Vibramの最高級アウトソールを採用3層になった大人のハイテクスタイル快適で耐久性に優れたデイリーシューズ

プロジェクト本文

今回ご紹介する2つの「ローリングゲート」モデルは、TOUCH GROUNDが、これまで頭の中で夢見てきたスニーカーの組み合わせを一つ一つ導入したモデルです。デイリーで一日中快適に過ごせるハイエンドスニーカーのディテールの感性を引き出すことに努力しました。

タッチグラウンドはアメリカンヴィンテージライフスタイルのコンセプトを持つブランドで、スニーカーをメインに生産しています。特に1970〜1990年代の間に出てきたヴィンテージの商品をオマージュして、それをタッチグラウンドの感性で復刻しています。

TOUCH GROUNDの数あるコレクションで私たちはどのようなシューズが良いかと自問しました。

自分が良いシューズだと思う基準は人それぞれ異なります。 それは正しい答えはないのですが、やはり基本はもっと快適であることです。

そして、2020年に、Touch Groundは7年のブランド立ち上げ後、公式輸入業者であるLienson PartnersとVibram Outsole契約しました。 私たちが「Vibram 」選択をした理由は、それが長期的な信頼に基づいて最も満足のいくイタリアの高級アウトソールブランドであり、それが私が欲しかったデザインに最も適していたからであり、何よりも、着用したときの満足感です!

ウェーブサーフィンホワイトローリングゲート

タッチグラウンドのサーフィンローリングゲートは波打つ波からデザインのインスピレーションを受けてデザインしました。最上級のプレミアムレザー、ポリウレタンインソールラテックスの中底を使用して、アウトソールには、世界的に有名な"ビブラム"ローリングゲートシステムを使用しました。日常生活の中で一つのスニーカーを選択する必要があるなら是非、ローリングゲートシリーズを選択してください!

│クライムマウンテンホワイトローリングゲート

タッチグラウンドのクライムマウンテンローリングゲートは急登山のための登山靴からインスピレーションを受けてアウトドア用靴紐リングと甲革補強を入れてデザインしました。ウェーブサーフィンローリングゲートと同様に、最上級のプレミアムレザー、ポリウレタンインソールとラテックス補強ソール、そして、アウトソールは、"ビブラム"のローリングゲートシステムを使用しました。


プレミアムスニーカーでデザインに劣らずレザーで作るクオリティの重要性を比較するためにタイプの違う2つのレザーでシューズを開発しました。左側は今回使用されるプレミアムなレザーで、右側が一般的にレザーのスニーカーに使用するノーマルレザーです。2つを比べてみるとプレミアムレザーは、革が肉厚で柔らかく、ほのかな光沢があり、ノーマルなレザーは、革は相対的に薄く堅く、光沢感がありません。

着用したときは、その感じがさらに明確です。プレミアムレザーは、長時間着用時にも革がしなやかで柔らかいが、ノーマルレザーは比較的ハードなため、足が馴染むのに時間がかかり、疲労感が上昇します。タッチグラウンドで今回製作するハイエンドスニーカーを実現するために、高価なプレミアムレザーを採用しました。

裏地の素材は表面に見えることはありません。しかし、タッチグラウンドのハイエンドスニーカーは履いたり、脱いだりする際の感触、そして身に着けている間の足に伝わる最高の印象を伝えるために、合成皮革やマッシュ素材ではなく、豚皮のレザーを使用しています。 

実際に使用しているレザー


│一般的なソールとポリウレタンインソールの違い

一般的なスニーカーのインソールは5mmのEVAインソールを主に使用します。しかし、私たちが製作したローリングゲートモデルのインソールは17mm高弾性ポリウレタンインソールを使用しました。 二つのインソールは、見た目も大きく異なりますが、実際着用してみると明確な違いを感じることができます。ポリウレタンインソールが与えるクッション性と弾力性を直接体験してください。

│一般の中底とラテックスの中底の違い

一般的に、靴を製造する際に、裏地にはハードな紙の質感のものを使用します。しかし、その部位にラテックスフォームを敷くことで、これまで感じられなかった雲の上を歩くようなクッショニングを感じることができるようになります。 タッチグラウンドのスニーカーは、主にポリウレタンインソールが衝撃吸収、さらに、ラテックスフォームが衝撃吸収することができ、そして3つ目は、"ビブラム"のローリングゲートソールが衝撃を吸収し、分散してくれます。 

今回ご紹介している2モデル共に同じにビブラムローリングゲートシステムが適用されました。 

長時間の歩行にも疲れを少なく感じさせるビブラムローリングゲートシステム(ROLLINGAIT SYSTEM)です。 ローリング(ROLLING)の回転、転がり+ゲート(GAIT)名前のように車輪のようにカーブが生きている形でウォーキング時に車輪が地面を転がるように滑らかな接地が起こり、これは歩行者のエネルギー消費量を減らし、効率的な歩行( ENERGY OPTIMIZING)を助けてくれるシステムです。 

vibram公式ページRollingait Systemテスト映像


圧縮成形EVA(ミッドソール)


│アウトソールのブランド"ビブラム"のイノベーションプロセス

 1936年、イタリア山岳会のヴィターレブラマーニ(Vitale Bramani)が悲劇的な事故を経験した登山から戻った後、タイヤを作る原理と同じ技術の方法で開発、この独創的なアイデアでビブラムは始まりました。

このようにビブラムが刻印された初期のゴム底が誕生することになり、彼の姓と名の文字を組み合わせて「ビブラム(Vibram)」とブランド名を決めました。長年にわたるビブラムの重要な新開発、新製品の立ち上げと発表そして技術の特許は、継続的に技術革新を追求するブランドです。

このユニークな黄色の八角形のロゴは、75年以上に渡ってビブラムの品質と機能性、安全性と革新性と創造的なデザインを象徴しており、最初の登山靴のゴム底を製造した後、ビブラムは、靴業界で技術革新と成功の基準点として認識されています。安全性と保護性を向上するために誕生したビブラムのアウトソールは、全世界にその名声は広く知られており、これの継続的な研究開発に努力を傾けた結果です。

ポリウレタンインソールは長い時間着用時にも一般的なEVAインソールに比べてクッションの弾力性と復元力に優れています。 

ポリウレタンインソールの驚くべき回復力

熟練した靴の製造職人たちによって製造します。

ウェーブサーフィンローリングゲート

波打つ波からインスピレーションを受けて作られたデザインで、アッパーのパーツごとにウェーブ状のプレミアムレザーが適用されました。

モデル着用39サイズ(250〜255)

クライムマウンテンホワイトローリングゲート

登山靴からインスピレーションを受けてアウトドア用靴ひもリングと補強を入れてデザインしました。

モデル着用39サイズ(250〜255)

TOUCH GROUND公式サイト


プロジェクト実行者「LISTYC」について株式会社リスティックは、横浜市を拠点に2018年4月に開業した会社です。開業前のイタリア国内でのビジネス経験を活かし、ライフスタイルを豊かにする製品を扱う海外企業やアーティストのアジア・日本進出に伴う販売代理業務サポートを致しており、この度CAMPFIREにて、「TOUCH GROUND」の日本正規販売代理店としてプロジェクトを実施させて頂くことになりました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

リスクとチャレンジ
このプロジェクトは、日本市場での製品の安定した提供を目指すための購買型クラウドファンディングの提案です。すでにこちらの製品は、生産背景は完備されておりますが、予想以上の方々からご支援があった場合、お届け時期が遅れる可能性もございますので、その点予めご考慮頂きご支援頂ければ幸いでございます。


  • 2020/05/28 16:40

    こんにちは。この度は、TOUCH GROUNDスニーカーをご支援頂きありがとうございます。お待たせ致しておりましたスニーカーを本日発送いたしましたのでご案内申し上げます。お届けまでしばらくお待ちくださいませ。ありがとうございました(株)リスティック

  • 2020/04/30 19:53

    ご支援者の皆さまこの度は、CAMPFIREプロジェクト「TOUCH GROUNDスニーカー」にご支援を頂き、誠にありがとうございました。プロジェクトは終了いたしました。ご支援を頂き、誠にありがとうございましたリターン製品の発送は、5月下旬までのお届けを予定致しておりますので、お届けまでしばらく...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください