ライブ配信が流行っています!課金したアイテムがホストクラブの店舗でも使える面白いライブ配信アプリを作りたいです!ご支援のほど、よろしくお願いいたします!

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

はじめまして、起業を夢見るフリーランスエンジニアのあつです。フリーランスになる前はメーカー企業でエンジニアをしておりましたが、面白いことがやりたくて起業を決意しました!


このプロジェクトで実現したいこと

ライブ配信アプリを一緒に開発する仲間を見つけ、開発したアプリを一人でも多くの人に使ってもらい、ライブ配信事業の会社を立ち上げたいです。

今回開発するライブ配信アプリの特徴は、アプリ内で購入したアイテムはアプリ内だけでなく、ホストクラブの店舗でも使えることです!

例えば、高級のシャンパンアイテムはアプリ内でライバーに投げることもできるし、ホストクラブの店舗に行って実際にシャンパンを飲むこともできるんです!


プロジェクトをやろうと思った理由

今後市場が伸びていく領域として、ライブ配信に注目しました。他社との差別化を考える際、ライバーに投げるアプリが実際に使えたら面白いのではないか、と思いまずはホストクラブ向けにやってみようと思いました。

ただ一人での開発を続けるより、仲間と一緒により良いものを作っていきたい思い、プロジェクトをはじめました!


これまでの活動

ライブ配信アプリ開発の足掛かりとしてWebRTCを使ったプロトタイプの開発や、ホストクラブへのヒアリング・営業活動を行っています。並行してエンジニアとしてご協力いただける方の募集活動をしております。


資金の使い道

集めた資金はアプリの開発費として使います。内訳は下記の通りです。

・エンジニア人件費:35万円/人月×2人×3ヶ月=210万円
・オフィス家賃:5万円/月×3ヶ月=15万円
・諸経費(光熱費・交通費・通信費):5万円/月×3ヶ月=15万円
・開発用ノートPC:15万円×2台=30万円
・キャンプファイヤー手数料:30万円

合計:300万円


リターンについて

ご支援いただいた方には本アプリで使えるアイテム交換用のクーポンコードを発行させていただきます!


実施スケジュール

開発スケジュールは下図の通りです。3月18日から要件定義に先行着手しています。資金が集まれば4月1日より設計を開始し、6月リリースを目標とします。実装は2人のエンジニアが画面とサーバを分担して進める予定です。


最後に

このプロジェクトを成功させて、アプリを通して皆様に面白い体験を提供し続ける会社をプロジェクトメンバーと共に立ち上げたいです!

ご支援のほどよろしくお願いいたします!


※本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください