皆様

日頃より、PELLSをご愛顧頂き誠に有難う御座います。

私達は、この街を好きになりオープンさせた美容室、カフェ、イベントスペースが一体となった古民家を利用した地元の方を中心に沢山の方が気軽に集まれる小さなお店「 PELLS 」です。渋谷・代官山の間で2013年に創業し地域の皆様、周りの皆様に支えられここまでやってこれました。
しかし、新型コロナウイルスの蔓延に伴う政府の要請を受け、4月中の(状況によっては5月も)飲食店営業を自粛させて頂く判断を致しました。
PELLSをこの街に残していけるか、今まさにその瀬戸際。でも、私たちは諦めたくありません。
皆様の温かいご支援をいただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


お店について

地域に愛される店を作りたいという想いから、
渋谷の喧騒から少し離れた裏代官山と呼ばれる地域で美容室をオープン。

その後、お客様の後押しもあり隣接するBARの昼間を間借りして、
気軽に立ち寄れる本格的なカフェをスタートさせました。

2階ではイベントスペースの提供も行っています。

一見順風満帆に見えますが、実は品質にこだわりすぎてオープンして1年以上は赤字経営が続きました。
スタッフ同士で何度も意見がぶつかり合い、大喧嘩になったこともあります。
いい歳した大人同士で喧嘩なんてと思うかもしれませんが、それだけお互い本気だったんだと思います。
それでも品質を落とさない、美味しいコーヒーを提供するという点だけは皆同じ気持ちだったので、
妥協せずに本日まで続けることができました。
少しづつですがそんなPELLSを愛してくれる常連客が増えていき、3年越しで軌道に乗り始めてさぁここから。

コロナウイルスによる自粛要請はそんな矢先のできごとでした。

「 PELLS 」とは
   Peace 『平和』
   Encounter 『人や物との偶然の出会い』
   Liberty 『自由』
   Life 『ライフ』
   Style         『スタイル』

というコンセプトです。
これからも、スタッフ、お客様、地域の皆様と共に、美容・食・アート・音楽を通して沢山の出会いや、様々な個性を大切に新しいカルチャーを発信していきたいと思っています。

資金の使い道

事業の存続。
営業自粛期間中の家賃・光熱費、人件費、諸経費、CAMPFIREの手数料。
コロナが収束した暁には、地域の皆さまを巻き込んで多数のイベント、還元を行う予定です。

リターンのご紹介

PELLS、へご来店時に10,000円としてお使い頂ける1,000円お得なチケット。
 ※カフェはもちろん、美容室、グッズ等店頭で受けられる全ての商品、サービスにご利用になれます。
PELLSにはなかなかこれない、遠方からご支援いただける方用にオリジナルのトートバック、エコバックを5000円より揃えました。
【VIPカード】として1年間、コーヒー、ソフトドリンク飲み放題やカットし放題、二階のイベントスペース貸切などお得なチケットもご用意いたしました。

実施スケジュール

支援受付開始:2020年4月 
支援受付締切:2020年5月10日23:59
*営業再開目処がたち次第、リターンの履行を進めてまいります。


応援コメント

SPiCYSOLにとってPELLSは切っても切れない存在だ。思えばSPiCYSOLがまだ活動間もない頃からオーナーのユウダイが、”お前らは良い音楽だから”、”絶対売れるから”、と言ってずっと無償でヘアメイクをしてくれた。そんな男気あるPELLSが今回も男気で、それも”地球のため”と”これ以上感染者を増やしたくない”という思いだけで営業を自粛した。もはや政府が支給するマスク2枚じゃどうにもならない。
無くさなきゃいけないもの、無くしちゃいけないものは自分達で選別しなきゃいけない時代のようだ。
そんな中で僕はPellsを無くしたくない。きっと僕と同じ思いの人は沢山いると思う。
もちろん今苦しいのはPELLSだけじゃないし、今経済的に厳しい人が無理して支援する必要はない。ただPELLSのように本当にお客さんの事を第一に考えて営業してる店を残していきたいと意識するだけでもこの先の未来は全然違うと思う。
もしそれをもう意識できてたら、”おうち時間”でみんなが気づけた実はいらなかったものや節約できたものの代わりに、自分の身体のために美味しいコーヒーを予約する感覚で少しだけ応援してあげてほしい。そうやってポジティブな意識の人たちでこの先の地球を回していきたい。そんな気持ちです。
まだこの店に訪れた事がない方、コロナが落ち着いたあかつきにはぜひ立ち寄ってみて欲しい。きっと気に入ってもらえるはずだし、なぜ彼らが地元の人たちから愛されているかが分かるはずです。

 親愛なるPELLSへ。

KENNY from SPiCYSOL


雄大との繋がりがキッカケでもう何年もPELLSで髪を切り、カフェでお腹を満たし、おいしいテキーラに酔いしれてきました。アットホームなあの空間がいい!そこにいる人達があったかいのよ
しかし、そんな全てを満たしてくれる大切な場所が今、大ピンチだ!
何かできる事をと思い、こうしてコメントさせてもらっています。
スタッフを始めPELLSで出会った人達と楽しく酔える日が帰って来るのを信じて微力ながら支援していきたいと思います。
コロナに負けんな!
KOHSHI from FLOW

PELLSをご存知の方もご存知ない方も、ここ数ヶ月息苦しい日々を過ごされている事と思います。そんな最中、先日緊急事態宣言が発令されたわけですが、我々の生息するこの街「裏代官山」と呼ばれる地域にも緊急事態宣言が聞こえてきました。

PELLSが存続の危機だと…。

申し遅れました。わたくしPELLSから程近い場所で雑煮屋を営んでいる者です。何者でもないわたくしですがPELLSができてからの日々を毎日すぐ近くでずっと見てきました。日に日に、年を重ねるごとに増え続けるPELLSのファンと膨らみ続ける人の輪に驚きを隠せずいつしかわたくしは「PELLSはレペゼン代官山になる場所だから」って色んな人に紹介するようになります。
どんな土地にも凄い求心力と発信力のある店ってあるように思うのですが我々、いやこの街においてはPELLSという場所がまさにそう。おいしいコーヒーやサンドイッチは勿論の事、もう少しそこにいたい、もう少し仲良くなりたいと感じてしまう人と空気、時間。そしてそれを全く拒むことのない自然体のスタッフやお客さん。いつしか自分にとってなくてはならない場所になっている事に気づく…そんな場所です、PELLSって。そのPELLSが存続危機ということはこの街の存続危機ともいえるのかもしれない。
我々は当然二つ返事で応援、支援します。PELLSをご存知ない方、知っているけどまだ来たことの無い方には是非このタイミングで「PELLSに足を運ぶきっかけになるこの出会い」にベットしていただきたいと思いコメントさせていただきました。
すでにあなたとPELLSは出会っています。PELLSがあってほんとによかったって思う、やがてくるそんな日に是非支援をお願いいたします。

    雑煮屋鳥居
雑煮師 鳥居清人


Pells、そしてそこで働いてるスタッフ全員が自分にとって欠かせない存在です。SPiCYSOLの時も無償でヘアメイクをしてくれたり、まだ人が少ないライブハウスでやっていた時も必ず応援に来てくれた。1人でPellsに遊びに行ってもそこには必ず仲間と暖かいスタッフが待っていてくれた。こんなに誰にでも暖かい空間は他に無いと思う。それは自分だけじゃなくてみんなにとってもそうだと思う。時に朝まで馬鹿騒ぎしたり、時には真面目に語り合ったみんなの青春の場を守りたい。みんな、協力しよう。そして、いつかまた馬鹿騒ぎできるように自分の大切な場所は自分達で守っていこう。

AKUN from SPiCYSOL


PELLS は 「ホーム」のようなもの。月の半分以上、海外で撮影をしている僕にとって、PELLSは「ホーム」のようなもので、日本に帰ったときは、時間をつくって必ず足を運ぶ場所。特別、派手なことをするわけじゃないし、スタッフの皆さんともよく話すってわけじゃない。だけど"そこにいるだけ"で、(どこか居心地の良い場所に)「帰ってきたな」という感覚がある。
それはなかなか言葉でうまく説明できないけれど、アウェイな状況を感じる海外の渡航から、心安らぐ「自分の家」に、(親戚のような気を使わないが)心は繋がっている人たちと、その場所にいる。それだけでいい。その空間そのものが、なんとも居心地の良い場所になる。
これからも僕の帰る場所「PELLS」として。そしてみんなの道が交差する「PELLS」として。まだまだ一緒旅をし続けたいです。
微力ながら支援しました。

また帰ってくるからね。じゃあ!

 旅するクリエイター Kei


いつも雄大くんの周りには人が集まる。でも集まるには理由があるでしょ?みんながPELLSを、雄大くんを、スタッフのみんなを求めてるのに、コロナで負けるなんてそんな悔しいことは無い。
僕たちも飲食店を運営している身として、店が存続できればこの先仲間となんだって出来ると思う。
本当にそう思う。
一緒に頑張ろう。

大槻佑二
株式会社GOODCOFFEE
店舗統括責任者


最後に、

先日の新型コロナウイルスの蔓延に伴う政府の要請を受け、飲食店営業を自粛させて頂く判断を致しました。
(地域の活動には積極的に、この街を守る活動は続けます。また、存続するための活動は行う可能性はあります。)
スタッフの生活も守らなければいけない中で、今後いつまで続くかわからない休業という判断は非常に難しい決断でした。長い期間収入が途絶えてしまう今の状況を考えれば、閉店やスタッフの解雇を判断しなければいけない状況だということはわかっています。それでも、今まで長い間一緒に働いてきたスタッフとこれからも一緒に働きたい。これからも地域の皆さまに愛される美容室、カフェとして存続していきたいという強い気持ちがあります。経営者としては未熟な素人判断かもしれませんが、いま私たちができることは全てやろうと思っています。
大変心苦しいお願いではございますが、何卒皆様のご支援よろしくお願い致します。



<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/04/13 17:50

    数多く方々のご支援のおかげで クラウドファンディング開始から三日目の朝に100%達成できました!PELLSをずっと応援してくれている方から、今回のクラウドファンディングを機に知ってくださった方まで多くの方からご支援を頂きました。あたたかい応援 本当にありがとうございます!未だ収束するめどが立ち...

  • 2020/04/10 20:09

    皆様本日も沢山のご支援、SNS等での拡散、誠にありがとうございます。開始より24時間の活動報告をさせて頂きます。支援者数 141名達成率  92%支援総額 1,855,000円でした。本当に毎日皆様の心の温まるメッセージを見て、クラウドファンディングを始めて良かったと改めて感じております。今ま...

  • 2020/04/09 22:47

    沢山の支援ありがとうございます。支援総数が100人にを超えました。皆さんのご支援と拡散のお陰です。本当にありがとうございます。これはお詫びになるのですが、一人一人にすぐにご返信させて頂きたいのですが、システムの個人情報の保護により、現時点で支援者様のお名前を表示できない仕組みのようです。(めち...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください