【コロナで辛い思いをしている働く人を救うためのご支援募集!】

初めまして!

私たち「みんなのユニオン」は、無料で加入できるオンライン型の労働組合です。

当労働組合の特徴は、

組合費永年無料

・47都道府県どこからでも加入可能

加入脱退自由

・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし

・組合員に代わり、会社に職場改善を要求する通知をユニオン名義で送る

・弁護士法人とIT企業がボランティアで活動している 

というもので、一般的な労働組合よりも自由度が高いですから、気軽にご加入いただくことができます。

現在、組合員は300人を超え、通知書送付の依頼をされた方からは「職場環境が改善された」と喜びの声もいただいております!


【働く人の職場改善を一緒に実現したい!】

「みんなのユニオン」では、職場で辛い思いをした組合員が所属する会社に【調査と是正を要求する通知書】を無料で送っています。

また、その活動報告や寄せられた労働の悩みをYouTubeで配信することにより、世間に職場環境の問題提起をするとともに、職場環境で悩んでいる方に「解決のきっかけ」を示しています。

なぜ、私たちがそのような活動をしているかといいますと、現在世界中の人々を不安にさせている新型コロナウィルスが、働く人たちへ多大な影響を与えているからです。

新型コロナウィルスは、2019年12月8日に中国で初めて発見されました。

日本で初めて発見されたのは、2020年1月15日です。それから瞬く間に全世界に広まり、全世界325万人の感染者、うち23万人が亡くなっています。(※2020年5月1日時点)

日本では約1.4人の感染者、うち425人が亡くなりました。(※2020年5月1日時点) 

コロナは人命を脅かすだけでなく、働く方全員に猛威を振るっています。

外出自粛要請緊急事態宣言が政府から発せられ、飲食店や観光地から人が消えました。

人がいなくなるということは、お店は普段通りの営業ができません。その結果、お店や会社が相次いで倒産し、多くの失業者を出しました。

アメリカではリーマンショック時を超える2200万人が失業保険を申請している状況です。(※リーマンショック時は1500万人)

日本では、コロナで解雇された人が立てこもりや強盗などの犯罪を犯しています。

コロナは、働く人から働きやすい環境や職だけでなく、「人でいるための心」までも奪い去っているのです。

会社の中には、人件費を少しでも浮かすために解雇や休業を従業員に宣告しているところもあります。

その犠牲になるのは、主に「非正規雇用」の方々です。

突然の解雇を宣告され、明日からの生活に不安を抱える人……

コロナにかかったらクビにすると言われ、精神的に負担を感じている人……

もちろん、働く方にはそれぞれ家計があり、家賃やローンの支払い、月々の光熱費や食費、お子さんがいる方は学費も必要です。

もし、コロナの影響で急に「収入がない世界」に放り出されてしまっては、ただでさえ暗い世になっているのに、心の中にまで暗雲が立ち込めてしまいます。

「コロナのせいで……」

とコロナに怒りを向けても、コロナは謝ってはくれませんよね。


でも、ちょっと待ってください。

それは本当に「コロナのせい」なのでしょうか?

コロナではなく、「違法」な行為をした「会社のせい」かもしれませんよ?

会社が違法行為をしたのであれば、労働組合が働きかけることで解決できます。

組合員の不安を解決するのが、「みんなのユニオン」です。

働く人の悩みは、コロナだけではありません。

パワハラやセクハラなど、多くの働く人たちが職場で不当な扱いを受け、心身ともに衰弱しています。

コロナで違法行為をする会社から働く人を守りたい!

働く人が前向きに明るくなれる職場環境を作りたい!

その実現に向けて、「みんなのユニオン」は活動しています。


【相次ぐ解雇者に希望の手を差し伸べたい!】

私たちがなぜ、この活動を始めたのか?

それは、私たち「みんなのユニオン」が、これから先活動を止めることなく、1人でも多くの働く人を手助けしていくためです。

私たちは、弁護士事業とIT事業会社の双方がボランティアで行なっています。

コロナの猛威は凄まじく、職場環境でお悩みの方が後を絶ちません。このままですと会社に通知書を送る活動などに支障をきたす可能性があります。

ですので、実費にあたる毎月の切手代(1通84円)をご支援いただければと思い、今回プロジェクト立ち上げ最小額にて募集を開始しました。

また、みなさまからご協力いただけることで、「職場環境で辛い思いをしている方を救う」活動を世に広めたいと思っております。

私たちとみなさまが台風の目になり、日本全体を巻き込みながら認知を広げていきましょう!

実費以上のご協力をいただいた場合には、その金額を翌月の実費代から差し引いて活用させていただきます。

職場改善は、働く人の安らかな心を維持するためにも、なるべく早急に行うことが大切です!

ぜひご協力をよろしくお願いします!


【活動の実績:コロナで給与カット!?】

みんなのユニオンは、2020年の3月中旬から活動を開始しており、4月には22通の通知書を会社に送付しました。

通知書サンプル

組合員から寄せられた悩みの実例を一部挙げさせていただきます。

実例①「納得のいく説明もないまま、新型コロナウイルス感染症による給与カットを言い渡された」 

実例②「会社都合で、一方的に週5勤務から週4勤務にされた」 

実例③「2月3月の休業手当が支払われておらず、4月以降の休業手当についても説明がない」 

実例④「コロナ休暇取得支援の助成金制度を使用せず、欠勤または年次有給休暇の使用を強いている」 

実例⑤「ノルマ達成のため、手当もない休日出勤や親戚等に土下座してでも契約をとることを強要された」 

私たちには、コロナに関する悩み以外にも、さまざまな職場環境の悩みが寄せられています。

そして、会社に通知書送付の依頼を受け送付を行うとともに、YouTubeでその活動報告を配信しています。

活動例①就業規則を公表しないブラック企業に通知書を発送!

活動例②パワハラ行為をするマネージャーに通知書を発送!

活動例③「従業員」の職場の不満を「経営陣」に届ける方法ベスト1


YouTubeで配信する目的は2つです。

①世間に問題提起する
②同じ悩みを持つ方に解決の道を示す

みんなのユニオンの組合員は300人を超え、現在も加入者や通知依頼が増え続けています!


【実費=切手代に活用させてください!】

ご支援いただきました資金は、通知書を送る切手代に充てさせていただきます。

私たちは3月から活動を開始!

そして、今回ご支援いただきたいのは4月分に実施した通知書の切手代です。

実費を超えた部分につきましては、今月以降の通知に使う切手代として利用させていただきます。

そのため、通知書を送付するみんなのユニオンの活動は、これから先も随時実施して参ります。

なお、当ユニオンはボランティアで行なっているため、こちらでのご支援を人件費・施設利用費・光熱費等、切手代以外のものに充てることはございません。


【約6600人へあなたをご紹介!】

約6600人のフォロワーがいる、みんなのユニオン公式Twitterで【希望者のお名前】等を紹介させていただきます!

ご支援額により以下のリターンとなります。

[500円]
・約7000人のフォロワーがいるTwitterで名前を掲載(1ツイート中に1行)

[1000円]
・約7000人のフォロワーがいるTwitterで名前とHP等のURLなどお好きな内容を掲載
(お1人につき1ツイート)


【コロナやブラック企業の好きにはさせない!】

いま日本には、コロナによる労働被害を受けている方、パワハラやセクハラで明日を迎えるのも辛い方が多くいらっしゃいます。

しかし、労働組合が働きかけることで、俯いている働く方々の顔を上げさせ、胸を張って笑顔で働ける日々を提供することができるのです。

私たちとともに、 コロナやブラック企業から働く人を守りましょう!

よろしくお願いします!

※掲載画像は全て当ユニオンに権利があるものを使用しています。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください