【ストレッチゴール200万円を目指して飛騨"復袋"リターン追加!!】

みなさま、こんにちは。新型物産展from飛騨実行委員会です!
本日4月6日(月)です。

昨日、目標金額の100万円を達成しました!

温かいご支援、シェア、本当にありがとうございます!

一つご支援が入るたびに、実行委員会一同、この企画をやってよかったと再認識すると共に、飛騨が少しでも元気になる希望をいただいております。

3月19日から開始したプロジェクトも、残り7日!

思い切ってネクストゴールに挑戦することにしました!

次の目標金額は【200万円】

当新型物産展のクラウドファンディング開始時以上に深刻になってきている状況の中、一つでも多くの商品を販売してお届けしたいという一心です。

出展者の中には、夏までほぼ全てのイベントが中止になってしまった、という大変な状況の方もいます。

==出展できなくなったイベント(一例)==

・蓬莱 蔵まつり

・古川祭

・大人の青春博

・花フェスタ記念公園催事

・飛騨特産品在庫処分市

・夜桜夜市

・飛騨高山展

===========================

このままでは飛騨のうまいものたちで、日の目を見ず捨てられてしまうものさえ出てくるかもしれない・・ということで、ストレッチゴールの設定と共に、"飛騨復袋"(=復興+福袋)をリターンに追加することにしました!

・賞味期限が通常時より短いもの

・割れているなど、訳アリのもの

・在庫が沢山残ってしまっているもの

上記のような、品質に影響はないものの、売れなくなってしまったものを、『飛騨復袋』として、お得に詰め合わせてお届けします。

価格帯は、5,000円と10,000円。

是非、買って応援!よろしくお願い致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
\4月2日、行き場を失った5,000本の日本酒をリターンに追加/ 

ユネスコ無形文化遺産にも認定されている「古川祭」では、毎年多くのお酒が神社に「献酒」として奉納されます。
しかし今年は新型コロナの影響で祭の大部分が中止となり、5,000本もの日本酒が行き場を失いました。飛騨の蔵元が悲鳴を上げています。

そんな蔵元を応援しながら、日本酒を楽しんでいただきたいという想いから新しいリターンを用意しました!
一升瓶2本を束ねた「献酒スタイル(朱色の紙で包装した一升瓶を紐で縛り、献酒の熨斗をかけ、お客様のお名前を記載)」でお届けします。
ご家庭用でも、プレゼントでもお使いいただけます。
是非応援をよろしくお願い致します! オンラインで献酒しましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ご挨拶

初めまして、飛騨市特産委員会です。私たちは飛騨市観光協会の一事業として、飛騨市に拠点を置く事業者の特産品販売や、物産展等のイベント参加のサポートを行っています。


(今年は過去に例の無い暖冬でしたが)いつもの飛騨地域は豪雪地帯。その雪が解け始め春を迎える3月からは、地域の各事業者は増えてくる観光客への対応や、地域内外のイベント参加で大忙し・・・のはずでした。


ところが・・・・・


ここ飛騨も、新型コロナウイルス(COVID-19)による自粛ムードの影響を大きく受けています。特に各事業者にとっては、①観光客が来ないため店舗での販売が減っていること ②自粛により地域内外のイベント、物産展が軒並み中止であること、この2つのダメージは大きく、売上が振るわず、多くの在庫が行き場をなくしています。

張り切って行ったもののガラガラで赤字だった横浜の物産展 

まだまだ自粛ムードが続く中で全国行脚するわけにもいかず、かといって飛騨へ遊びに来ていただくのも難しく・・・

でも悩んでいるだけでは「だしかん(飛騨弁 訳:ダメ)」ので、地域で連携してピンチをチャンスにできないか?と考えました。

そして、『自粛で開催できなんだ物産展をオンラインでやるんやさ!』(飛騨弁 訳:自粛で開催できなかった物産展をオンラインでやろう!)と思い立ち、CAMPFIREを活用したオンライン物産展の開催に踏み切りました!

飛騨のうまいものをつくる14社が集った、新しい形のオンライン物産展です!

選りすぐりの飛騨市のうまいものをお届け!

飛騨市は日本アルプスなど大きな山々に四方を囲まれ、面積のうち93%が森林におおわれた自然豊かな地域です。広葉樹が多く、そこから流れるミネラル豊富な水から美味しい農作物が採れ、おいしい特産品が数多くあります。

今回はクラウドファンディングを活用して、飛騨のうまいものをリターンとしてお届けします。一般的な商品ごとのネット通販ではなく、「物産展」のように色んな商品が楽しめるよう、特産品の厳選セットという形でお届けします。

飛騨牛の知名度はダントツ。でも飛騨にはそれだけなく、自然豊かな牧場で育った豚から作られたソーセージ 、清流から獲れる川魚、その水から作る麺が自慢のラーメン。食べ始めたら止まらない、全国にもファンの多い素朴なお菓子の数々。さらに特産委員会が厳選したお漬物や国産大豆を使った飛騨納豆など、うまいものがいっぱい。それらを詰め合わせてお届けします。

飛騨のうまいもの詰合せイメージ※3月16日の飛騨にて撮影

飛騨のうまいものの事業者が勢ぞろい
飛騨市の今

年間400万人もの観光客が訪れる高山市のお隣、私達が住む飛騨市では、ユネスコ無形文化遺産にも登録され日本一の奇祭と呼ばれる「古川祭」が毎年4月19-20日に行われ、大勢の人で町は賑わいます。少し前には、大ヒットしたアニメーション作品「君の名は。」の聖地としても一躍有名になりました。

長い冬が明け、これから春が・・・というタイミングでの新型コロナウイルス。観光客が少ないばかりではなく、高齢化率38%という事情もあり、地元の方々も家に引きこもりがちになっていて飲食店や小売店はかなり厳しい状態が続いています。

ひとけのない飛騨古川の駅前

寂し気な観光地

飲食関係で7割減、観光向け飲食は8割減、宿泊が7割減、宴会・仕出しはほぼ予約なし、観光バスは100%予約なしという極度に厳しい状況です。このクラウドファンディングを機に、大好きな飛騨に少しでも元気を取り戻したいと思っています。

飛騨市長から皆様へ


資金の使い道

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。今回集めた資金は、新型コロナウイルスの影響で大きく売上が減少し、困っている事業者の原材料等の支払いに使わせて頂きます。

スケジュール

・プロジェクト終了:4月12日

・リターンの発送予定:4月下旬予定

(お届けのご都合の悪い日はご連絡ください。日時指定が可能です。)

リターン品はヤマト運輸㈱様のご協力のもと発送させていただきます。(一部例外あり)

助けて!じゃなく、飛騨市を工夫してお届けしたい!

このプロジェクトでは、まず第一に、活気がなくなりつつある飛騨市の事業者さんを支援することが目的です。しかしながら、飛騨市が陥っている状況は全国・全世界でも同じように起きていることも分かっています。

だからこそ、一方的に「助けて!」と訴えるのではなく、家で過ごしていても飛騨の特産品と出会える機会を作って、支援者の皆様が嬉しくなるような、少しだけでも旅行気分を味わってもらえるような、気分転換になるような詰め合わせセットをお届けしたいと思っています。

今回、お届けに関わる送料は、飛騨市特産委員会の事業者で負担しています。是非この機会に飛騨のうまいものの詰合せをお試しください。そして自粛ムードが落ち着いた頃にはぜひ飛騨に遊びに来てくださいね♫このプロジェクトがそのきっかけの一つになれば、そんなに嬉しいことはありません!

参加事業者さんの商品はネットショップ等でもご購入いただけます!

下記14社が今回のクラウドファンディングに参加しています。

・ぼっか煮 さわ

・井之廣製菓舗

・橋本納豆

・麺の清水屋

・老田屋

・飛騨企画販売

・スペランツァホテル飛騨牛極

・山之村牧場

・金木戸屋

飛騨かわいやまさち工房

大久保製菓舗

モリモ食品

蒲酒造場

渡辺酒造店


当クラウドファンディング実行委員会

このプロジェクトは、飛騨市役所地域振興課・飛騨市観光協会・飛騨信用組合・(株)ヒダカラの『飛騨市をもっと盛り上げたい』メンバーがサポートしています。

よなよな準備中の実行委員会

今回の特産品を楽しんでいただき、元気になった飛騨でまたお会いしましょう!

そしゃ!(飛騨弁:またね)

最後までページをご覧いただきありがとうございます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください