私たちは2020年1月にデビューしたアイドルグループ「#f606」(エフロクゼロロク)です。新型コロナウィルス蔓延によりアイドル活動を自粛せざるを得ない状況に置かれ、悔しい思いを日々感じています。この苦しい期間を乗り越え、再び立ち上がった際に「革命」を起こす為に本プロジェクトを立ち上げました。

プロジェクト本文

初めまして、私たちはCAMPFIREでの150万円の資金調達に成功し、2020年1月にデビューしたアイドルグループ #f606(エフロクゼロロク)です。この度、新型コロナウィルスの影響を受ける中で私達にできる事を考え、再びクラウドファンディングに辿り着きました。メンバー兼プロデューサーである「美坂みさ」からのメッセージをご一読頂けますと幸いです。

ご一読頂きまして誠に有難うございます。ご支援の検討にあたり、私たちが何者なのか分かるよう整理させて頂きます。


私たち#f606は「白」と「黒」の「二面性」をコンセプトに活動するアイドルグループです。読み方は「エフロクゼロロク」(通称エフロク)でカラーコードの 「白(#ffffff)」と「黒(#000000)」を組み合わせて「白黒」という意味を持ちます。

デビュー3ヶ月のグループながら「クラウドファンディング155万円達成」「総フォロワー数21,916名」「総ライブ動員654名」と有難い事に皆様にご声援頂き、これまで活動を続けております。

そして、全くの0から始まったエフロクゼロロクは、150名超応募のオーディションの中から選ばれた6名で活動を開始。美坂みさ」「夢乃みる」「霰ヒナ」「鰐井うい」「唯一ゆに」「己々かし子の6人はそれぞれ魅力に溢れた個性的な一面を持つ事を特徴の1つとして、エフロクゼロロクメンバーとして日々邁進しております。

エフロクゼロロクの楽曲は現在5曲となり、第一回クラウドファンディングの資金を元に日本を代表する楽曲にも携わるプロの作曲家様に製作頂けております。(いずれも現在サブスク配信を行っておりますので機会ございましたら試聴頂けますと幸いです。)

簡単な紹介でしたが、もしよりエフロクゼロロクを知りたい!と感じて頂けたら過去のCAMPFIREの紹介文面に目を通して頂けますと幸いです。下記に参考として添付致します。


本プロジェクトを通して実現したい事は、第一目標の「100万円」という目標金額を達成し、「コンセプト強化/ロゴ刷新」「新衣装製作」「新曲製作」「MV製作」といったコンテンツを作る為の資金に活用させて頂きたいです。

目標額を達成し、コンテンツを充実させる事で立ち上がる時に向けたパワーを大きく蓄える事が出来ると考えております。そして現在の状況が落ち着き願わくば現在決定している7/25の2nd Oneman-Liveに全てをぶつけたいと考えております。


本クラウドファンディングでのリターンは大きく4種に分類され「Onemanチケット」「限定グッズ」「チェキ」「プレミアムリターン」となります。詳細は下記画像をご参照ください。


記載のリターン内容に対して、シンプルに4種の中からご選択頂けるプラン形態を採用させて頂きました。「★¥5,000」「★★¥20,000」「★★★¥50,000」「★★★★¥100,000」のいずれかからご選択頂く形となります。(1名様での複数購入も可能です)

下記画像では黄色文字箇所が金額が上がる事で追加されるリターンを表します。


 *2020.4:クラウドファンディング2nd開始

 *2020.6:クラウドファンディング終了

 *2020.7:リターン開始

 ※新型コロナウィルスの影響により、自粛期間が継続される場合には7月に開始可能なリターンと自粛期間終了後にリターンをさせて頂く場合がございます事、予めご了承願えますと幸いです。


最後のコメントは僭越ながら、キツネプロジェクト運営より記述させて頂きます。

皆様、いつもエフロクゼロロクの応援を頂きまして誠に有難うございます。デビューから3ヶ月ながら皆様からの多くの声援を頂ける私たちは非常に恵まれていると日々感じています。

こうしたご声援の中で皆様にお返し出来る事は「グループを大きくして、皆様が誇れる存在、そして皆様の支えになれる存在」になっていく事を1つの目標として、日々邁進していく事ではないかと考えております。

0から始まった私たちであるからこそ、皆様と一緒に歩みを進めて現在までこうして辿り着いて来れました。本当に深く感謝しております。グループの存続にも、グループの拡大にも皆様のご声援は欠かせません。この逆境を乗り越える事が出来るよう、引き続きご支援、ご協力の程をお願いできますと幸いでございます。


■本プロジェクトの形式について
<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください