シャツは20~24パーツで出来ています。約1,200枚の生地から各パーツを選び、世界に1着しかない1枚を作りませんか?これまで人件費の多く掛かる部分をシステム化してコストダウン。手の届く価格で届けたい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

神戸・元町のオーダーメイドシャツ専門店”元町シャツ”の岡崎と申します。

フォーマル・ドレスシャツからビジネス・カジュアルシャツをメンズ・レディス共に提供しております。

”着心地の良い1着をお届けしたい・・・”

いつもいつも、その思いを込めてシャツを作り続けて来ました。

そして、お客様が着たいと思うシャツならどんな物でも形にしたいと思いシャツ作りのキャパシティを広げてきました。

でも、まだまだ出来ないコトがいっぱい有ります。そんな中から一つでも出来る様にしたいと思っています。

このプロジェクトで実現したいこと

パーツ毎に別々の生地を使って作るクレイジーシャツではなく、幾つかの生地を繋ぎ合わせてパーツにしたクレイジーなシャツをつくる事。

それは出来ない事ではないけれど、多くの型紙と沢山の手間を掛けなくては出来ない。

だから高くて、したいけどこの辺で我慢しよう。という事のない様な価格で提供出来るシステムを考案しました。実現させて世の中に1枚だけのシャツを着てもらいたい。

私のサイズは既製品だと肩幅はL、胴と袖はM、首はS。オーダーだから出来ること。

店には常時約800枚の着分生地と約1,200枚のパーツ用生地を出しています。また在庫は約2,000着分と問屋扱いのサンプル帳には約200種の生地が収められています。その中から気に入られた生地を選びお気に入りの1着をお届けしたい。


プロジェクトをやろうと思った理由

これまでもパーツでの生地替えをするシャツは沢山作ってきました。パーツの中で別々の生地を接ぎ合わせるだけのことがびっくりするほど手間が掛かるのです。当然、すれば費用が掛かるし、何より工場にとって通常の業務に支障をきたし他の商品の納期遅れを招いてしまい、結局費用を頂いてもやりませんという結論になってしまうのです。

じゃあ、これまで通りのシャツを作っていて満足出来るのかというと、そんな筈も無く何とかしたいという思いが強くなり試行錯誤の始まりです。

                             ミシン場。1着1着丁寧に縫っています。

これまでの活動

まず何に一番コストが掛かるかを考えると人件費。これを下げられる何かを思いつく度に作業してみるがさほどの成果が出ない。工場に残業して協力してもらい試してみるも良い結果は出ない。

それまでは現状の設備・ツールの範囲を超えない中での試行だったが、それを止め人ではなく機械に作業してもらうと一気にコストダウン出来る事が解った。

CAMの作業風景

通常、シャツを作る工程では型紙をCAD(作画システム)で作りCAM(自動裁断)でカットして縫製に入ります。この作業を各パーツ毎にしたのでは手作業と何ら変わらないが一括して出来る方法をプログラマーと相談しながら進めるうちにかなり完成度の高い方法を見つけました。


資金の使い道

CADで全ての型紙を作り出す為のプログラムの作成費用に充てます。多ければ多いほどうより複雑な仕様に対応することが可能になります。


リターンについて

お礼の手紙に”シャツの豆知識”の小冊子を添えてお届けします。

写真のシャツは25パーツ27種の生地で作られています。現在の価格は34,600円(税別)です。新しいシステムで作れば25,500円(税別)になります。このシャツ程度の1着(25パーツまで3ヶ所接ぎ合せまでのオーダーシャツ、税・送料込29,150円)を24,000円でお届けします(限定30着)。

または、支援額+10%の弊店でのお買い物に使えるポイントカードをお届けします。

弊店では、国産生地綿100%使用・本縫仕様で8,000円(税別)~、イタリア製生地使用で16,000円(税別)~ 、クレイジーシャツは12,000円(税別)~ 他に持ち込みの生地でもお作りします(但、一定の条件がございます)縫製工賃6,000円(税別)~ 。オプションは色ボタン・ネーム刺繍(500円~)やクレリック・特殊衿型等数多くございます。

20,000円以上で2cm四方程度1色のご自分のワンポイントマークの刺繍データ(通常5,000円・税別)を500円でお作りします。シャツへの刺繍代は500円(税別)~が必要です。

ベスト・シャツジャケットもお作りします。


実施スケジュール

システムの作成はスタートしています。出来上がり迄はもう少し時間が掛かりますが、プロジェクト期間中には出来上がります。

最後に

”着心地の良い1着をお届けしたい・・・”

いつもそう思ってシャツを作り続けています。オーダーシャツは出来上がって着るところがスタートではなく、生地を選び始めた時いえ「こんな感じのシャツを作りたいな」と思った時がスタートかもしれません。

生地を選び、デザインを決めシャツへの思いはどんどん高くなっていきます。出来上がるまでの一月近くも思いは膨らむのかもしれません。袖を通した時ホッと着心地の良さが届けられたら、きっとお気に入りの1着になる事でしょう。

シャツ1枚1枚にそれぞれストーリーがある。あなたにもそんな1着を届けたい。

このプロジェクトはもうスタートしていますので必ずリターンはお届けします。ご来店が出来ない場合もメール・LINEでしっかりじっくり対応させて頂きます。

あなたの思いを一緒に形にしませんか?

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください