつくりたいと思います。


プロジェクトをやろうと思った理由

 2019年の8月からタイでインターンをしています。その中でタイで活躍される方々と出会ってきました。彼らは熱い想いを持ち、挑戦されている方達ばかりでした。

「将来のやりたいことが見つからない」

「将来の自分が生きがいを持って生活しているイメージが持てない」

「ただ毎日同じように働く生活は嫌だ」

 私は、彼らに出会うまで、自分の将来が見えず、不安に思うことが多くありました。

 ただ、彼らと出会い、一緒にお酒を飲み、語り合う中で、彼らの生き様に感動し、多くの勇気をもらいました。そして、これからの自分の人生に希望を見出すことができました。
 タイで出会ったTalentExCEOの越陽二郎さん。ドキュメンタリーの一人目として取材させていただきました。

 日本にいたら決して出会わなかっただろう彼らに救われた自分。

 彼らの挑戦や想いを届けることで、私のように自分の人生に希望を持てる人がいるのではないか、また、そうすることが彼らへの恩返しにもなるのではないか。

 そういった思いで、このプロジェクトをはじめました。

こちらが実際に制作した越さんのドキュメンタリーです


これまでの活動

 実際にこれまで5人の方に密着させていただき、ドキュメンタリーを制作してきました。取材させていただいた方からは感謝の言葉をいただきとても嬉しく思っています。

 特に自分の親や子どもに自分の挑戦を伝えられるものができてよかったという言葉は心に残っています。

以前取材させていただいた市川順一朗さん。ラオス初のアイドルを立ち上げています。


クラウドファンディングだからこそやりたい

 私のやりたいことや想いに共感し、支援してくださった皆さんにまず見てもらい、それを周りの人たちに広めて欲しいと考えております。

 なかなか私一人の力ではシェアできる範囲が限られており、なかなかドキュメンタリーを多くの人のへ届けることができません。

 しかし支援してくださった皆様がドキュメンタリーをシェアしていただくことで、何倍にも、何十倍もの人にドキュメンタリーを見ていただくことができます。

Kokotelの松田励さん。完成したドキュメンタリーを見て、とても喜んでくださって私も嬉しかったです。

資金の使い道

 いただいた資金はドキュメンタリーの制作費とチャンネル運営の基盤の構築のために使わせていただきます。

・Webページの制作

・機材や動画ソフトの購入
カメラやマイク、パソコン等、足りない機材の購入に使わせていただきます。

・交通費や滞在費
今後はタイの地方やタイ以外の国で活躍される方の密着もしたいと考えており、海外撮影の際の交通費や滞在費に使わせていただきます。

バンコクの街並み。タイが大好きです。


リターンについて

 リターンとして、お礼のお手紙や、エンドクレジットにお名前の記載、ドキュメンタリーの取材対象者とご支援者様が会するミートアップをご用意させていただきます。

 詳しくはリターンの欄をご覧ください。


実施スケジュール

2020年4月中旬 クラウドファンディング終了
2020年4月下旬- いただいた資金を使っての制作を開始
2020年5月上旬- リターン発送、実施
2020年9月以降 リターンのミートアップの開催


最後に

 最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

 私が帰国する前に、アジアで活躍される日本人の多様でかっこいい生き方や熱い想いを皆様や多くの人に継続的に届けられる基盤を作りたいと思っています。

 そのためには皆様のご協力が必要です。ご支援のほどよろしくお願いいたします。

<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください