とちぎアントレプレナー・コンテストを継続させたい!
私たちは栃木の学生を応援しサポートしていきます。


ーコンテストについて

「とちぎアントレプレナ−・コンテスト」は、栃木県内の高校、高専、専門学校、短大、大学に在籍する学生に、県内中小企業経営者の有志が本気で「未来の社長への道」を開く“実践的起業家教育プログラム”です。
将来を担うべき若者に「夢」を与え、起業するような気概や起業の初歩的知識を与える“起業家育成教育”は、大学では幾ばくかスタートしていますが、高校ではほとんど実施されていません。
活力ある日本を創り、地域を活性化するためには次世代を担う若者の力が必要です。県内の高校生以上の学生を対象とした「とちぎアントレプレナー・コンテスト」は、新しい商品やサービスのアイデア創出の場としてだけでなく、ビジネスの最前線にある企業経営者のサポートのもとビジネスプランを作成し、学生自身が実際に開業を目指していきます。
会社名とその会社を立ち上げてどんなことをしたいかを書くだけのとてもシンプルなエントリーにより、学生たちの新たな挑戦への一歩がスタートします。選考は書類選考から、プレゼンによる選考と長期間にわたるスケジュールで最終的には、最優秀賞1組を選んでいきます。見事最優秀賞に選ばれた1組には、起業資金を贈呈するとともに、実行員委員会のサポートのもと、実際の起業へと走り出しています。
今まで開催してきた7回のコンテストでは、応募が約4500件を超え、実際に学生社長7人を輩出してきました。そして今回、第8回に向けて新たな夢ある学生たちの支援をするべく、実行委員会は活動してまいります。

ー今大会の第8回から皆様からのご支援、お力添えを頂くべく
 クラウドファンディングでのプロモーションを開始します!

世の中はコロナウイルスによる影響を大きく受けておりますが、私たち実行委員会も少なからずコンテストの運営に大きな影響を受けております。今まで積み重ねてきたこの活動をコロナに屈する形で終わらせたくありません。これからも一人でも多くの夢を持った学生たちを社会に送り出したいと思っております。コンテストの継続性していき、情熱ある学生の芽をつぶさないために第8回より、皆さまにお力添えを頂くこととなりました。

ーコンテストへの想いと
 このプロジェクトで実現したいこと

実行委員長の「日本の学生の挑戦したいという気概を育てたい!」という気持ちから始まった当コンテストですが、おかげさまで今までで計7回のコンテストを開催してきました。過去のコンテストで計4500件以上の応募がありましたが、ゆくゆくは県内の学生全員が、とちぎアントレにエントリーしてもらえるように活動をしております。
とちぎアントレから毎年一組の学生社長を生み出して、栃木の若者のアイデアと情熱をサポートし、社会に実装させていくことは私たちの大きな使命だと思っております。しかし、新たな社長を社会に送り出すことが決してすべてだとは思っておりません。このコンテストに参加してくれた学生が、コンテストを通じて自分の将来を考え、新しい可能性に気づいてもらうことで将来の選択肢を一つでも多く増やしてもらいたいと思っております。大きな希望をもって社会に出ていく学生をひとりでも多く出して、栃木県を若者のパワーでさらに盛り上げていきたいと思っております。私たちはコロナに負けず、情熱ある学生たちの思いをつぶさないように活動をしていきたいです。先行きが見えない今だからこそ、未来の大人たちを育てるこのコンテストにご支援をお願い致します。


~これまでのとちぎアントレプレナー・コンテストの紹介~

下記URLはとちぎアントレ公式HPへのリンクとなっております。ページ内には過去にアントレに出場した学生たちの様子や熱いプレゼンの様子をのせております。ここでプレゼンをしている学生たちは必ずしも「絶対に社長になりたい!!」と意気込んで応募してくれた学生ではありません。軽い気持ちで応募したらあれよあれよと選考に通ってしまった学生も多くみられます。そんな学生たちが困難にぶつかりながら自分のアイデアを形にしていきます。起業案そのものと同時に、一人ひとりが成長していくプロセスがみられることも、このコンテストの大きな醍醐味です。そんな背景を感じながらプレゼン動画の様子なども見てもらえたらと思います。情熱ある若者の様子をほんの少しでも覗いてみてください!

◆とちぎアントレプレナー・コンテスト公式HPはこちら
公式HPでは、これまでの活動などをご紹介していますが、ここで、昨年のコンテスト風景を少しご紹介いたします。

◆第7回とちぎアントレプレナー・コンテスト『最優秀賞』受賞者 プレゼン動画

株式会社 輝夜(かぐや) 
◎代表:藤間 麻康
(真岡北陵高校3年)

事業概要:竹粉を利用した商品の開発。様々な面でプラス効果をもたらし、環境にも優しいECOな商品を取り扱う。


プレゼン動画はこちら



◆第7回とちぎアントレプレナー・コンテスト 表彰式風景

最終プレゼン選考会から2週間後に、ファイナリストを集めて表彰式を行いました。
最優秀賞1組、優秀賞2組のほか、各企業賞などがその場で発表されていきました。


表彰式の動画はこちら
最優秀賞のみなさんに、開業資金100万円進呈します。




ー資金の使い道

「とちぎアントレプレナー・コンテスト」運営資金

コンテストへ出場した学生を
地元紙の「下野新聞」にて紹介するための広報費

※第7回の模様は、2020年1月31日付の下野新聞で紹介されました。ファイナリストの11組の事業概要などがまとめられています。




ー実施スケジュール(予定)

第8回「とちぎアントレプレナー・コンテスト」

 6/4(月)エントリー受付

 9/17(木)1次選考(エントリーシート審査)

10/23(金)2次選考(ビジネスコンセプトシート審査)

12/5(土)最終選考(事業計画書 プレゼンテーション審査)

12/19(土)結果発表・表彰式

※新型コロナウイルスの状況によりスケジュールは変更になる可能性もございます。
 あらかじめご了承ください。



とちぎアントレプレナーコンテスト実行委員会

■実行委員長

(株)アオキシンテック 青木圭太

■実行委員

(株)下野新聞社 石﨑公宣

(株)モンキークルージャパン 高山直樹

 北星商事(株) 大山富栄

(株)足利銀行 岡田宇生

(株)エンターテイン 常川朋之

 住まいるネットワーク(株) 海老沼康秀

 パソコン太郎(株) パソコン太郎

(株)リバネス 吉田一寛

(株)PRiDE 白石崇

   Mountain Tribe(株) 大島賢也

(株)インフェック 宇佐美 大地

(株)ジョイトーク 土谷尋人

 栃木県立宇都宮白楊高校 山口哲男

(株)ブレーン・コーポレーション 関谷優作

(株)ピースノート 谷田部聡

 栃木県経済企業委員 横松盛人


とちぎアントレプレナー・コンテスト実行委員会の
メンバーによる出張講座活動報告

〈2018年10月〉
 茂木高等学校
『ゆずも学』 1年生160名
高校生のための~考えるための土台づくり~を掲げ、『ゆずも学』茂木高校の独自の取り組みである生徒が自ら目標をもち、進路実現に向けて努力し地域の方の協力を得て様々なことを考えるきっかけとする授業を目的としています。講師は、常川朋之・パソコン太郎が務めました。


〈2019年6月〉
 宇都宮北高等学校 
 起業家講座『職業選択に向けた自己分析』 1年生321名
経営者が中心となり構成する同実行委員会が、キャリア教育の一環で企画。この日は同校出身で、ベンチャー企業支援を手掛けるエンターテイン代表取締役の常川朋之が講師を務め、高校時代の思い出を振り返りながら、自身が「人が好きなことに気付いた」という起業までの経緯を説明。自己内省ワークショップを行って生徒の関心事を引き出し「やりたいことを見つけ、自分の価値や未来を自らつくってほしい」とエールを送りました。


  • 2020/07/29 09:27

    本日は実行委員メンバーである住まいるネットワーク株式会社海老沼氏の応援メッセ-ジをアップしました。海老沼さんはラジオ番組もやっているのであなたも出演できちゃうかもしれません!https://www.tentre.com/%EF%BD%94%EF%BD%8F%EF%BD%90/審査員紹介-1/ 

  • 2020/07/28 16:55

    クラウドファンディングを開始して残り4日で、無事に50万円の金額を達成いたしました!直接ご支援をいただいた方々をはじめ、FacebookやTwitterといったSNSでの拡散を積極的にしていただいたり、沢山の方々から元気や勇気をいただき本当に本当にありがとうございます。あと4日!引き続き応援の...

  • 2020/07/27 16:16

    こんにちは!クラウドファンディングの期間は、残すところあと5日となりました。皆様のお一人お一人の一歩ずつが、確実に力となって現れた結果です。本当にありがとうございます。目標達成に目前まできています。未来ある学生にあなたの応援をお願いします!!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください