トノカバーは、ラゲッジルームに置いた荷物を覆い隠す事で、プライバシー保護に貢献する室内アクセサリーです。利用しない時には簡単に取り外せるように、クルクルと折り畳んでコンパクトにできる仕組みの縫製トノカバーです。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

トノカバーは、セダンのようにトランクルームを持たない車に設置するアクセサリーです。

トノカバーを標準装備する車もありますが、ジムニーJB64・JB74は標準装備されていません。

我々は縫製雑貨の企画・製造・卸のメーカです。OEM/ODMに特化したメーカーですある為直接消費者の方々から御意見を聞く機会が少ない為、当社として初めて新しい取り組みの一環としてこのプロジェックトに参画し、この商品のデザイン企画・使用感等を直接消費者の方々の御意見を聞き今後B to Cの事業を広げていきたいと思っております。

プロダクトのご紹介

トノカバーは、ラゲッジルームに置いた荷物を覆い隠す事で、プライバシー保護に貢献する室内アクセサリーです。

利用しない時には簡単に取り外せるように、クルクルと折り畳んでコンパクトにできる仕組みの縫製トノカバーです。

トノカバーのメリット

①ラゲッジルームに置いた荷物を覆い隠す事で、プライバシー保護に貢献します。

②荷室に収納するアイテムを覆い隠すことができるため、防犯性が高まります。

③利用しない時には簡単に取り外せ、ラゲッジスペースを有効に活用できます。

④直射日光のダメージから荷物を守れるます。スモークリヤガラスやサイドガラスとの合わせ技で、   太陽光の透過率は大幅に低下します。

⑤トノカバーの上に荷物を置くこともでき、車内の収納スペースを広げることが出来ます。

こだわり・特徴

ラゲッジルーム両サイドに取り付けてあるプラスチックの黒ネジ各5個を取り外し、

M6アイボルトもしくは純正のラゲッジフック(ユーティリティカラーリングフック)

にトノカバーに取り付けてあるカラビナ(同梱)を引っ掛ければ良いだけです。

トノカバーの上に荷物を置くことを想定して、運転中滑り出さないように4分割されている

メッシュネットが縫製されてます。

プロダクト誕生までのお話

企画担当の私は2018年の7月発売2週間後にJB64を発注、6か月後の2019年2月10日に納品され

発注時に純正のラゲッジネットも一緒にオーダーしようと思いましたが現物が無かった為

諦めたのが始まりで、当社のサンプル室で自分だけのトノカバーを縫製してみたところ

使い勝手もよくかっこよく、何よりも乱雑に入れてある洗車用具の目隠しになりリヤゲートを

開けたときスッキリした感じになり、ジャケットも直接ラゲッジ床に置く事もなく汚れず

メッシュネットに挟んでおけば運転中ずれ落ちることなく安心して運転できます。


リターンのご紹介

@6,050 税込価格


製品情報・仕様

迷彩トノカバー・黒トノカバー

サイズ

W1100㎜×H600㎜

材質

本体 Polyester100% メッシュ部分Polyester100% 

カラビナ(亜鉛合金)10個付

メディア掲載


会社・チームの紹介

縫製雑貨の企画・製造・卸売業を京都で企画を行い、製造を中国の自社工場で生産しています。


Q&A

Q

アイボルトとは?なんでしょう?

A

一般的には重量のあるものを吊り下げる際に取りつけられる吊りボルトのことです。

「アイ」とは英語の「EYE、丸い目のような部分の事を指します。

Q

M6アイボルトは付属しているのでしょうか?

A

付属しておりません、ホームセンター等でM6(6mm)アイボルト10個購入してください。




このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください