「デルフリキャンプ」とは滋賀県北部、山奥にあるどっぽ村すべてを使った総合プロジェクトです。

約2年前から、代表の松本が地元住民の協力を得ながら、少しずつ作り上げていて、 キャンプ場の収益をあげて村の活性化や農福連携の足掛かりにできるよう取り組んでいます。 

また、村の自治会の承諾を得て、広大な土地をドローンフィールドとして解放していて、ドローンを趣味や仕事で飛ばす方が訪れてくれています。

また、ドローンを活用して、農作物を荒らす野生動物を追い払う「アタックドローン」にも取り組んでいます。猿や鹿などの被害に困っている農家さんの力になりたい、そんな思いでドローンの農業分野での新たな活用方法に力を入れています。


はじめまして、滋賀県長浜市小谷上山田町で、デルフリキャンプを運営している、松本浩幸と申します。

私は約2年前、長浜市近隣の農家のお米などを販売する「産直琵琶湖 」というネットショップの運営をはじめました。ネットショップというとビルの一角にあることが多いですが、当時の私は、事務所も畑の近くに作って、常に稲刈りや田植えをしているのを見ながら仕事をしたいと考えていたんです...

あるとき仕事を通じて仲良くなった農家さんに上山田に連れてきてもらいそこで、農薬や化学肥料をできる限り抑えてお米をつくる大戸洞舎(オドフラシャ)の松本 茂夫さんとの出会いがありました。


写真左側:松本 茂夫さん 

当時私の想いを茂夫さんに相談したら、「空いてる小屋があるから使っていいよ!」と上山田の地に招き入れてくれたんです。


そこには広大な敷地があり、私はネットショップの運営だけでなく、自然を生かしたキャンプやドローンフィールドがやりたいと思うようになりました。こうして私は、素敵なご縁からデルフリキャンプの運営をスタートさせることになりました。


上山田は、高時川の支川の水源地があり、その周囲には大人も子供も楽しめる人の手が加わった美林が広がります。野生生物もたくさんいます。住んでいる人も穏やかで、何度足を運んでも、この落ち着く景色 がそこにはあります。

TOPページに動画を入れています、ぜひご覧ください。


近頃の若者のキャンプのトレンドは一昔前のお酒を飲んで騒ぐことが目的ではなく、自然に親しむことにシフトしてきていると思います。
一方のトレンドでもある、手ぶらで施設へ行きキャンプが楽しめるグランピングとは対極になります。

自然に親しみながらのキャンプスタイルでは、欧州のように森の中に入って、整備されていないところを自分たちで整備して、そこをその日のランチの場にするなど、自分たちで自由に創意工夫して自然と共に過ごすことを目指している人が増えています。

デルフリキャンプが提案したいのも、そうした自然との付き合い方とキャンプ場の在り方です。


デルフリキャンプは自由な発想でつくる手作りキャンプ場です。好きな場所を選んで、木を組んで日よけを作るなどしてもいい。火をおこすことから始めるなんてこともあります。

そうしてできた場所を今日一日の自分の庭として家族や仲間と楽しむ。その綺麗にしたとこはそのまま残して帰り、それがまた次の人の為になる。そんな風に、訪れる人同士を繋ぐ循環を楽しむこともできます。

ちなみに、デルフリキャンプのデルフリとはスイス語の『小さい村 』という意味のことば。
この場所にピッタリだと思いませんか?


▼デルフリキャンプのnote、Instagramを更新しています、ぜひご覧ください。




①ありのままの自然を体験できるキャンプ

一部はキャンプサイト(区画) を用意していますが、それ以外はサイト決めをしていません。
自分でキャンプ場を作りたいところで作る、車で入っていける、車が横にあれば便利で緊急避難の際も安心です。
その代わり、水もなければ電気もない、自分でそのための準備を持ってくる。そんなありのままの自然を体験することができます。


②野外、屋内でできるバーベキュー

野外バーベキュー場はお天気がいい時に。

屋内は20名許容のクラブハウスがあります。
お子様が小さいなど、なかなか外に出れないときは、親も一緒に安心してゆっくりできます。窓が広いので景色を楽しみつつ、風がとても気持ちいい場所です。


③おもいっきり楽しんで学べる ワークショップ

1、里山体験

里山をぐるっと回り、薪でご飯を作ったり、野草を摘みに行って天婦羅にしたり…。
ネイチャーガイドも村にいるので里山の自然、生活を体験していただきます。


2、林業体験

干ばつの見学や体験、木工細工をつくったりします。お昼は地元のご飯を作って楽しみます。


3、心身快適体験

森に包まれるような体験を。
自然の中でヨガ、大自然の空気をたくさん吸って、自然食を提供し、その日一日を安らかに過ごしてもらう体験です。


4、ドローンフィールド


長浜市小谷上山田町の山間一帯をドローンフィールドとして開放しています。

ドローンフィールドでは小谷山と山田山に囲まれた農園や林の上空を飛行することができます。
非常に広大なフライトフィールドですので、ドローンの飛行性能や映像表現を最大限に発揮できる場となっております。


それは村の自治会の承諾を得て広大な土地をドローンフィールドとして解放してもらっているからです。

個々の広大な土地は、電柱等がなく、ドローンを飛行させるにはうってつけの場所です。趣味でドローンを楽しみたい方や、ビジネスで活用したい方が練習できる場として利用していただいています。

また、それだけではなく、ドローンは農作物を守る手段としても活用できると考え、実証実験を行っています。

近年、イノシシや二ホンジカの生息数の増加に伴い、農作物への被害が広域的に発生しています。 そういった獣害問題を解決する手段として、「絶叫威嚇スピーカー搭載 アタックドローン」を考え、この土地で実験的に飛ばしています。

鷹の鳴き声やサイレン音など、多様な音をドローンのスピーカーから流し、人里、田畑へ降りてくる鳥獣を常に威嚇して圧力をかけることにより「この場所は怖いところ」と学習をさせます。この繰返しにより、やがて出没回数は激減していきます。

大戸洞舎とばんば楽楽ファーム 、自治会の協力により被害防止対策を推進しています。

ドローンフィールドについてはこちらから


今回のプロジェクトでは、皆様からのご支援は「水回りの整備」の費用に充てさせていただきます。
業者に依頼をして見積を取りました。

建設をスタートさせてから、キャンプ場の規模に見合った小屋、設備は設置済みです。
簡易トイレはあるのですが、今後は、お子様や女性の方にも快適に過ごして欲しくて水回りの整備をしたいと考えています。

【費用の内訳】
・屋内バーベキュー場取水工事:384,395円(税込)
・キャンプ場取水工事:385,605円(税込)
・工事諸経費:154,440円(税込)
工事費合計:924,440円
・クラウドファンディング手数料 5%と諸経費:55,000円



■大戸洞舎のお米 

どっぽ村のある長浜市小谷上山田は、小谷山の裾野に広がる山間の集落。雪解けの清水で育つお米は、「うまい!」とうなるおいしさです。
山あいの田んぼは、一枚当たりの面積が小さい、段々になった畦の草刈りが重労働、イノシシの防護柵が必要…、と手間ひまのかかることがたくさんあります。

松本さん曰く「農業の役割は単に米をつくることだけじゃない。山里の景観をつくったり、生き物のすみかになったり、人を結びつけたりするいろんな役割がある。」
大戸洞舎のお米には、松本さんの想いと若者たちの夢が詰まっています。


■キャンプ&ドローン体験&里山散策プラン(薪割り台プレゼント!)

キャンプ場利用の他に、インストラクターがついて30分のドローン飛行体験や、ネーチャガイドがついて約50分間の里山散策を体験できます。

里山散策では多種にわたる草花の説明や森の様子を知ることができ、季節によってアカショウビンのさえずりや木にぶら下がったモリアオガエルの玉子やコウノトリの姿が間近に見られます。

デルフリの森で切り出したキャンプなどで使う薪割り台は、インテリア、イスなどとしても使えます。(お持ち帰りいただきます。)

※参加される人数分の数量をお選びください。
 (例)体験プランを2個ご支援いただくと、2人参加可能となります。

※体験プランは、10月以降にご希望の参加日をお伺いします。基本的に休業日以外は開催予定です。(雨天延期)


■バギー&キャンプ&ドローン体験プラン 

バギーツアーで解放感と爽快感を体感!デルフリの森でおもいっきり遊ぼう!
バギー専用コースのフリー走行や森林林道コースを走行できます。

※参加される人数分の数量をお選びください。
 (例)体験プランを2個ご支援いただくと、2人参加可能となります。

※体験プランは、10月以降にご希望の参加日をお伺いします。基本的に休業日以外は開催予定です。(雨天延期)



■デルフリキャンプパーティー参加券

デルフリ主催のキャンプパーティーに参加して、家族、友達で上山田の自然を楽しみませんか?
バーベキュー、ドリンク、ドローン体験飛行、キャンプサイト代などが込みです。(日帰りもOK)
その他にもキャンプ場ならではの企画を用意します

※パーティーの日程に関しては後日調整致します。
※テント含め、キャンプ道具一式はお客様ご自身でご用意ください。


※そのほか、各種体験プランは、10月以降にご希望の参加日をお伺いします。
 基本的に休業日以外は開催予定です。(雨天延期)


(上山田の方々)         

デルフリキャンプではやりたいことがたくさんあります!
例えば、林道、軽登山トレランができるように整備、バギー、スケートボードができるコースづくり。
農産物の加工や木工でできたキャンプギア(キャンプ用品)製造拠点をつくったり。

最終的には、たくさんの人に楽しんでもらって村の活気に繋がることを祈ってます。今回ご支援いただいてぜひ一度キャンプ場にお越し下さい!


※支援方法の問い合わせについて

9/17より、ゲスト支援(メールアドレス、リターンの受け取り先情報の入力のみで、会員登録およびログインをしなくても支援画面の「ログインせずに支援」からプロジェクトへ支援が可能な機能)の提供が終了しました。

CAMPFIREより:ゲスト支援について。

今まで通りアカウントを作成後、ご支援はできますが、新しく支援希望でアカウント登録及び、操作でご不明な点がありましたら下記連絡先までご連絡下さい。ご案内させて頂きます。

連絡先
FAAVO北びわこ
携帯:080-4551-0054(植田)
メール:info@mediart-llc.com


住所:滋賀県長浜市小谷上上山田町377-1

運営:デルフリキャンプ
運営協力:株式会社プロクルー
お問合せ:0749-65-2966
ホームページはこちら



  • 2020/09/18 18:45

    9月18日現在、達成率57%、42名の方からご支援いただきました。プロジェクトを支援していただきました皆様、ご覧になっていただいている皆様、本当にありがとうございます。いただいた応援メッセージを一つ一つ大切に、読ませていただいており、たくさんの温かいお言葉、本当にありがたく感謝しております…!...

  • 2020/09/11 18:52

    アウトドアニュースメディア「キャンプクエスト」で掲載していただけました!キャンプクエスト様、ありがとうございます!バギーやドローンで楽しめることや、現在支援を呼びかけているクラウドファンディングのことについて紹介していただいてます(*^^*)ぜひご覧くださいませ!▽記事はこちらからドローンやバ...

  • 2020/09/09 11:12

    クラウドファンディングでの取り組みが 、9月8日(火)発行の滋賀夕刊に掲載されました。デルフリキャンプでの過ごし方や、バギー、ドローンなどが楽しめることについてもご紹介いただいております。滋賀夕刊様、ありがとうございます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください