プロジェクトのポイント(1)手織り博多織(2)商品化にチャレンジ(3)先行販売

博多織とは

博多織とは、日本三大織物の一つで、細い経糸(たていと)と、太い緯糸(よこいと)を筬(おさ)で打ち込み、柄を織り出す織物です。鎌倉時代に宋で習得した織物の技法を、博多商人・満田彌三右衛門が帰国後に広めたのが博多織の起源と言われています。

1976年に国の伝統的工芸品に指定され、伝統と文化の継承が行われている「手織り博多織」の唯一の専門学校が「博多織DC」です。博多織DCでは、若い職人たちが技術を学び「手織り博多織」の新しい価値を生み出しています。

博多織DCの手織り博多織

伝統と技術が継承されています

博多織DCでは年に数回、生徒たちの作品をバザーと題して販売していますが、その中には従来の博多織の枠にとらわれない、自由な発想の織物が多数出品されています。

若い職人の中には、成人式を自分の織物で迎える10代の職人も。ここには、伝統だけでない、鮮やかで自由な発想のデザインが生まれていました。


従来モノトーンが多い献上柄が鮮やかに

博多織DCで織られる、あたらしい博多織を通して、博多織の若い才能に目をつけた地元クリエイターたちが、地元の伝統工芸をより身近に感じれるように「博多織を日常に」のコンセプトで商品化を目指しました。

若い職人たちが織る博多織とそのアイデアを活用し、複数の商品化を目指します。反応の良いものから、継続的な商品化を目指します。今回リターンでお届けするプロトタイプは、贅沢に手織りの博多織を採用したハンドメイドです。将来的に量産化の体制を整えます。

博多織は、江戸時代に福岡藩黒田氏から徳川将軍家に献上された事から、特に最上の物を「献上博多」「献上柄」と呼ばれ、博多織の代表的な柄となっています。

着物帯などで人気の「献上博多」は、博多の様々なシーンで目にしますが、黒や白、紺といったモノトーン中心の配色でしたが、博多DCでは、伝統的な「献上博多」の柄をベースに、若い感性で鮮やかな配色が用いられた新しい「献上博多」が数多く織られていました。

今回の商品化は「献上博多」を中心に採用しています。

この鮮やかで若い感性の「献上博多」を有効活用したい!

商品化にあたり、地元クリエイターの方に「手織り博多織」の実現場を見学いただき、博多織が生まれるまでの流れと工程、織物の魅力と弱点についても、意見を交換しました。

美しく丈夫な織物ですが、洗濯に弱かったり、ミシンの針が通りにくい弱点をどのように克服するか。逆に強みとしてアイデアに昇華できないか。といった意見を交換し、今回の5つのアイテムが生まれました。

プロジェクトに賛同いただけた方には、商品化を目指す5アイテムを、一般販売に先行して、リターンとしていち早くお届けします。


アルファベットを選べます

博多織のアルファベット型ワッペンをまとったベースボールキャップ。アルファベットは自由に選べます。ワッペン部分は取り外しが可能なため、丸洗いも心配ありません。博多織の柄は献上博多の中から、ランダムで採用しています。フリーサイズ(頭囲 56~61cm)金属クリップアジャスターでサイズ調整できます。

クリエイター:高尾明良(HIDEOUT)


スケートボード のデッキ(裏)面に博多織を特殊加工で貼り付け。好みのトラックとウィールで、スケートボードとして使用するのはもちろん、インテリアとしてもおすすめです。

商品はデッキ(板)のみ。トラック&ウィール(タイヤ)、壁掛けフック は含まれません。

博多織の柄は献上博多の中から、配色の系統のみ指定いただけます。
裁断により、実際の柄は一点づつ異なります。サイズ8インチ(幅 79cm / 奥行 約20cm / 厚さ 約1cm)

クリエイター:田中唯(Clip!Kyushu)

こちらはスケートボードのデッキテープ側に、博多織を特殊加工し貼り付けたスケートボードチェア。スツール、サイドテーブル、ディスプレイ用としても。


※画像は開発段階のものです。
博多織の柄は献上博多の中から、配色の系統のみ指定いただけます。裁断により、実際の柄は一点づつ異なります。スケートボードの仕様上、座面には湾曲があります。
サイズ:横幅 79cm / 奥行き 約20cm / 厚さ 約1cm / 高さ 約50cm

クリエイター:田中唯(Clip!Kyushu)

博多猫仕事猫が博多織を纏った「博多猫」に、ヨシ!博多猫(仕事猫)local-t.com画像ははめ込みです。実際の発色と少し差があります。SNSで話題の「仕事猫」が博多織を纏って「博多猫」として登場!
イラストは、人気イラストレーター くまみね さんによる描き下ろし。生地が厚めで柔らかい半袖Tシャツと、袖のインパクトばっちりのロングスリーブ(長袖)Tシャツ。

Tシャツサイズ表サイズ表Sサイズ〜XLサイズまで。
博多織部分はイラストになります。

クリエイター:鳥谷明弘(ローカルTシャツ)


お母さんの台所仕事に、洋服を選ばない かわいいアームカバー。 食器洗いの際に水濡れや汚れを防ぎ、衣服を痛めません。 キッチンのほか洗濯、風呂掃除、ガーデニングなどにもおすすめです。 少し懐かしさも漂う日用品の中に、博多織をアクセントに使用してちょっとしたプレゼントにも。
※画像は開発段階のものです

クリエイター:片田芳伸(CATTA)

プロジェクトに賛同いただいた方のリターン品の配送は5月下旬頃を予定しています。開発段階のアイテムについては、メールにて途中報告をさせていただきます。

また、開発中の上記アイテムの一部は、3月末日まで天神イムズ2階のショップ「HIDEOUT」さんで実物をご確認いただけます。

資金の使い道

CAMPFIREの手数料を除いた資金は、リターン商品の生産、商品化ためのパッケージ制作とバリエーション展開に使用させていただきます。

地元の伝統工芸から生まれる新しいアイデアに、普段は別の分野で活躍するクリエイターたちの発想が糸のように交わり合うことで、今回の企画が生まれました。

モノや情報にあふれる時代だからこそ、自分の生きる地域や景色など、身近なことを発見し、目を向けるキッカケになればと思います。


【協力】


博多織DC(ディベロップメントカレッジ)
http://www.hakataoridc.or.jp/
博多織DCは、伝統文化に先進教育を導入し、「想像と自立」を手に世界に通用する博多織クリエイター、プロデューサーを育成する学校です。
住所:福岡県福岡市博多区比恵町20-19


HIDE OUT
https://www.instagram.com/hideout_fukuoka/
2016年スタートのユニセックスブランド。デニム、シャツ、カットソーの生産からスタート。プリントデザインが好評を博し、現在はプリントデザインを中心に企画生産している。
住所:福岡市中央区天神1-7-11 天神イムズ 2階

CATTA
http://www.cattashirts.com/
「身につける物はより自分が気持ちよくなる為のもの」という観点から「使いやすくて着やすい」ことに重点を置いて物作りをしています。生地の切り替えやステッチワークなどアイテム毎に手法をアレンジしながら熟練の職人によるMADE IN JAPANの商品を提案しています。
住所:福岡県福岡市中央区警固1-3-3


ローカルTシャツ
https://local-t.com/
「街をかわいく!」九州のご当地Tシャツをデザインする九州のローカルブランド。「NEWYORK」や「CALIFORNIA」のように、九州をテーマにデザインTシャツを企画。各地のクリエイターやTシャツ工房とコラボレーションし、商品を企画生産しています。


クリップ九州
https://clip-magazine.com/
Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。




<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください