プロジェクト本文

障害犬なこちゃんに幸せに暮らしてもらいたい!

 2014年12月。福岡県広川町の空き地でダンボールの中にずぶ濡れで捨てられてた なこちゃん。動物病院に運ばれた結果、腰の骨が折れており、下半身が不自由であることが判明しました。現在は老人ホームに引き取られ、排泄のケアをしてもらいながら、「癒し犬」として施設の皆さんに可愛がってもらっています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

なこちゃんの頑張りが多くの皆さんの癒しになりますように、情報をお伝えしたいと思います。そして、皆様から支援をいただけましたら幸いです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

老人ホームのスタッフが毎日2回オムツを代え、排泄介助をしてくれています。

月500円のご支援を皆様からいただくことで、なこちゃんへの支援の輪が広がり、優しさで人がつながれたら嬉しいです。

▼これまでの活動

【2014年12月】

福岡県 広川町の空き地で発見

 拾い主のご厚意で動物病院へ

 腰椎骨折/下半身麻痺/排泄障害の診断が下される

 

【2015年1月】

 引き取り主の地 筑豊へ

 個人により介助支援を受ける

 

【2015年10月】

 引取主の勤務近くの老人ホームへ引っ越し

 ホームのスタッフが介護し

 ホームの入所者が散歩させ

 なこちゃんは施設の「癒し犬」に

 

▼資金の使い道

ドッグフード、オムツ、シャンプー、予防注射、治療費、その他必要な備品の購入、運動を支援するための環境整備にしようしたいと思います。

▼リターンについて

金品のリターンはありません。なこちゃんの情報でほっこりいただけるよう、情報のリターンをお届けしたいと思います。

▼最後に

障害を持つ存在が、普通に社会の中に溶け込んでいる日常に、人間社会の素晴らしさを実感しました。そんな素晴らしさを皆様にもお届けできれば嬉しいです。

なこちゃん、ありがとう。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください