「何者でもない僕らの時間…」 ENBU卒業作品の制作・映画祭出品費用の支援をお願い致します!

プロジェクト本文


あらすじ

----------------------------------------

「狭苦しいこの場所から抜け出したい。なんでもいいから何かになりたい」

そんな気持ちで上京してきた優(ユウ)は何をしても上手くいかず中途半端な日々を過ごしていた。ある日優は、貯金が底を尽き途方に暮れていたところパパ活で生計を立てている雪(ユキ)と出会う。


友達でも恋人でもない、2人の不思議な生活が始まるーー。


子供以上大人未満、何者でも無い自分たちの存在を見つけるために不器用ながらも "今" と向き合っていく話。

----------------------------------------


キャスト

瑠己也/櫻井成美

山下徳久/大澤由理/坂城日日/いとうたかし

三木一輝/林祐貴/佐藤大樹


はじめに・ご挨拶

初めまして!ENBUゼミナールという映画学校で映画について学んでいるシオヤ(21)と申します。

この度はこちらのページに興味を持ってくださり感謝致します!

今回、監督2作品目となります自主映画『イノセントデイズ』は超二十代の今しか作れない等身大の映画になっていることと思います。

初のクラウドファンディングですが、皆様の温かいご支援をいただければ幸いです。


プロジェクトをやろうと思った理由

前回初めての映画を制作した際、思っていたよりたくさんの人に助けられ一つの作品ができたと強く実感しました。

今回も既に多くの方のお力添えをいただき制作がスタートしております。

初映画を作る前『映画は人をたくさん巻き込んで作れ』と、とある方からお言葉をもらいました。

もっと多くの人と関わり合い、何かを作り上げる喜びを分かち合いたいと思いこのプロジェクトの開始を決めました。


資金の使い道

人件費(キャスト・スタッフ)15万円
撮影費用(機材・場所代・食事等)8万円
都内上映会・映画祭出品費用 10万円
(うち、15万円は、自己資金にて捻出)


リターンについて(左)ユウ (右)ユキ


<All-or-Nothing方式>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。

目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


①お礼のメッセージ

監督、主演2人よりお礼のメッセージをお送りいたします。


②エンドロールにお名前頂戴(希望者のみ)

映画のエンドロールに感謝の気持ちを込め、お名前を記載させていただきます。

※支援時、必ず備考欄にエンドロールに掲載ご希望の名前をご記入ください。
  掲載を希望しない場合はその旨をご記入ください。


③オリジナルポストカード

今作のポストカードを提供致します。


④『イノセントデイズ』サイン入り台本

今作の台本をご希望キャストのサイン入りで提供致します。
※備考欄にてご希望のキャスト名をご記入ください。複数希望可。
  希望しない場合はその旨をご記入ください。


⑤『イノセントデイズ』DVD or Blu-ray

今作の本編映像を円盤化し提供致します。
どちらか希望形態をお選びください。


⑥『イノセントデイズ』上映会にご招待

東京都内にて7月の上映会を目指しております。
一部キャストと一緒にご鑑賞いただく予定です。


※当日の交通費、滞在費等はご支援者様負担となります。
※組でのご招待ではなく1名様でのご招待となりますのでご了承ください。


リターンにつきましては

7月頃の予定ですがコロナウイルスの影響に伴い実施を延期する可能性があります。

目標達成後、上映会を始め、必ずリターンの実施は行いますので何卒ご理解くださいませ。


実施スケジュール

3月 クランクイン
4月 クランクアップ
6月 クラウドファンディング終了
7月 リターン実施


最後に

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

私はこの映画で『逃げること』への肯定

それから『なりたかった自分になるのに、遅すぎるということはない』ということを伝えられたらと願っております。

過去を振り返るよりすぐ近くにある今を生きることが未来を見るために重要なのではないかと。

大変な時期ではありますが、明るい未来のために今を全力で走っていきます。

皆様のご支援ご協力、何卒よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください