ニューヨークの刺激的な空気を纏い、日本の高品質な材料を用いることで、他には類を見ない完成度と世界観の作品に仕上がっています。リリースに向けて、作品数をとにかく増やしたいです!世界中の人に認知してもらうためのセールスアプローチが目的です。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

2019年8月より、「livido(リヴィド)」という活動名のもと、ニューヨーク、ブルックリンを拠点に ハンドメイド” のファッションアートピース(主にバッグやベルト)の制作をしております。

芸術大学テキスタイルコースで学んだファイバーアートの経験をベースに、完全なるオリジナルのテクニックで、質の高い “日本製” の材料に拘り作品を制作しています。




このプロジェクトで実現したいこと

リリースに向けて、作品数をとにかく増やしたいです!
手作業で行う表現の可能性を秘めたテクニックなので、毎回作るごとに新しい発見があります。
豊富なバリエーションを作ることでその可能性を追求し、ブランドのより深いイメージを築き上げることが目標の一つです。


そして、ブランドの世界観を伝えるために必要な、資料作成やSNSのための作品撮影。
その後、その資料をもとに日本を含め世界各国のアートギャラリーやセレクトショップへのセールスアプローチを目的としています。

ニューヨークの刺激的な空気を纏い、さらに日本の高品質な材料を用いることで、他には類を見ない完成度と世界観の作品に仕上がっています。

3年以内には一つのブランドとして、世界中の人に認知してもらうことが今の目標です!


プロジェクトをやろうと思った理由

新しいもの、見たことがないもの、私にしか作れないものは何なのかを探る日々の中である時、このテクニックとデザインが閃きました。

テクニックとの出会いは、今から約8年程前、芸術大学でテキスタイルを学んでいた頃にまで遡ります。
ファイバーアートという繊維素材による造形の分野があり、その表現方法を用いて自由に作品を作るという課題がありました。

私はその課題で、繊維を使った彫刻物を制作したのですが、それまで他で感じたことがないほど夢中になり、無心に手を動かしている自分に気がつきました。
その時の内側から何かが湧き上がって来るような衝動を、今でもはっきりと覚えています。

 下の写真は、私が在学中に手掛けた作品です。

その後、テキスタイルから派生して服作りへの興味が芽生え、東京の文化服装学院にて学ぶことにしました。
しかし、ファイバーアートの授業で得た感動には至りませんでした。
むしろ、生産と消費が繰り返され、同じものを量産するファッション業界に属して自分が活動していくことに対し、本当にこれは私がやりたいことで、私に向いている表現なのだろうかと、ほんの僅かですが、違和感を感じていました。

そうした迷いから、自分が何になりたいのか、生涯を通して本当にやりたいことは何なのか、“自分のビジョンの輪郭をはっきりさせたい!” という思いが強くなり、大学時代から、将来的に世界で仕事をしたいという願望もあったことから、そのための英語習得も含め、ニューヨークへの留学を決心しました。

昨年2月より、ニューヨークでの生活を始め半年程過ぎた頃、デザインの閃きとともに、作りたいという衝動が湧き上がりました。

それは、あらゆる文化、人種、言語が複雑に絡み合うニューヨークの激しいエネルギーが、私の表現を抑圧とは無縁の自由な状態にさせ、当時の忘れられなかった衝動とリンクしました。

私はこの閃きにとても興奮したのと同時に、将来的にこのクリエーションが世界中に広がるビジョンがはっきりとイメージできました。


リターンについて 

今回、CAMPFIREをご利用の皆さまに以下のリターンをご用意いたしました。
金額は全て、送料・消費税込みの金額です。
①ハンドメイドタッセル    4種類
②ハンドメイドアクセサリー  4種類
③ハンドメイドバッグ     5種類
④セミオーダーメイドセット   3種類

① Hand Made Tassel

SS:@3,500 
※お色につきましてはランダムにお送りします。予めご了承ください。


S:@9,000
※Color variation:Jet Black(黒)、Foggy Pink(ピンクグレー)、Elm Green(暗い黄緑)

M:@15,000

※Color variation:Jet Black(黒)、 Multicolor


L:@20,000

※Color variation:Jet Black(黒)、 Multicolor



② Hand Made Accessories

1. Decorated Bracelet “TANGLE” @30,000※Color variation:
Jet Black(黒)、Pure(白)、Rust(バーガンディー)、Crimson(赤)


2. Decorated Bracelet “INFINITE”  @36,000


※Color variation:
Jet Black(黒)、Pure(白)、Rust(バーガンディー)、Crimson(赤)

3. Decorated Necklace“TANGLE”  @60,000

※Color variation:Jet Black(黒)、Pure(白)、Rust(バーガンディー)、Crimson(赤)


4. Hand Made Belt / Jet Black @95,000



*ベルト本体(メインの部分)のサイズにつきましては最長90cmまでお造りが可能です。サイズをご指定される場合はメールにてサイズの詳細をお伝えいただき、制作に取り掛かからせていただきます。
ご要望がなかった場合、レギュラーサイズ(63cm)でお作りいたします。



③ HandMade Bag

⒈ Oval Bag / Crimson, Jet Black 180,000


⒉ 2WAY Tongue Bag / RUST 190,000
⒊ TEMARI Bag / Foggy Pink, Jet Black 220,000


⒋ Square Bag / Elm Green 255,000


⒌ Square Tote Bag / Rust @340,000




④ Semi Order Made SET

⒈ Belt & M size tassel SET 120,000
※Color variation:Pure(白)、Rust(バーガンディ)、Crimson(赤)
*ベルト本体(メインの部分)のサイズにつきましては最長90cmまでお造りが可能です。
サイズをご指定される場合はメールにてサイズの詳細をお伝えいただき、制作に取り掛かからせていただきます。ご要望がなかった場合、レギュラーサイズ(63cm)でお作りいたします。


⒉ Square Bag & M size tassel SET 285,000

※Color variation:Pure(白)、Jet Black(黒)、Rust(バーガンディ)、Crimson(赤)、Foggy Pink (ピンクグレー)


⒊ Square Tote Bag & L size tassel SET 380,000

※Color variation:Pure(白)、Jet Black(黒)、Crimson(赤)、Foggy Pink (ピンクグレー)、Elm Green(暗い黄緑)

※ご使用上の注意
・作品は全てドライクリーニングでのお手入れをお願いします。
内側のロープと、外側のコードの素材が違うため、浸水によって風合い変わる可能性があります。
・色止めを施された材料を使用しておりますが、強い摩擦や、濡れた状態での摩擦は、色移りする可能性がありますので、お取り扱いにはご注意ください。

お届けは、9月中を予定しております。

経歴&受賞歴

2009/4 - 2013/3
名古屋芸術大学デザイン学科テキスタイルコースにてテキスタイルに関する基礎知識と技術を学ぶ。

2013/3
第40回名古屋芸術大学卒業制作展 優秀賞受賞

2014/4 - 2017/3
文化服装学院Ⅱ部服装科で服作りの基礎を学ぶ。

2017/2
文化服装学院卒業制作展 学院長賞・優秀賞(ダブル受賞)

文化服装学院卒業後は、NY留学の資金調達のため自身のリアルクローズブランドを立ち上げ、コレクションを3シーズン展開。
東京都内をはじめ、日本国内のセレクトショップにて販売。
東京、パリ、韓国ソウル等に店舗を持つ、某有名セレクトショップにもお取り扱いいただきました。

その後、留学目標額に達したため2019年2月に渡米し、現在に至ります。


資金の使い道

作品の材料費、撮影費、スタジオのレント費用、

リターン制作費、Campfire手数料、その他経費に充てさせていただきます。


実施スケジュール

2020年 6月
作品撮影

2020年7月
資料作成(日本語、英語)、SNSにて発信

2020年8月
リターン制作

2020年 9月
セールスのため日本に一時帰国
(※コロナウィルスの状況次第では延期する可能性があります)
アートギャラリー、セレクトショップへのセールス
世界各国のアートギャラリー、ショップへメールでのセールス

ご支援は2020年5月31日(日)まで募集いたします。
ご支援いただいた方には9月中にリターンを発送いたします。

最後に

私のクリエーションは、アートとファッションの中間に位置するものだと思っています。
全ては私の手作業から生まれ、これらの仕上がった作品は世界に一つだけです。

lividoという名前はイタリア語で「痣(あざ)」という意味がありますが、その名前の背景には心理学用語であるlibido、英語で生きる欲望「生欲」の意味を含みました。
libidoは、日常的には無意識の奥深くに抑圧され眠っていることが多いのですが、何らかの外傷的要因が引き金となり解放されたり、意識に浮上することがあります。

私が作ることで私自身の衝動を開放するなら、完成したアートピースが誰かの衝動を開放する引き金になると信じています。私の作品を手に取っていただいた方たちに、その無限性を時間をかけて体感してもらえると嬉しいです。

どうか、私のクリエーションを世界に発信するためのサポートをしていただけることを願っています!

Instagram



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/05/24 09:00

    これまでご支援くださった皆さま、活動の後押しをしてくださり誠にありがとうございます。コロナウィルスによって経済への影響が続く中でのサポートと、皆さまからの温かい応援のコメントには大変勇気をいただいております。心から感謝しております。今回のプロジェクトは、募集終了まで残り1週間となりました。おか...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください