この計画に於ける美少女ロボットとは、ゲームやアニメやマンガなど、絵に描かれた様々な美少女キャラクタ-をロボットのデザインに用いたロボットのことで つまり『美少女キャラクタ-をロボット化してロボットという商品に仕上げる』これが基本概念です。 僕は家族関係の問題で夢が叶えられずにいる状態です。

プロジェクト本文

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

TwitterもFacebookも本名で名乗ってる高田聖矢と申します。

美少女ロボット計画にハッシュタグを付けてTwitterで #美少女ロボット計画

と検索すると僕の書き込みしかヒットしないぐらい、僕は一生懸命に美少女ロボット計画の記事を書いても読者は関心を示さず、ブログのアクセス数も1日平均20人以下という人気無さすぎな状況です。 

美少女ロボットのブログ

http://copamaid.hatenablog.com

▼このプロジェクトで実現したいこと

 僕が大阪大学基礎工学部に進学して、美少女ロボット計画を本格化させ、やがて商品化できるレベルに達してから会社設立を目指します。

僕は今まで関東の大学が良いと思っていましたが、僕が大阪大学基礎工学部に志望校を変更したのも29歳と最近の事でした。

なぜなら石黒先生ほど人型ロボットに専門的な教授は他にいないと思ったからです。

ファンクラブ形式にしてあるのは、大卒でなければ出来ないような仕事でなければ本来の能力を発揮出来ない為に、まともな仕事に就くことすら出来ない事。まずは大学への進学資金が必要な資金を安定して得られる事が必要だからです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

みさいるさんが最近此処で活動しているのを見かけたのがきっかけです。

美少女ロボット計画そのものは14年前ぐらいからあったのですが、ネット上に公開できる状態で最古のものが「美少女ロボット計画2005」で、現在の形になってきました。

▼これまでの活動

美少女ロボット計画の計画書は僕が高校生になった2003年から書き始めました。それから2004年にはノートに2万文字余り、そして2005年に17歳のうちのたった3ヶ月間で26800字もの小冊子『美少女ロボット計画2005』を書き上げました。ところが親子関係に溝が深まり、大学に入れてもらえず12年間もそれを上回る計画書が書けずにいました。

そんな中、転機が訪れたのは2017年。旧ブログ消滅と同時に新ブログ立ち上げが立ち直りの動機となり、CAMPFIREの存在を知ることになって現在に至ります。

▼資金の使い道

僕が大学に進学する為の学費の他、本を出版したり、現実世界での美少女ロボット計画の前段階としてオンラインゲーム空間で美少女キャラクターと遊ぶゲームを開発したり、それが軌道に乗れば本格的な美少女ロボットの研究開発費に充てたいと考えています。

▼リターンについて

3000円

美少女ロボット計画2005の小冊子一冊
2回目以降の方は今後外国語バージョンなど随時内容が変わります。

10000円

美少女ロボット計画
の文字が印字されたTシャツで、最初は文字色が黒、2回目以降は赤、青、緑、紫など色を変えてプレゼントします。

30000円

美少女ロボット計画2005の小冊子の他に
美少女ロボット計画の文字が印字されたTシャツで、最初は文字色が黒、2回目以降は赤、青、緑、紫など色を変えてプレゼントします。
さらに2017年8月12日まで完成予定の『美少女ロボット計画2017』も製本化して一冊プレゼントいたします。

また、僕の別プロジェクトで毎年三回実施される「交通量調査で温泉巡り!調査員たちに温泉旅館一泊プレゼント企画」への招待状

https://camp-fire.jp/projects/status/28182

一部自己負担(自腹)になる可能性もありますが、参加するかしないかはパトロン各自の判断に任せます。

 

50000円

美少女ロボット計画2005の小冊子の他に
美少女ロボット計画の文字が印字されたTシャツで、最初は文字色が黒、2回目以降は赤、青、緑、紫など色を変えてプレゼントします。
さらに2017年8月12日まで完成予定の『美少女ロボット計画2017』も製本化して一冊プレゼントいたします。

また、僕の別プロジェクトで毎年三回実施される「交通量調査で温泉巡り!調査員たちに温泉旅館一泊プレゼント企画」への招待状

https://camp-fire.jp/projects/status/28182

無償での招待が確定した参加権、参加するかしないかはパトロン各自の判断に任せます。

▼最後に

ぜひ皆さん、僕の夢『美少女ロボット計画』を応援してください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください