昨年11月にオープンしたスパイスカレーの専門店『かれへぇ スパイス商店』と申します。順調な滑り出しをしていたように感じておりましたがコロナウィルスの影響を受け来店者数は激減。このままでは資金ショートは確実です。支援してくださるファンの方を増やしたいとクラウドファンディングに挑戦させていただきました。

プロジェクト本文

はじめまして!この度は私どものプロジェクトをご覧いただき誠にありがとうございます。

まずはじめに自己紹介とクラウドファンディングに挑戦までの経緯の紹介をさせていただきます。


粒子状の様々な香りは思考を鈍らせ
華やかで豊かな色彩は感情を揺らす
独自の解釈と新たな技法で紡がれた
確かな旨味と遥かな刺激が構築する
唯一無二なスパイスカレーの専門店

「かれへぇ スパイス商店」
curryhey spice market


はじめまして!かれへぇスパイス商店を営んでおります、uekichi(うえきち)こと、本名は植木拓馬と申します。 

店内にて!

自己紹介

アパレル業6年→飲食業10年→ワイン酒場開業5年→かれへぇスパイス商店にリニューアル

1979年(昭和54年)9月6日生まれ

乙女座

AB型

金星人(-)

働き盛りな性別㊚の40歳

趣味は仕事とダイエット。旅行、飲む事、食う事大好き

カレー屋開業準備の度重なる試食で体重10kg増量


 ※試食とは一口の旨さではなく一皿たいらげた余韻まで感じてみるべき。

  が持論の為、日に何食も食べて太りました。

  決して当店のカレーが太りやすいのではありません!


「かれへぇスパイス商店」店名の由来

私どもの店の名前はスパイスカレーを軸としながらも、スパイスを使った様々な商品を開発していきたいとの想いを込め、まずは「スパイス商店」と決まり。

頭に商品名のカレーを付けて分かりやすくするのが目的でしたが

カレー → かれー → かれえ → かれへ → かれへぇ と、脳内で変化してしまい

気づいたら「かれへぇ スパイス商店」となっていたという由来がございます。

目印はへぇ

「かれへぇ」が完成するまで

元々は2014年、東京の端っこ足立区の保木間という所でナポリピッツァが自慢のワイン酒場を開店し5年間営んでおりました。

当時の店内

窯が壊れて提供できなくなった当時のピッツァ

当時のシンプルなパスタ

当時の肉!

昨年、私が40歳という節目を迎えた事。周辺の人の流れと環境の変化、時代の流れを読んだ結果、夜のアルコールが主軸だったワイン酒場をリニューアルすることに決めました。

というのも、裏で密かに研究と開発を進めていたオリジナルの個性強めカレー。(今でこそこれをスパイスカレーと呼ぶ。)

これをいつ世に出すかと決めかねていたのですが、近年のスパイスカレーブームの功績で個性的なカレーを世の中が許容し始めたのを感じ取り、今こそ狼煙を上げる時と判断。

個性強めなスパイス感と旨味が凝縮したオリジナルカレーを堪能できる食事が主軸の店へのリニューアルを果たす事ができました。


「かれへぇ」の看板商品

当店の主力商品は無添加無化調、グルテンフリーが嬉しい数種類の厳選したスパイスを使用したキーマカレーと骨付きのチキンカレー。

手前がチキン&キーマカレーのあい盛り

副菜のサラダのドレッシングには特にこだわり、ホールスパイスをふんだんに使いカレーの味変としても楽しめるよう研究に研究を重ねたオリジナルスパイスドレッシング。

和風の出汁で浅漬けにしたクリームチーズもアクセントとして良い仕事をしてくれます!


デザートには濃厚濃密が売りのシナモンプリン。

(日持ちしないのでコロナの影響が収まるまでお休み中。)

昭和なハード系プリン

さらに、スパイスカレー屋としては珍しい麺類。極太の中華麺を使用したキーマなまぜそば。略して「きーまぜそば」を提供しております。

きーまぜそばドアップ!パクチートッピング!

安定の「スパイスカレー」、個性あふれる「きーまぜそば」の看板商品はじわっと話題になり、へんぴな場所にありながらもお客様に恵まれ順調な滑り出しを感じておりました 。

2月までは。。。

コロナウィルスの猛威

コロナウィルスの影響がじわじわと出始め、2月前半ころの外出自粛要請、さらに近隣の小中学校休校の影響から団体様の予約キャンセルが相次ぎ、これからというところで店の売り上げの激減に襲われ一気に存続の危機に直面してしまいました。

3月後半、桜も咲き暖かい日が増えてきましたがコロナウィルス収束の目処は立っておらず、何もしなければ今後も経済は低い水準で停滞。我々飲食店の売り上げも例外なく低迷し続けると予測しております。

マイナスがかさみます。。。

はじめてのクラウドファンディング

そこで店の存続のため空き時間にはアルバイトを行い、さらに金融公庫からの融資を進めておりますが融資では根本の改善には至らないのは明白。

他に何かできないかと模索していたところ、同じような境遇でクラウドファンディングを利用している記事を見て「これだ!」と思い行動に移す事を決意いたしました。

クラウドファンディングでは

当店を知って頂くこと。

従来の飲食店のビジネスモデルとは違う形で販売すること。

新しい飲食店経営につながるのではないかと期待してチャレンジさせて頂きます。


リターンの選定

ただ商品を売る、支援を募る。では、人の心には響かない。

そこで

1、記憶に残る。

2、長く続く。

3、希少性。

この3つのワードを念頭に置きつつ支援者様が納得できるようリターンを用意させて頂きました。

明るい店内。存続させてください!

資金の使い道

CAMPFIRE掲載手数料+決済手数料を引いた部分を、コロナウィルスの影響による売り上げ減少を補填する資金として使わせていただきます。

主に

店の固定費:約35万円

人件費:25万円

の支払い。火災保険、店舗の更新費用が6月。税金の支払いも

最後に

これが初めてのクラウドファンディングです。他の方の様々な提案を見て自由度の高さにびっくりしております。

今回私どもは、コロナウィルスの猛威による来客数の激減。店存続の危機から脱する事を目的とし、大急ぎでリターンを考え、大急ぎで準備にとりかかっております。

この危機を脱する事ができれば次は、ゆとりを持って考え準備できますので、さらにもっともっと美味しく面白く支援者様に喜んでいただける企画を続けていこうと企てています。


次のリターンは遠方の方にも楽しんで頂きたいので看板メニューを冷凍商品に!

すぐに、冷凍きーまぜそば開発にとりかかっております!

※4/9追記

思い描いていた冷凍きーまぜそばを作るのに毎月1万食が条件とのことで。。。

引き続き冷凍きーまぜそば商品化を進めますが個人レベルを遥かに超えた数量で時間と体制を作るのにとてつもなく時間がかかりそうなので、まずはレトルトにて進めることにいたしました。

期待されていた方には申し訳ございませんが、時間をかけてでも実現させますので楽しみにしていてください!


最後に

東京の外れ、足立区保木間のスパイスカレー専門店 「かれへぇ スパイス商店」

コロナウィルスの影響により来客数の激減。存続の危機に面しております。

どうか暖かいご支援、よろしくお願いいたします。


かれへぇスパイス商店

 代表:植木拓馬(私本人。)

 従業員:の〇〇ってぃ(名前非公開希望。)

の2人で奮闘しております!


東京都足立区保木間3-31-17 2F

かれへぇスパイス商店の インスタグラム  ツイッター  やってます!よかったら覗いてみて下さい!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※このプロジェクトに関わる全ての画像は自分で撮影したもの、作成したものになります。

  • 2020/05/18 18:54

    こんにちは!かれへぇスパイス商店の植木です!先ほどプロジェクトのリターンの準備が整いました!お店で使える1000円のチケットと、食後のコーヒーが無料で付くカードです(発行枚数が少なかったので手作りカードになってしまいました。笑)お手元に届くまでもうしばらくお待ちください!

  • 2020/04/13 18:31

    今できる新たなプロジェクト!超濃厚で超濃密マスコバド糖を使用したやわらかい甘さとカラメルソースのほろ苦さ漂うシナモンの優しい香りの『自家製シナモンプリン』これをホール(店では6人前)で販売する準備が整いました!※写真の奥に移るクリームとチェリーは付きません。つい最近まで店内で提供していましたが...

  • 2020/04/04 11:22

    クラウドファンディングの活動報告ではありませんが、コロナウィルスの影響として報告させて頂きます!平日夜間と週末、不要不急の外出の自粛要請が東京都知事から出され、その口調は日に日に強くなっており私どもの地域では区の野外アナウンスでも伝える程になってきました。これにより様々な業種に影響が及び、それ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください