自分が「何者かである」という意識に守られたくて、今思えばばかばかしくなるくらい人を気にしていっぱい。「周りよりすごい自分」でなければ存在価値がないのだと、そんな妄想にとらわれた女の子が肩の力を抜くまでのお話。悩んで悩んで日々を生きる若者の姿を全力で具現化します。詳しくは本文をお読みください。

プロジェクト本文

あらすじ

みんなの憧れ・清楚系ミスコンファイナリストの朝霧みゆ。丁寧な言葉遣い、絵に描いたような乙女らしさを備え、サマンサの鞄を肩に更新する彼女のSNSには秒速でたくさんのいいねがつく……そんなキラキラ女子には、実はとある秘密があった。誰もいない帰り道、お気に入りのサマンサを両手に抱えた彼女は突如鞄の中に向かって叫ぶ––「疲れるんじゃあほんだら!!」

そう、実は彼女は地方出身の超絶ガサツ女子だったのだ。憧れの東京に馴染むべく、そしてシティボーイの彼氏をゲットすべく、鉄壁ガードで清楚系を演じては、溜まった鬱憤を鞄にぶちまける……それがみゆの日常だった。そんなある日、ついに憧れの先輩・天津雅樹からデートのお誘いが。胸躍らせて向かった待ち合わせ場所には、なぜか冴えないサークルの方言男子・草野龍也が……!?


はじめにとプロジェクトをやろうと思った理由、実現したいこと

【監督あいさつ】

はじめまして。この度、『叫べ!サマンサ』の監督を務めます、HIROKICHIと申します。普段は土日を中心に写真(ポートレート)を撮っている24歳です。今回は映像作品を撮影することに決めました。まず、どんな作品を作るか考えた際に、ある人を思い浮かべました。それが丸山さんです。丸山さんは僕が大学生の時、エキストラとして撮影現場に行った「なんでやねん受験生」の監督さんです。作品をTVで見た時「すごい、、、。」と思いました。丸山さんの書く作品が好きなのです。いつか一緒に作品を作りたいという思いから脚本をお願いしました。

・映画作りについて
今回本格的に映画を撮ります。キャストもオーデションしました。スタッフも多くの人に協力をいただいています。映画を作る大変さ、難しさ、楽しさを実感しております。
「笑顔を届けたい」
これは僕のモットーです。
どうしたら人を笑顔にできるか色々な方法を考えてきました。今回はこの作品を見てもらい多くの人に笑顔になってもらえたらなと思います。

・この作品にかける思い

本気です。やるからにはすばらしい作品にします。
キャスト、スタッフと共に話しながら悩んで助け合って作品作りをしていきます。
映画祭も受賞を取りたい。上映会も大きなキャパでやりたい。
映画館で上映されたい。等、思いはたくさんあります。
自主制作だからこそ、撮れる作品があると思います。
ご支援してくださる方を含めこの作品に携わった人全てが
関わってよかったなという作品にします。

【脚本家あいさつ】

はじめまして。この度、『叫べ!サマンサ』の脚本を担当させていただきました、まるやまみなみと申します。普段は関西を拠点に、通信大学で学ぶ傍ら演劇の劇作や演出をしている23歳の女です。かれこれ5年前にフジテレビのドラマ甲子園という企画で私が撮らせていただいた『なんでやねん受験生』というドラマ作品があるのですが、その撮影にエキストラで参加してくださっていた小林さんが数年越しにアプローチしてくださり書くことになったのがこの脚本です。最初頂いた注文は「上京してきた関西弁のヒロイン」だったかと記憶しています。上京というと実は私にも経験があり、そのとき感じていた気持ちをベースとしてこのお話を書きました。ミスコンに出たとか、モテていたとかいう事実はまったくありません。ただ漠然と「置いていかれまい」と焦っていた記憶があります。神戸の片田舎からとつぜん東京という街に出て、あまりの人の多さに、建物の大きさに、世界のめまぐるしさに辟易とし、その中で自分自身の足の踏み場を確立させようと必死でした。足の踏み場をただ探せばよかったのだとあとから思いますが、当時は自分の足元を見ることより周りの背丈ばかり気にして、自分がその実どれくらい地に足をつけて立っているのか考える気すらなかったような気がします。たくさんの個性の中で、自分が「何者かである」という意識に守られたくて、今思えばばかばかしくなるくらい人を気にしていっぱいいっぱいでした。要は、東京という場所で自分自身を見失って「周りよりすごい自分」でなければ存在価値がないのだと、ひとり勝手に焦っていました。実際はそんなことないのです。東京が私にそれを求めたというのも単なる錯覚、妄想にすぎません。そんな妄想にとらわれた女の子が肩の力を抜くまでのお話が、この『叫べ!サマンサ』であります。この作品が完成され、皆様に届くよう、お力添えいただけますとたいへんありがたく思います。よろしくお願いいたします。


自己紹介

監督 HIROKICHI

土日をメインに写真(主にポートレート)を撮影。

現在まで制作会社、エキストラなどで映像技術を独学で学ぶ。

HIROKICHI Instagram

脚本 まるやまみなみ。(劇団平西まるぷろ。)

CSフジテレビ主催の第2回ドラマ甲子園で大賞を受賞 

「なんでやねん受験生」

第15回文芸社えほん大賞にて優秀賞を受賞

劇団平西まるぷろ。

キャスト

朝霧みゆ役

堀越ゆりか

堀越ゆりか Instagram


草野龍也役

島林瑞樹


島林瑞樹 Twitter


天津雅樹役

三鈴晃幹

三鈴晃幹 Instagram


深井沙良役

笠井海夏子

笠井海夏子 Instagram


高良真由役

本瀬愛梨

本瀬愛梨 Instagram



リターンについて

1000円プラン

・監督、脚本家よりお礼のメッセージ
・クレジットにお名前掲載
・オリジナル限定ポストカード4枚

3000円プラン

・監督、脚本家よりお礼のメッセージ
・クレジットにお名前掲載
・オリジナル限定ポストカード4枚
・写真集(メインキャストの写真集です。)

5000円プラン

・監督、脚本家よりお礼のメッセージ
・クレジットにお名前掲載
・オリジナル限定ポストカード4枚
・特別上映会にご招待します。
(8月を予定しています。監督、脚本家、メインキャスト登壇予定)

10000円プラン

・監督、脚本家よりお礼のメッセージ
・クレジットにお名前掲載
・オリジナル限定ポストカード4枚
・サイン付き写真集(メインキャストの写真集です。)
・特別上映会にご招待します。
(8月を予定しています。監督、脚本家、メインキャスト登壇予定)

30000円プラン

【全部プラン】
・監督、脚本家よりお礼のメッセージ
・クレジットにお名前掲載
・オリジナル限定ポストカード4枚
・サイン付き写真集(メインキャストの写真集です。)
・特別上映会にご招待します。
(8月を予定しています。監督、脚本家、メインキャスト登壇予定)
・上映会終了後、メインキャスト、監督と集合写真写真撮れます。
・作品DVD(映画祭、応募後のお渡しになります。)
・作品台本(映画祭、応募後のお渡しになります。)
・主題歌CD(映画祭、応募後のお渡しになります。)

↓希望者のみ
・監督があなたの写真を撮ります。
(プロフィール、カップル、前撮りなんでもお受けします。)

資金の使い道

・キャスト、スタッフギャランティー
・ロケ費
・機材費
・上映会費
・映画祭出展費
・レコーディング費
・グッズ作成費


実施スケジュール

3月中旬 オーデション実施(63名の皆様ありがとうございました。)

3/29-4/5 撮影

4月中旬〜 編集開始

5月上旬 主題歌レコーデング

6月 完成予定

7月以降 映画祭出展

8月 上映会


最後に

キャストの皆さん、スタッフのみなさん、
そして支援してくださった皆さんとともに作る作品です。
最高の作品にします。全員がチームとしてこの作品に携われたら
いいなと思っております。
上映会も素晴らしい上映会になるように準備してます。
ぜひ、大きいスクーリンで本作を見て欲しいです。

どうぞよろしくお願いいたします!!



本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/06/08 15:36

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2020/06/03 21:35

    ついにこの日が来ました!クラファン最終日!!本当に多くのご支援をいただきありがとうございます。無事に撮影も再開し、撮影も残すところあと1日になりました。本当に撮影が楽しいです。この作品の撮影が終わってしまうのは寂しいですが、最高の皆様で作品作りができています。皆様のご支援のおかげで、上映会もリ...

  • 2020/06/02 21:27

    撮影再開しました!ソーシャルディスタンスやマスク、消毒など徹底して撮影を行いました!やっぱ撮影はいいですね!!何枚か撮影風景を!!どんなシーンの撮影だったのかは完成をお待ちください!!そして、作品を彩るキャストさんを追加で紹介します!大家さん役 冨田智さん冨田さんはスタッフもやってくださってま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください