引用元→https://www.4gamer.net/games/397/G039789/20190809175/


対戦ゲームの世界。

EVO2019ストリートファイターV優勝者ボンちゃんさん(引用元→https://www.redbull.com/jp-ja/evo-2019-report-street-fighter-v-winner-bonchan)



対戦ゲームのタイトルは数多あれど、プレイヤーの気持ちは同じです。


しかし、実はここに大きな問題があります。

Twitterで対戦相手を探したり、Discordで探したり、あるいは対戦用のLINEグループを作ったり。
だけど結局見つからなかったり、見つかっても実力差がありすぎて双方があまり楽しくない・・・

このような理想とほど遠い現状があります。

各ゲームソフトにもオンラインマッチング機能はありますが、プレイヤーの理想の機能とかけ離れていたり、eスポーツ競技として成り立つようなルールが実装されていなかったりというものがほとんどです。

だからこそ、TwitterやLINEグループなどで対戦相手を探して・・・
という作業を強いられているのです。


それらの問題を打破し、

それがこのTaiboです。


申し遅れました。
私、絵虎(@wesupo_etra)と申します。

音楽活動をしていた昨年の私

偉そうにeスポーツを語ってしまいましたが・・・
実はガチゲーマー歴は2年くらいです。

「その歴で語るなよ」と思われるかもしれません。

ただ、自分はかなり短期間で
経験ゼロ→中級プレイヤーへと成長したと言われます。
ゲームへの情熱なら負けません。
今は上級者を目指しています。


なぜ短期間で対戦が上手くなったのか?

コンピュータ対戦ではない、人間同士の技術と精神のぶつかり合いは、ジャンルやタイトルを問わず私たちプレイヤーを成長させてくれます。
それと同時に、同じ情熱を持った仲間との出会いもとても大きいと思います。

そう確信し、私はオンライン大会を開き、eスポーツサイトであるWeスポを立ち上げました。
→Weスポはこちら


歴の浅く実績も乏しい私が大会を開いたところで、果たして集客できるのか?

不安はありましたが、結果はなんと237人もの参加者が集まりました。
(ぷよぷよにおいて非常に多くの方が参加したと言って良いと思います。)

私はそう確信しました。



それは、自分も含め対戦ゲーマーたちがみな渇望していること。

対戦機会を増やせばいい。
そう口で言うのは簡単ですが、常に大会を管理するわけにもいかず、ランダムマッチではバラツキが・・・

そのためにはまず、対戦ゲーマーが切磋琢磨できる環境が必須。

だからこそ、対戦ゲーマーのためのプラットフォーム"Taibo"制作を絶対に成功させたいんです。


それでは早速、Taiboの機能を紹介します。



このアプリのメインコンテンツです。
この機能は、「気軽さ」にフォーカスして作りました。

もっと便利にこの機能を使うために、今後プッシュ通知機能やマッチング画面でのチャット機能の追加も考えています。


このアプリ最大の目玉です。

このTaibo独自のレーティングを使用し、階級別に分かれて行うオンライン大会や、初心者イベントなどを開いていけたらいいなと考えています。

※レーティングやランキングは、ゲームタイトルごとに分けます



Taiboを利用するプレイヤー同士でコミュニケーションを取ることができます。

画像にある通り、今後SNSのような機能を追加していく予定です。


現段階で追加していく予定の機能です。

もし目標金額以上の資金を集めることに成功した場合、こちらの機能追加に資金を優先的に回していきます。


まだ実装タイトルは確定ではありませんが、予定しているゲームタイトルは以下の通りです。

(引用元→https://www.smashbros.com/ja_JP/howtoplay/mode.html)

(引用元→https://thehikaku.net/pc/game/17tekken7.html)

(引用元→https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00005/091100045/)

(引用元→https://kakuge-checker.com/topic/view/04312/)


このアプリはまだ開発途中です。
だからこそ、支援者のあなたの声を反映することができます。

もし実装してほしいタイトルがあればぜひ教えてください!


支援してくださった方へのリターンについて、紹介します。

小雨音夏(こさめおとか)

まずはこの、小雨音夏ちゃんについて紹介します。

この子は、先ほど少し触れたeスポーツサイト「Weスポ」の制作時に生まれた、Weスポのサポートキャラクターです。

Weスポではeスポーツタイトルの対戦や大会、イベントなどを取り扱っていきますので、もちろんTaiboもWeスポのひとつとなります。

今後はTaiboを含めたWeスポの活動のサポート役として、いろいろと手伝ってもらいます。


そして、今回はその手始めとして、小雨音夏ちゃんのオリジナルグッズを支援者へのリターンとして制作します!

・オリジナルポストカード(3,000円)

 148mm × 100mm

・オリジナルフェイスタオル(5,000円)

840mm × 340mm

・書き下ろしイラストのオリジナルのぼり旗※(12,000円)

1,500mm × 600mm

ここでしか手に入れられない小雨音夏グッズですので、ぜひゲットしてみてください!


※のぼり旗は、チチ(棒を通すヒモ)なしで制作するので、布ポスターのようなイメージです。


・お礼メール(500円)

支援したいけど、あんまりお金を出せない・・・

そういう方のために、500円のリターンを用意しました。

感謝の気持ちを込めて、メールを送ります。


・感謝の手紙(3,000円)

リターンはグッズじゃなくてもいいかな、という方は手紙はいかがでしょうか?

私絵虎が丹精込めて一枚一枚書いて、感謝の手紙を送ります。


・Taiboのロゴ入りステッカー(3,000円)

※まだロゴが完成していないので、この画像はイメージです。

手軽で、かつシンプルなリターンが欲しい方におすすめです。


・サポーター(10,000円)

Taiboのサポートメンバーの一員として、サイト(Weスポ)に名前を載せます。


・プレミアムサポーター(30,000円)

Taiboのプレミアムサポートメンバーとして、サイト(Weスポ)とTaiboのPR動画に名前を載せます。

・スポンサー(100,000円)

Taiboのスポンサーとして、サイト(Weスポ)とPR動画にロゴをわかりやすい場所に掲載します。


さて、いざアプリ開発をするぞ!
と意気込んでみたものの、開発費用がかかるということをすっかり忘れていました。。

調べて見積もりをもらった結果・・・

「アプリ内のイラストとかは自分で描けばいいし、目標金額は20万円だな。」

そう思い、試しに小雨音夏ちゃんを描いてみたのですが

※小雨音夏ちゃんです

・・・秒でプロのイラストレーターさんに頼むことにしました笑

というわけで、支援していただいた資金の使い道の内訳は以下の通りです。

開発費用・・・20万円
イラスト費用・・・7万円
リターン制作費/配送費用など・・・3万円


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

今回のこのプロジェクトが私の夢の第一歩です。

なので皆さん、応援と支援のほど、よろしくお願いします!!


※支援のやり方がわからないという方へ

そういう方のために、しみさんという方がわかりやすく解説してくれている記事があるので、

支援のやり方がわからない方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

https://blog.hanauta18.com/entry/cfshien

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください