はじめに・ご挨拶

2019年の夏、子どもがラグビーの試合が「人工芝グランド」で足の裏を火傷しました。

後日、温度を測りに行くとなんと70℃を超えていました!

それから私は、人工芝の研究を開始しました。

「あまりにもおかしい。。。健康の為のスポーツの環境がおかしいはずが無い。。。」と信じていました。

芝の本来の目的は「選手の怪我防止・安全対策」です。

例えば野球で言えば外野エリア。安心してダイビングキャッチできるように。その他、サッカー・ラグビー・アメフトなど激しく走ってタックるするようなスポーツ会場は『芝』なのです。一流の試合・練習ほど『天然芝』です。なぜなら選手は、チームの宝だから。

実は、スポーツ用の人工芝が導入されて、まだ20年余りなんです。(ゴムチップ人工芝)

なぜ、足の裏が火傷したり、熱中症が頻繁に起こっているのに問題にならないのでしょうか。

人工芝グランドの熱中症対策の指標になるWBGT表示計がないのでしょうか?

現在、日本サッカー協会が「熱中症対策指針」を提示しています。

その内容によると、WBGT28度以上はキックオフ禁止と。これは過去10年の統計を調べたところ「夏の期間は、昼間は、ほぼ試合してはいけない。」となります。(是非ネットで調べてください。)

しかし、現実は夏休みは合宿などたくさん試合をする時期です。

熱中症で倒れた時は、誰が責任をとるのでしょうか。グランド運営管理者?監督?コーチ?自己責任? いかがでしょうか。WBGT28度以上の時は、どんな対策をしてもキックオフしてはいけないとあるのです。私は、それを知らずに非常に危険な状況でスポーツをさせていることを知ってほしい。私は、知りませんでした。そして、グランド運営者は知っていました。監督も知っていました。知らないのは、父兄と子どもたちでした。

いろいろなメーカーさんが「安全な・・・・」など書いてありますが本当でしょうか?もし本当なら何故競馬場の馬場が人工芝にならないのでしょうか。たくさんのプロは、人工芝のグランドに乗ることすら嫌がっています。メディカルトレーナーから聞いた話ですが人工芝グランドの練習後の筋肉の張り方が全然違うそうです。大リーグに行った外野の選手が日本に戻ってきてプレーしない原因もそこにあるようです。

トッププロと子どもたちの環境の違い・・・それは環境です。

スパイク・ユニフォームなど同じです。グランドの環境が違いすぎるんです。

スパイクのイボが刺さらない硬い土グランド・人工芝グランドで何故身体を壊したのか?

天然芝グランドでヘルニアなどの症状で怪我した方を知りません。現在 強豪校と言われる学校ほど人工芝になっています。人工芝グランドで小さい頃から練習した選手は、プロになり靭帯や膝などを故障します。

私たちの生活に感動を与えてくれます。この選手たちを守りたい。練習すればする程怪我をする環境などおかしい。私の私見ではありません。ぜひ、身体を壊した選手の皆さん同じ怪我をご自分の子どもにさせないようにしましょう!

このプロジェクトで実現したいこと

いままでの人工芝の問題点❶高温火傷問題❷身体の怪我問題❸発ガン性問題❹地球環境汚染問題 を全て解決した『プレミアムクール芝』を開発できました!日本の古代建築の知恵を人工芝の中に充填させました。天然素材100%の天然芝冷却充填材『寒土』KANDO。これは、天然芝の冷却目土としても使用可能です。人工芝が悪いわけでなく、充填材が原因ということを判明しました。充填材を改良することで天然芝と同等の環境が提供できるます。温度・衝撃など全てにおいて。

安全なので子どもや父兄でグランド作成も夢でありません。住んでいる周りに遊びたいけど使っていない「公園」などあるはずです。そこに施工することでトップクラスの環境ができます。弊社の商品の競合・ライバルは、ありません。天然芝の製造メーカーにライバルがいない様に無いのです。人工芝の素材自体、どのメーカーさんもさほど変わりません。

ロングパイル 人工芝(長さ40mm以上)の中に『寒土』KANDOを充填するだけでいいのです。ほぼ天然芝と同じ構造です。FIFA認定なんてありますが、それはあくまでも「人工芝の毛」で、充填材ではありません。確かな環境をどこでも提供が可能になります。

人工芝の背景・歴史

サッカー・ラグビーを行うロングパイル 人工芝は、2000年に日本に導入されました。歴史としてはまだ20年。この歴史の中で人工芝の良さ、悪さを十分に認知されてきました。人工芝の問題点❶高温火傷問題❷身体の怪我問題❸発ガン性問題❹地球環境汚染問題 を知りながら解決策が見つかりませんでした。高温問題対策で、昨年各メーカーから人工芝スパイクが発売されました。熱でスパイクの裏が溶けるからです。マイクロプラスチック問題の28%はタイヤのゴムが原因と発表され、EUで2022年までにゴムチップグランドは排除しようとしています。韓国では、すでに禁止になっているほどです。

資金の使い道・実施スケジュール

全国各地で『プレミアムクール芝』の説明会を開催費用に使用させて戴きます。

これは、売りたいからではありません。子どもたちの成長は早いものです。スピードが大事です。今という時間は取り戻すことはできません。その環境を少しでも改善できたらと考えているからです。

働き方改革で皆さんお時間に余裕が出てきたはずです。一緒に最高の環境を作るためにご理解いただき、全国のお父さんお母さんたちで一緒に「思い出づくりでグランドづくり」なんてありだと思います。

そして、会場ではサンプルを作成して、子どもたちにスパイクで乗ってもらったり、触れていただければご確認できると考えております。

リターンのご紹介

全国各地で『プレミアムクール芝』の説明会を開催します。その参加チケットです。

日時が合わなかったり、ご都合が悪かった場合などは、You tubeとTV会議で対応させて戴きます。

開催場所は、皆さんの住所等を拝見して決定します。

(予定地:沖縄、鹿児島、北九州、福岡、大分、長崎、愛媛、大阪、名古屋、静岡、埼玉、東京、群馬)

最後に

『プレミアムクール芝』は、世界の子どもたちの環境を変えると確信しております。

 子どもたちは、芝を見ると笑顔で走り回ります。それは、「安心」からです。

本気本音でオトナが子どもたちの環境を一緒につくっていきましょう。その活動している姿は、子どもたちに影響を与え、スポーツの勝負だけでなく素晴らしいところといえると思います。

このプロジェクトの最大の目標は、「思い出とグランドをつくろう!」なんです。

正直、商品の販売が目的でありません。トッププレーヤーや子どもたちの要望に素直に答えたい。

「日本のものづくり」の知恵で、世界の子どもたちを一緒に救いましょう!

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/05/31 08:22

    こんにちは!もう、残り15時間ご支援いただいている方々本当にありがとうございます!そして、これをご覧になっていただいている方もご興味を持って頂き光栄です。昨日、急遽ご依頼がありやらせて頂きました!タマホーム長崎時津展示場です。芝が建物の価値を変えます!間違い無いです。。。このクラウドファンディ...

  • 2020/05/09 19:40

    こんにちは!ホームセンターで購入できる人工芝に弊社開発の地球環境に負荷を掛けず、ひとにやさしい人工芝充填材『寒土』KANDOを充填しました。 結果がこちら!正直 良いです。温度比較が贅沢言うとロングパイル の時より差が出ませんが衛生的な事・身体の衝撃などお庭で使用する分では十分かと思います。そ...

  • 2020/05/03 22:11

    みなさんこんばんわ!コロナの影響で色々と大変でしょうが気持ちだけはアゲアゲでいきましょう!やるべきことをしっかりとして、頭の中はフレッシュに日々目の前のことの普通のことに感謝することが大事かと思います。本日、終日ホームページを作成しておりました!初めてチャレンジし、どこまで出来るか不安でしたが...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください