・ SSDを自分で交換可能。自分でSSDを交換することで高い利便性を発揮します。最大2TBまで対応・トリプルディスプレイで高画質4K対応。美しい画像でマルチディスプレイ表示が可能です。・13ポートの高い拡張性!USB-Cドッキングステーション。外部電力でノートパソコンの充電も

プロジェクト本文

特徴

  1. ①SSDを自分で交換可能。自分でSSDを交換することで高い利便性を発揮します。最大2TBまで対応
  2.                                             
  3. ②トリプルディスプレイで高画質4K対応。美しい画像でマルチディスプレイ表示が可能です。
  4.                                             
  5. ③13ポートの高い拡張性!USB-Cドッキングステーション。外部電力でノートパソコンの充電もOK




コンパクトでフル機能のデスクトップワークステーションが登場。

MacBook等のノートパソコンに適したドッキングステーションです。

このUSB-Cドッキングステーションは、USB-CインターフェイスでPCを複数のデバイスに拡張出来るようにデザインされています。

さらに、このドッキングステーションには3つのディスプレイビデオ出力が装備されています。

トリプル4K UltraHDディスプレイを同時に使用すると、様々なコンテンツをトリプルディスプレイに分割して表示が出来ます。

※PC側のシステムが機能をサポートしている必要があります。

このドッキングステーションは、様々な機器との接続をサポートしています。

そしてこのドッキングステーションの最大の特徴はSSDの交換が可能ということです。

自分の使用したいSSDを装着してご利用頂けます。

※最大2TBのSATA SSDをサポート。SSDは付属致しておりません。

これであれば必要に応じてSSDの交換が可能になります。

デザインも丸みをおびた楕円形で今までにはなかったおしゃれなデザインになっています。

4K出力でなおかつSSD交換可能、そして高い拡張性。

モニター、キーボード、マウス、USB-Cコンピューターを同時に接続できるので、作業効率が圧倒的にアップします。

このドッキングステーションはかゆいところに手が届く便利な拡張ソリューションです。



ポイント

・自分でSSDの交換が可能です。

・外部電力を使用しているので機器の充電にも最適です。

・4K対応で高画質でディスプレイなどに出力が可能です。

・マルチディスプレイ対応なので快適に業務を進められます。

・高い拡張性で様々な機器を接続することが可能です。


充実の13ポート

HDMIx2

DPx1

USB3.0x4

RJ45ギガビットイーサネットx1

USB-Cx3

オーディオx1

DCポートx1

SSDポートx1

※SSDの交換可能(M.2SATA3.0を備えた特別設計) NGFF)製品の上部。




フロント:

1. LEDインジケーター

2. USB-A 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 1.5A @ 7.5W

3. USB-C 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 3A @ 15W

4. 3.5mmオーディオ&マイク

5. USB-A 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 1.5A @ 7.5W




バック:

1. M.2 SATA 3.0 NGFF SSDエンクロージャー(上部)

転送速度:5Gbps

SATAベースのM.2 / NGFF(BキーおよびB + Mキー)SSD専用に設計最大2TBのSATA SSD。

*注:M.2 NVMe PCI-E SSD、M.2 PCIe AHCI SSD、またはその他のM.2非SATAデバイスはサポートしていません。

2. USB-A 3.0:5Gbps、5V / 0.9A @ 4.5W

3. USB-A 3.0:5Gbps、5V / 0.9A @ 4.5W

4. RJ45ギガビットイーサネット:1000Mbps

5. DP:4K x 2K @ 60Hz / 3840x2160

6. DC:電源アダプター

7. USB-C:ノートパソコンなどのデバイスに接続します。

8. HDMI 1:最大4Kx2K 30Hz / 3840x2160

9. HDMI 2:

4Kx2K 60Hz / 3840x2160(ソースがDP1.4の場合は個別に動作します)

4Kx2K 30Hz / 3840x2160(ソースがDP1.2の場合は個別に動作します)

10. USB-C PD3.0:ノートパソコンなどの充電が可能です。


注意

M.2 NGFF SATA 3.0 SSDエンクロージャー

1. SATAベースのM.2 / NGFF(Bキー&B + Mキー)SSD専用に設計しています。

*注:M.2 NVMe PCI-E SSDはサポートしていません

2.高速M.2 SSDドライブは作業中に大量の熱を発生するため、ケースが熱くなることがあります。

3.新しいSSDのほとんどは、初期化、パーティション分割、およびフォーマットする必要があります。

M.2 NGFF SATA 3.0 SSDエンクロージャー:

1.ご購入前に、スマートフォン/タブレット/ノートPCのUSB-CポートがDP機能をサポートしていることを確認して下さい。

サポートしていない場合、コンテンツを出力しません。

2. 4Kx2K @ 60Hzビデオディスプレイ、ディスプレイポート(DP)v1.4(HBR3)をサポートするコンピューターが必要です。

3. MacBookのMac OSをCatalina(10.15.1)以上に更新して、互換性を高めてください。



今までのタイプにはなかったBOX型でデスク周りをスッキリと整理しておけます。

HDMI出力であれば映像も4K対応で外部モニターでも美しい画面でご使用頂けます。

そしてHDMIポートが2つあるためノートPCのモニターもあわせればトリプルモニターとしてご使用が可能です。



4K出力対応で鮮明な画像を表示できます。



このドッキングステーションがあればノートPCがメインPCに。

ノートPCをオフィスで使ったり、家庭で使ったりする場合外部モニターやストレージなどをいちいち繋ぐのは面倒ですよね?

このドッキングステーションがあればそんな煩雑な作業も解消出来ます。

予めオフィスで使うモニター類をこのドッキングステーションに接続をしておくといつも使っているノートPCですぐに仕事を開始できます。

自分でSSDも搭載出来るのでデーターのバックアップにも最適です。

拡張性が高いためキーボードやマウスなどの必要な機器を予め接続しておくことも可能です。



今までにないデザインで場所を取らずにスマート!



電源はアダプターからの入力になります。

もちろんPSEは取得済みです。

Thunderbolt 3またはUSB-Cラップトップの87W電力供給(PD3.0)高速充電をサポートしています。

またPDとは別にTypeCポートがあるので高速データー接続に便利です。

LANポートも搭載しているため高速で安定した有線ネットワーク接続が可能です。

ムラのあるWiFi接続の場合にも安定したネット環境を整えることが出来ます。



コンパクトサイズ

12cm×7.1cm×6.2cmのコンパクトサイズですっきりとしたデザインのドッキングステーションはどんな場所にでも馴染みます。




12cm×7.1cm×6.2cm

フロント:

1. LEDインジケーター

2. USB-A 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 1.5A @ 7.5W

3. USB-C 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 3A @ 15W

4. 3.5mmオーディオ&マイク

5. USB-A 3.0(データ+ダウンストリーム充電):5Gbps、5V / 1.5A @ 7.5W

バック:

1. M.2 SATA 3.0 NGFF SSDエンクロージャー

転送速度:5Gbps

SATAベースのM.2 / NGFF(BキーおよびB + Mキー)SSD専用に設計最大2TBのSATA SSD。

*注:M.2 NVMe PCI-E SSD、M.2 PCIe AHCI SSD、またはその他のM.2非SATAデバイスはサポートしていません。

2. USB-A 3.0:5Gbps、5V / 0.9A @ 4.5W

3. USB-A 3.0:5Gbps、5V / 0.9A @ 4.5W

4. RJ45ギガビットイーサネット:1000Mbps

5. DP:4K x 2K @ 60Hz / 3840x2160

6. DC:電源アダプター

7. USB-C:ノートパソコンなどのデバイスに接続します。

8. HDMI 1:最大4Kx2K 30Hz / 3840x2160

9. HDMI 2:

4Kx2K 60Hz / 3840x2160(ソースがDP1.4の場合は個別に動作します)

4Kx2K 30Hz / 3840x2160(ソースがDP1.2の場合は個別に動作します)

10. USB-C PD3.0:ノートパソコンなどの充電が可能です。


注意

M.2 NGFF SATA 3.0 SSDエンクロージャー

1. SATAベースのM.2 / NGFF(Bキー&B + Mキー)SSD専用に設計しています。

*注:M.2 NVMe PCI-E SSDはサポートしていません

2.高速M.2 SSDドライブは作業中に大量の熱を発生するため、ケースが熱くなることがあります。

3.新しいSSDのほとんどは、初期化、パーティション分割、およびフォーマットする必要があります。

M.2 NGFF SATA 3.0 SSDエンクロージャー:

1.ご購入前に、スマートフォン/タブレット/ノートPCのUSB-CポートがDP機能をサポートしていることを確認して下さい。

サポートしていない場合、コンテンツを出力しません。

2. 4Kx2K @ 60Hzビデオディスプレイ、ディスプレイポート(DP)v1.4(HBR3)をサポートするコンピューターが必要です。

3. MacBookのMac OSをCatalina(10.15.1)以上に更新して、互換性を高めてください。

同梱物

製品x1

36W(12V / 3A)電源アダプターx1

USB-C-USB-Cケーブルx1

ユーザーマニュアルx1



商品代金には、ご自宅までの送料が含まれています。



Q:保証期間について

A:本体の保証は1年間です。

Q: 初期不良の保証について

A: 商品お届け後の初期不良の場合、1ヶ月間無償で交換させて頂きます。

その他の不具合につきましては1年間の修理保証をつけさせて頂いております。

*往復の送料のみご負担下さい。

Q: アフターサービス保証期間はいつまでですか?

A:リターン配送日から1年間アフターサービスを受けることができます。

ただし、取扱不注意による損傷は有償でのアフターサービスとなりますのでご了承下さい。

Q:使用方法などのサポートはして頂けますか?
A: 弊社サポートチームがcampfireのメッセージシステムにてサポートを対応致します。

Q:購入後のキャンセルは出来ますか?
A:申し訳ございませんが原則としてキャンセルは承りません。

Q: リスクはありますか?

A: クラウドファンディングの性質上、支援者の数が弊社の予想より大幅に上回ってしまった場合、生産の都合上一部の支援者の方への配送が遅れる場合があります

大変申し訳ございませんが予めご了承頂けます様お願い致します。

*配送が遅れる場合は予めご連絡をさせて頂きます。



このドッキングステーションはコンパクトなBOXにノートパソコンの拡張に必要な機能をギュッと詰め込まれています。

予め使用する外部機器をこのドッキングステーションに接続しておきノートPCを繋げばすぐにハイスペックな拡張性を発揮します。

最大の特徴は自分でSSDを搭載出来、取り換えが出来ることです。

自分の必要に応じてSSDの選択、取り換えが可能です。

最大2TBまで対応していますので現状であれば十分な容量となっています。

これはかゆいところに手が届くフルスペックドッキングステーションです。

このドッキングステーションを使えば仕事やPC作業での生産性があが理、効率的になるでしょう。

このドッキングステーションを是非お試し下さい。




株式会社ベルクレールは「世界中の素晴らしい製品を通じて笑顔をお届けする」

ことをミッションとする会社です。

これからもお客様が笑顔になれるような製品をご紹介して参ります。

今後ともご支援よろしくお願い致します。

株式会社ベルクレール

                                                                  

                  

クラウドファインディングのプロジェクトにつきましては、あらかじめ以下の点をご了承ください。 

【商品について】 写真は試作品サンプルのものを使用しております。開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。もし変更になる場合は、必ず事前にお知らせいたします。OEM製品のため、他社様の類似品の販売を防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。 

【価格について】 ご支援人数が予測を上回ったり、為替レートが大きく変動した場合、正規販売価格が予定販売価格を下回る可能性がございます。 

【納品について】 ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。生産過程において、想定外の状況が発生した場合、納品が延期される可能性がございます。もしこのような状況が発生した場合は早急にお知らせし、進捗状況を明確にご理解いただけるようにいたします。 

【返品・交換について】 使用感は個人によって異なります。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 ご了承くださいませ。 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください