目標達成!ネクストゴールに挑戦します

ご支援ありがとうございます。おかげさまで、当初の目標に設定していた2ヶ月分の運営費にあたる700,000円を達成しました。深く感謝申し上げます。

とはいえ、緊急事態宣言が全国に拡大されるなど、先行きは依然不透明です。営業再開後も当面は人数制限や貸切限定などの縮小営業を余儀なくされると考えており、6月以降の運営資金についても十分な見通しが立たないままとなっております。残りの日数で、さらなるご支援・拡散をお願いしたく、ネクストゴールを設定いたしました。

ネクストゴールは、当初の目標金額に同額を上乗せした1,400,000円とさせていただきます。いただいたご支援は、休業がさらに長引いた場合、あるいは縮小営業により減少する売上の補填として、以下の用途で使用させていただきます。

1.保護猫の飼養にかかる家賃、光熱費、医療費
2.TNRのための手術費

どうか引き続きの応援よろしくお願いします!

ご挨拶

東京都墨田区向島、とうきょうスカイツリーと隅田川の近くで里親募集型カフェ「CATS&DOGS CAFE」を運営しております。当店の猫ルームにいる猫スタッフは皆、里親様との出会いを待つ保護猫です。開業から10年目を迎え、直近では年間40頭前後の猫を、里親様へ譲渡を行っております。

保護猫カフェという形を取ることで、猫たちを保護するシェルターとしての役割を果たすとともに、里親希望者の方にはじっくりと猫に触れ合っていただく場として、また近隣の犬猫を愛する人が集まる場として、皆様にご利用いただいてきました。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、休業を決断

このたびの新型コロナウィルス感染拡大防止のため、No!3密(密集、密接、密閉)が言われております。しかし、当店の猫ルームはそれほど広いスペースではないため、営業を継続した場合、ご来店いただくお客様に感染のリスクを負わせることになってしまいます。当店からのクラスター発生の可能性、万一にも当店スタッフに感染・隔離が発生した場合に猫の世話ができなくなるリスクは看過できないと考え、4月1日より当面の間、休業を決断いたしました

しかし、休業期間中も当然ながら家賃や光熱費は発生します。また、体調不良の猫の治療や、健康な猫であっても年1回のワクチンや健康診断など、医療費は通常と変わらず発生いたします。普段であれば、これらの現金支出の大部分を、猫カフェの売上と、カフェ店頭での募金や、不定期に開催する講習会、チャリティフリーマーケットなどでの寄付で賄ってまいりました(前年度の会計報告はこちら)。休業中はこれらの収入が失われることになり、猫たちの命を維持するための費用を捻出することが困難となっています。

生まれてくる命は待ってくれない

会計報告をご覧になった方は、当店の規模に比べて医療費が多いと感じられるかもしれません。その理由をご説明します。

私共の活動のもう一つの柱が、野良猫を避妊・去勢して地域猫にするTNR(Trap、Neuter、Release)活動です。猫は人間が飼育・繁殖させたことで日本に定着した動物であり、本来は人間の庇護の下で生きていくことが望ましいのです。 しかし、飼養できる猫の数には限度があり、全ての猫を保護することはできません。苦渋の決断として、今いる猫を不妊化により地域猫とすることで一代限りの生を全うさせることで野良猫の数を減らすべく、取り組んでおります。

イラスト・チキンはC子(当協会ウェブサイトより)

新型コロナウィルス感染が拡大する状況下でも、猫は交尾し、出産します。未去勢、未避妊の猫が地域にいれば、必ず子猫が生まれます。しかし、自動車やカラス、そして猫嫌いの人間による虐待など、都会の環境は子猫にとってあまりにも過酷で、その多くは育つことができません。悲しい命を増やさないよう、どんな時でもTNR活動を継続することは必要です。そして生まれてしまった子猫は、人間が保護するしかないのです。

TNRと保護猫の飼養、どちらも止めることができない活動です。しかし、新型コロナウィルスの影響で、そのために必要な資金を得る手段が絶たれてしまいました。

猫たちの命をつなぐための資金をご支援下さい

協会の運営には、昨年1年間で500万円弱の費用がかかっております。猫スタッフが食べるフードについては、当店卒業生の里親様や支援者の方から提供いただき、おかげさまで足りております。しかし、猫達の居場所を確保するための家賃と光熱費が必要です。

また、在籍中のスタッフのうち1頭が 膵炎治療中のため、医療費が通常よりもかかっております。高齢の飼い主様が亡くなって1ヶ月間、誰もいない家の中で過酷な環境を生き延びてきた子で、縁あって保護したからには、何とか回復させて幸せな猫生を全うさせてやりたいです。

この写真は4月10日頃撮影しました。おかげさまで現在(4/22)は、かなり回復の兆しを見せています。

目標金額の700,000円は、通常であればおよそ2ヶ月分の活動資金(支出からカフェ用仕入れ費を引いた金額)にあたります。いただいた資金につきましては、以下の用途で使用させていただきます。

1.保護猫の飼養にかかる家賃、光熱費、医療費
2.TNRのための手術費

リターンのご紹介

ご来店いただける方には、営業再開時にはぜひご来店いただき、猫たちに会っていただきたいです。来店が難しい方にも、当店の猫たちを知っていただければと思い、ささやかではございますがリターンを選定いたしました。

カフェ利用券(猫カフェ(30分)&ドリンク1杯無料)/回数券
営業再開時には、ぜひご来店いただき、猫たちと触れ合って下さい。メールでお送りいたしますので、来店の際にスマートフォンで提示下さい。回数券は一人で複数回ご来店いただいても、ご家族やお友達と一緒にご利用いただいても構いません。(初回来店時の利用人数に応じて、残り回数分のチケットをお渡しします)

オリジナル缶バッジ
当店のオリジナル缶バッジを制作中です。カフェ利用券をご利用の方には、来店時にお渡しします。ご来店がかなわない方には、3個セットのリワードを設定しております。

フォトブック(協力:ねこたろう/マロンパ☆)
当店お客様のねこたろうさん(@corocorocat)とマロンパ☆さん(@marronpa1 )が撮影した当店スタッフ猫の写真をご提供いただき、フォトブックを制作します。私達の活動についてもご紹介します。

リワードの発送時期は、2020年6月を予定しております。ただし、新型コロナウィルスの状況により営業再開が遅れた場合、発送が 遅れる可能性があります。その場合は、こちらの活動報告にてお知らせさせていただきます。

最後に

先が見える困難であれば、少々の無理をしてでも自力で乗り切ろうとしたと思います。しかし、今回の新型コロナウィルスによる危機は、いつ終わるともわからず、その脅威の程度も計り知れません。救わなくてはならない猫たちのための活動を継続するために、なにとぞ多くの方にお力添えをいただけますよう、お願いいたします。

CATS&DOGS CAFE
(一般社団法人CATS&DOGS動物福祉協会)
東京都墨田区向島5-48-1(最寄り駅・曳舟駅から徒歩8分)
TEL:03-5247-7979
URL: https://cats-and-dogs.cafe/

※本プロジェクトは、CAMPFIREの新型コロナウィルスサポートプログラムを利用させていただいております。 機会を提供いただいたCAMPFIRE様に感謝いたします。
※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/06/27 13:37

    7月1日(水)から営業再開いたします完全予約制となります。お電話にて事前にご連絡下さい。なお、入店時に検温させていただきます。マスク着用も必須でお願いします。6月27日(土)12時~17時 予約電話受け付けております。上記時間帯以外は留守番電話にメッセージとお電話番号を残していただければ、折返...

  • 2020/05/29 09:43

    5/27 23:59に募集を終了いたしました。期間中、258名の方々から合計1,541,000円ものご支援を頂きました。ありがとうございました。シッターのお客様、カフェのお客様、犬猫ボラ仲間、友人知人家族、そして見ず知らずの方々からもいただくメッセージに日々感動しておりました。このコロナ渦中の...

  • 2020/05/23 14:21

    当店で保護した猫は、保護時に血液検査によるウィルスチェックを行い、猫免疫不全ウィルス(猫エイズ)、猫白血病ウィルスの抗体有無を調べます。1か月の隔離期間の後に再度チェックし、両方が陰性であることが確認できた猫が、猫ルームにスタッフとしてデビューします。どちらか一方でも陽性が判明した猫は、猫ルー...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください