はじめに・ご挨拶

ロックバーとして自由が丘の地で27年営む『エンドルフィン』。

そのエンドルフィンから暖簾分けで、松見坂の地で9年営む『リンエンドルフィン』。

このチーム・エンドルフィン2店舗が今回の新型コロナパンデミックの影響を受け共倒れの危機に瀕しております。

今後の両店舗営業持続実現の為に、皆様からのご支援を受け賜りたく、この度プロジェクトを立ち上げる運びとなりました。

私たちの商品・お店のこだわり

自由が丘エンドルフィン店主の尾崎です。

1993年に70年代ロックを中心にアナログレコードとCDの大音量を肴にして、より美味しく酒が呑める店ロックバーを目指して開業しました。

世代、時代の隔たりを超えて、誰の心にも届けられるロックの“名曲”を新旧問わず追い続け、デカいけど

“良い音” で店内を満たし、その耳で味わう情報とロック愛を皆様と共有していく場所であり続けたいと思っております。

この度は、誠に厚かましいお願いではありますが、両店舗存続の為、お力をお貸しください。
御支援のほど、何卒宜しくお願い致します。

以下、松見坂リンエンドルフィン店主、麟子からのメッセージも読んでいただければ幸いです。

『ROCK』のアルファベット4文字、後にも先にも、この文字を背負うことしか能がありません。

都内でも有数の “音の感動” “最高の音” と定評のロックバーであり続け、他店に負けない音響と知識、独自のユーモアを維持し続けて27年の自由が丘エンドルフィン。

そんな稀有な存在エンドルフィンに心酔した一個人が弟子となり、そしてその想いと意思を引き継ぐべく松見坂に同システムのリンエンドルフィンを開くに至ったのは9年前。

この度の新型コロナウィルス大恐慌により、成す術もなく2店の営業存続が危ぶまれ大変厳しい状況に陥りました。

我々の想いは同じです。
末長く存続させたいッ!!
どうか、応援してくださいッ!!

この一心のみでプロジェクトを立ち上げることを決めました。

【リターンのご紹介】

①・オリジナルロゴ缶バッヂセット(3種)

  ¥3000-



②・両店舗共通ドリンクチケット一杯分 ×5枚+オリジナルロゴ缶バッヂセット

 ¥5000-(チャージ別途)

⬆️こちらのチケットを5枚



③・両店舗共通ドリンクチケット一杯分×12枚+オリジナルロゴ缶バッヂセット

 ¥10000-(チャージ別途)

⬆️こちらのチケットを12枚

④・両店舗共通1ヶ月間飲み放題カード +オリジナルロゴ缶バッヂセット

  ¥50000-(チャージ別途)

⑤・両店舗共通3ヶ月飲み放題カード +オリジナルロゴ缶バッヂセット

  ¥100000-(チャージ別途)



【実施スケジュール】

・返礼品のお届け
営業を再開次第、各2店の店頭、もしくは郵送にてお引き渡しとさせて頂きます。

店頭お引き渡しをご希望の方は、ご来店時に支援完了のメールの画面/支援履歴の確認画面をお見せいただくか、プリントアウトしてお持ちください。

プロジェクトで実現したいこと

思いはひとつ『両店舗の存続』です。

資金の使い道・スケジュール

ご賛同頂いた支援金は、各2店の営業自粛中期間、及び再開時の家賃/光熱費/再開時にかかる仕入れ他の諸経費/返礼品の制作費+送料に使用させて頂きます。

最後に

今回の世界的な事象が一刻も早く終息し、再び皆様と良い音を肴に、思いっきり乾杯出来る日が一日でも早く来るように祈っております。


店舗の詳細情報(住所・営業時間・アクセス等)

自由が丘 エンドルフィン
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘 1-12-2 1F

営業時間 20:00〜5:00
日曜定休

03-5701-1510

 


松見坂 リンエンドルフィン
〒153-0041
東京都目黒区駒場 1-5-11 コインランドリー左隣

営業時間 20:00〜5:00
日曜定休

03-5738-0638




本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください