祖父母が残してくれた家を地域活性化のためもWedding Designサロンとして活用したい。祖父母の子供たちはすでに他界したり、高齢化のため、私たち孫たちで何とか昔のように人の集まる場所に再生したいと思っています。 熊本県八代市の地域活性化のために、結婚式の魅力を発信し、魅力ある場所へ。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

初めまして
宮崎ゆかと申します
私は長年結婚式の仕事に携わってきました
これまで約2000組のお客様を担当させて頂きました
コロナの影響で仕事が全て延期になり辛い日々を送っていますが
『結婚式をあげよう!』と声を上げ続けたいと思っています
結婚しない人、結婚式を挙げない人が増えるこの時代に
なんとか結婚式の良さを伝導していきたいと思っています


このプロジェクトで実現したいこと

コロナの影響で仕事がなくなり、
改めて「結婚式」という仕事を大切にしたいという想いが強くなりました。
祖父母が残してくれた家を再生し、Wedding Design サロンを立ち上げたいと思っています
結婚式をもっと敷居を低く、自宅でもできる結婚式や、思い出の場所での写真撮影など。
衣装もリーズナブルに、そして1回のレンタルで何度でも着れるプランなどを用意し、
結婚式を楽しんで欲しいと思います。
そして私が幼少期を過ごした故郷に活気を戻し、地域の活性化にも貢献したいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

昨年まで叔父が住んでいた家ですが、亡くなった事で空き家になってしまいました
その家は、祖父母が残してくれた家で、私自身も小学校に入るまで住んでいた家です
その子供たちはすでに亡くなったり、高齢で、引き継ぐ事が叶いません。
なので、私たち孫たちが再生しようと立ち上がりました。
子供の頃に過ごしていたように、人の集まる家を取り戻したいです。


これまでの活動

結婚式の仕事に携わって約20年。約2000組のお客様を担当してきました。
Hawaii Weddingでは、人前式の司会も担当しました。
その他、水族館や都電、西武鉄道での司会など。
また、最近では『Flower Wedding』の人前式を行ったり、10周年の記念撮影で和装撮影のお手伝いもさせ
て頂きました。
これまでの経験を最大限に生かしながら、これまでの結婚式のイメージを崩すような寄り添った結婚式を作り上げていきたいです。


資金の使い道

1.祖父母が残してくれた家のリフォーム

2.ドレスの仕入れ

3.インテリアの購入

4.数ヶ月のランニングコスト


リターンについて

<3000円>サロンができたらボードにお名前を飾ります


<10000円>お気に入りの写真をパネルにして提供


<30,000円>カラードレスレンタル券提供


<200,000円>アニバーサリー撮影券提供


実施スケジュール

場所は、熊本県八代市です
ドレスの仕入れ先はすでに決まっております
場所も祖父母の家なので、リフォームにかかる期間にもよりますが
希望としては来年オープンしたいです


最後に

祖父母の残してくれた家をどうするかを孫たちで話し合いました。
残すにはお金もかかります。
でも、全員一致で『残したい』という事に決めました。
大切な思い出の詰まった家を、なんとか人の集まる、幸せ溢れる場所にしたいです。
そして、少子化や地域活性化にも貢献できればと思います。
祖父母への想い、親への想いを、孫の手で繋いでいきたい。そんなプロジェクトです。


<All-or-Nothing方式の場合>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください