はじめに・ご挨拶

    TentoTenの始まりになったTen to Ten Nakajima-Koen店舗   

僕たちは「旅人にローカルの魅力を届ける」想いを実現するため、
2015年にゲストハウス[TentoTen]の運営を開始しました。
札幌で3棟、海外でもベトナム・メキシコ・タンザニア3拠点でゲストハウスを展開しています。

札幌のゲストハウスにはこれまで延べ10万人以上の人たちが宿泊してくれています。

「点と点とつなぐ」ようにローカルの人たちと海外からの旅人がつながり、リアルな価値を共有し、新たな気づきや知識につなげることを大切にゲストハウス運営をしており、宿泊施設としてはもちろん、Café&Barの運営・イベントやライブの開催・マルシェの開催などTentoTenのコミュニティづくりは多岐に渡っています。

《Greeting》

Hi, we are Ten to Ten! We started our first hostel in Sapporo in 2016 and now we have branches in Tanzania, Mexico and Vietnam! Since the first place “Ten to Ten Nakajima-Koen”,  we welcomed over 100,000 guests so far! As our concept “Ten to Ten”(meaning connecting dots in Japanese), we have connected travelers and locals though the events at our bar/cafe, lovely Sunday marché that we organize and even just small conversation at the hostel lounge.


    ローカルと旅人のコミュニティが生まれるバーラウンジ  

    Ten to Ten Sapporostation店舗で開催しているマルシェ

    ライブでは、道内のアーティストは勿論、旅人の歌を聞けるかもしれません!   

このプロジェクトで実現したいこと

北海道は多くの魅力的な資源を持ち、世界中の人たちから憧れられ、そして満足していただけるポテンシャルを持つ素敵なエリアです。現にこういった状況下、旅人の数は減ってしまってはいるものの、北海道へやってきた人たちは北海道の魅力に満たされています。

だからこそ世界中からここに集まる多様な視線のゲストのみなさんと一緒に「北海道の魅力をリアルにレポートするWEBメディア」をつくり情報発信していきたいのです!そして、それが必ず北海道の地域活性につながると信じています。

《What we are aiming to...》

Hokkaido has a lot of potentials to be a worldwide famous tourist destination! Even though in this current situation, people who visit Hokkaido always satisfied with their trip. That’s why we would like to more let people know how amazing Hokkaido is! And we believe that our new web media helps it!


プロジェクトをやろうと思った理由

北海道胆振東部地震・日韓関係の悪化・コロナウィルス問題と、北海道の観光はここ数年試練を迎えています。僕たちのゲストハウスも宿泊・飲食ともにゲストが減り、ピンチを迎えています。
ただ、こんな時だからこそ「自分たちにできることをやろう!」とチームは奮起しています。
その中で出てきたアイディアが「北海道」を発信するメディアづくりです。
海外からのゲストと話していると、日本人では気がつかない北海道の魅力を教えてもらうことが多くあります。

僕らにとっては当たり前のこととして捉えることも「雪があること」「自然が豊富にあること」「野生動物がたくさんいること」「空気や水が新鮮なこと」そして「食べるものがとにかく美味しいこと」「スーパーの野菜が安いこと」や「道が広いこと」私たちが慣れてしまって意識することができていない北海道の魅力がたくさんあるんだと教えられます。

自分たちだけでは伝えきれない北海道の魅力を、ゲストの力を借りながら、ゲストといっしょに発信していきたいのです。

《Why web media...??》

Why we decided to have web media as our new try to get over this situation is because of that the guests always tell us the new attraction of Hokkaido. The snow, nature, the wild animals, the fresh air and water, and the amazing foods, these things we take for granted. Our traveler always reminds us of how amazing they are. To introduce these feelings to more people, we decided to start our media. Not only us but with our guests!

    画像 TentoTenの周りには北海道を素敵な魅力を知っている方々が沢山いらっしゃいます!

「シゴトづくり」ができるチーム構成を

この活動を北海道を盛り上げることと平行して、今回はこの環境下、仕事が減ってしまっているクリエイターさんやライターさん、小学校や中学校の休校により在宅する時間を強いられているママワーカーさんたちの力を活用し「シゴトづくり」にも力を入れる活動にしていきたいと思っています。

《Another purpose》

This project is not only to attract more people to Hokkaido but also to try to make more jobs in Hokkaido.  Many people lose their job because of coronavirus. Some people have to stay at home and take a day off from their work. We would like to make new jobs for them having our media as a writer or creator.

    周りの皆さんが笑える仕事、環境づくりをこれからもしていきたいです


北海道のみんなのために今こそ力を

僕たちのゲストハウスはもちろん、どの業界・業種においても北海道全体が苦しく重々しい状況が続いています。このピンチをチャンスに変えることで、北海道を盛り上げたいと考えます。

また、このコロナウイルスの自粛かが収まったあかつきには、この情報発信により魅力を感じてくださった世界中の人たちが北海道に訪れ、元気な北海道を取り戻す一役を担っていきたいと考えています。

We are trying to turn this situation into an opportunity for making Hokkaido a more famous place. And as Ten to Ten, we promise not to waste your help and we will always be the platform of Hokkaido and connect people.

     

資金の使い方

北海道魅力発信WEBメディア制作および運営
・動画撮影および編集費
・WEBサイト制作および運営費
・取材に必要となる費用
・多言語翻訳に関わる費用

《What we spend money for》

Making and running web media
・Shooting and editing video
・Making website
・Translation fee


リターン内容

皆さんに喜んでいただけるような、皆さんの役に立つようなリターンをたくさんご用意しました!
リターン欄をご確認ください。
また、リターン内容に関してご質問ご相談等がありましたら、ご連絡ください。


スケジュール

2020年4月15日 締切り
2020年5月 メディア作成&取材開始


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください