タンニンと鉄が反応して黒くなることを利用して、革を染める製法「鉄染め」で、深い黒の色合いを出した鉄染め革のダレスバッグ。まだ大量生産や安定供給が難しいため、今回は染めることができた貴重な革から取れる分だけの限定での生産・提供になります。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

服部は「夢」を運ぶカバンをお届けする会社です。「鉄染め」素材に感じる質感は今まで多くの革を見てきた私でも見たことがないもので、その深く染まった独特の「黒」の風合いは、日本の美意識の1つとして質素で静かなものに感じる、まさに「侘び」「寂び」の素材。1目見てぜひ製品化したいと思いました。この素材を製品化するのに多くの困難を乗り越えて、今ここに限定数量ですがお届けできる事を「ものづくり」を大事にする会社として嬉しく思います。私どもの1つの「夢」をあなたのお手元にお届けします。

プロダクトのご紹介
  • 希少な鉄染め革を使用した限定生産セット

  • 高級感漂う、希少な鉄染めの革素材を全面に使用した他人と被らない貴重なダレスバッグ&革小物。

    軽く加工した皮に鉄染めしているため、質感がありながら実は軽量。毎日ビジネスで使い込める実用性。針の太さを変えたステッチ、留め具などの金具選定や位置など、豊岡の鞄職人の拘りの使い勝手の良さです。


  • 深い黒の色合いを出す鉄染め革の製造工程は非常に手間がかかり、約1ヶ月以上を要します。まだ大量生産や安定供給が難しいため、今回は染めることができた貴重な革から取れる分だけの限定での生産・提供になります。(ダレスバッグセットはS、L各12個限定)

    全く同じ色は2度とない希少な鉄染め革製品を、この機会にぜひ手にしてみませんか?


  • 本プロジェクトは、タンナー(革を鞣す職人)が鉄染め革のサンプルを服部に持ち込み、弊社代表の服部がその風合いに惚れ込んで、ぜひ製品化したい。と即断したことからスタートしました。





  • 革製品としては致命的とも言える課題を持ったこの素材をどうしたら実用化できるか。 ベテランのタンナーと鞄職人が膝を付き合わせて、何度も何度も試行錯誤することで、数ヶ月かけてようやくこれらの課題を克服。
    (※念のためですが、もちろん革製品なので全くの無臭というわけではありません。)

    詳細な方法は公開できませんが、適切な温度管理や職人が何度も何度も手でオイルを染み込ませていく、といった非常に手のかかる工程の積み重ねで実現しています。 魅惑的な黒色はそのままに、しなやかで軽く、鉄染め独特のにおいも感じることができないレベルまで抑えられ、丈夫な素晴らしい素材ができ上がりました。


  • そもそも「鉄で染める」という響きにピンとこない方も多いかと思います。「鉄染め」とは、「タンニンと鉄が反応して黒くなることを利用して、革を染める製法」のことです。

    タンニン(tanning)は、「革を鞣す」という英語である”Tan”に由来しており、その名の通り革を鞣す工程で一般的に使われています。 このタンニンと鉄とが反応し黒くなる現象は古くから知られており、広く生活の中で活用されてきました。

    その中で有名なのは万年筆の古典ブルーブラックインク(※)です。

    英語ではこの古典ブルーブラックインクは“IRON GALL INK”と呼ばれていて、IRON=鉄と、GALL=こぶ(植物に虫が作ったこぶでタンニンを大量に含んでいる)でできている、つまり鉄とタンニンを反応させて作った黒が、万年筆の古典ブルーブラックインク(※)でした。この万年筆の黒は色あせないことから、古くより公文書へのサインや記録に利用されていたそうです。

  • ※万年筆のブルーブラックのブルーは書いた時の視認性を高めるためにブルーインクが入っているためであり、鉄染めにはブルーの色はありません。あくまで鉄とタンニンの反応の活用事例なので、万年筆のインクと全く同じもので染めているわけではありません。


  • 詳しい工程は非公開ですが、今回のような深い黒を出すために、高い温度で処理ができる特性ステンレス製ドラムによる度重なる鉄染めを行っています。 また、熟練職人の手作業による繰り返しのオイルの塗り込み、特殊なグレージング(摩擦)、バフィング(磨き)、アイロン仕上げなどの工程を経て、最終製品として納得するまで丁寧な仕事を積み重ねて作られています。

    ちなみに、鉄染めは意外にも染料やその他、環境汚染の誘因となる化学薬品などを一切使用していません。植物由来のタンニン(ミモザ、タラ、ケラブ、チェストナットなど)と鉄、オイルを主として加工しているため、環境に優しいエコな革製品なのです。



  •                        *デザインはイメージです。

    単純な鉄染めでは色が薄かったり、グレーがかったりしますが、今回の鉄染めはほんの少し茶色がかった、深みのある黒という色合い、風合いが特徴です。

    また製作工程でオイルを何度も染み込ませていることにより、表面に弾力性のあるしっとりとした手触りも魅力的です。また自然なシボ感は、革全体をよりエレガントな印象にしています。(※シボの表情は革によって個体差があります。)

    また、鉄染めというと重い印象を抱く方もいるかもしれませんが、服部の鞄の特徴はなんといってもその「軽さ」で、ベースとなる革の鞣しに工夫を凝らすことで他の牛革素材にもない軽量化を図っています。

  • 革の特性に合わせて使用パーツごと、工程ごとに最適なミシンを使用。革の厚みによって糸も針の太さも0.1mm単位で使い分け、妥協のない縫製を行なっています。

    また、見えない部分にも持ち運びしやすいように、数種類の補強芯材を使用し、硬くなりすぎず柔らかくなりすぎず究極のバランスを実現しました。


  • 服部の鞄は「夢を運ぶ鞄」がテーマです。

    この鉄染めの革素材の鞄も、より長く使っていただきたいという意図も込めて、永遠の定番ダレスバッグのデザインを採用。 留め具はドイツ車の幌留めにも採用されている丈夫で開閉しやすいドイツホックを使用しました。





    • マチ部分が風琴(アコーディオン)の蛇腹のように見えることから「風琴マチ」と呼ばれています。

      通常のマチと違い、外向きに折り込まれるため有効幅が広く、すっきりとした薄作りでありながらも名刺の出し入れがしやすくなっています。また「風琴マチ」は日本独自の技法で、裁断・漉き・縫製など細密な技術が必要とされています。


  • 「鉄染め革」の良さをぜひ味わっていただけるように、日頃のビジネス用として使える定番 ダレスバッグS、キーケースとペンホルダーをセットにしてお届けします。 

    尚、今回は特別にぜひこの希少な革を使った鞄と小物をセットとしてお使い頂きたいので、限定12セットに特別価格を準備しました。

    この機会にぜひご検討ください。革が希少なのでSサイズ、Lサイズそれぞれ製造供給が12セットしかできません。限られた特別なものを所有するその歓びもご堪能ください。





  • 「鉄染め」革の良さをぜひ味わっていただけるように、日頃のビジネス用として使える定番 ダレスバッグL、キーケースとペンケースをセットにしてお届けします。 

    • 底鋲 4個




    • 底鋲 5個

  • 内装カラー:ボルドー
    落ち着いた色です。中に何が入っているのかわかりやすい色目になっています


  • 外側:背面に小物などをすぐに取り出せる上向のファスナーポケット付き。ファスナーのタグが外に垂れずに収納される作りだから、大事なお召し物を傷めません。
  • 内側:ファスナー付ポケット×1、小物用ポケット×2、ペン差し×1。小物をしっかり管理できる作りになっています。



  • サイズ 6×12.7×2センチメートル (横×高さ×マチ巾) 金具部分+2センチメートル 

  • *製品の機能特性

    表側は鉄染めの革、内側にはオイルレザーと2種類の革を使い、使うごとに手にフィットしていきます。

    手作りのシャックル金具は、ネジ付きで取り外しやすくなっています。ナスカンと2重リングが各2個付きで、革で巻いたホックの開閉により、すっきりとお使いいただけます。



  • お気に入りのペンをスマートに持ち運べるペンホルダー
  • *サイズ 3.0×17×1.5 センチメートル (横×高さ×マチ巾) 全長 A5~B5ノートサイズ用 約48センチメートル 
     
    ダレスバッグのデザインを継承。ゴムを使ったベルトは取り外し可。 ギボシ金具で長さを微調整できます。
  • 収納力や耐久力などの実用性もしっかり考えられたビジネスユースに安心の服部鞄品質! だから安心してご購入いただけます。ぜひ、この希少な鉄染め革製品を手にしてみて下さい。

    そして、まだ誰も見ていないこの鉄染めの経年変化を愉しんでいただけましたら幸いです。 ご支援お待ちしております!


  • 本来であれば、この全ての工程のコストを商品に反映するべきなのですが、今回クラウドファンディングで展開することもあり、開発コストを考慮していない価格設定でお届けすることにしました。


  • この革から作れるダレスバッグS+キ-ケ-ス+ペンホルダ-のセット、ダレスバッグL+キーケース+ペンホルダーのセットは各12個のみの限定の商品になります。また、名刺入れも12個のみの限定の商品です。

    この限定数量に関しては「早いもの勝ち」です!


  • 服部は144年の歴史があり、それに裏付けられた最高級の鞄、小物の機能を生み出します。今回ご提供する鞄、革小物に関して妥協のない品質を保証します。

    今回の商品は鞄のオーダーを頂いてから職人が丹精込めて作り上げお届けいたします。


  • Q: 鉄のにおいなどはしますか?

    A: いいえ。においについては、今回の革素材の開発時の重要な課題でした。2ヶ月の開発期間の中でこちらについては解決をしており、ほぼ革本来のにおいだけするところまで改善できております。

    Q: 鉄だから重いのでは?

    A: いいえ。人工の染料を全く使用していないので、革に染料が残ることもなく重量も軽く仕上がっています。

    Q: 一般の人がやっている釘で染める鉄染めと同じでしょうか?

    A: 全く異なります。製法自体が違います。また仕上がりの革の色合い、風合いが全く異なり、この深い茶色がかった黒色を出すことは一般にはできません。タンナーの長年の職人技術と設備があってこそ可能な染め方です。とても貴重で大量生産も現時点ではできません。

    Q: 環境に悪いのでは?

    A: いいえ。人工の染料を全く使っていないのでむしろ環境に優しい製品です。

    鉄成分とタンニンとオイルだけで他の薬品等は使用してないので、とても環境にやさしい染め方です。 

    Q: 色落ちはしますか?

    A: 色褪せ、色落ちはほとんどしません。防水ではないので雨に濡れた場合は通常の革と同様にケアが必要です。

    Q: 返品・交換について教えていただけますか?

    A: 商品に瑕疵がある場合は交換対応させていただきます。商品に瑕疵がある場合を除く、商品使用後は返品交換はできません。

    返品・交換については下記までご連絡お願いします。

    お問い合わせ先:

    株式会社服部
    TEL:0796-22-6161
    E-mail:shop@hattori-co.com
    〒668-0022
    兵庫県豊岡市小田井町13-25

    Q: 保証はどうなっていますか?

    A: 鞄にはご購入して商品が到着した日から1年間の保証がつきます。

    製造工程上の不具合等には対応させて頂きます。ただし、革の引き裂き、刃物での傷が発生した場合や、雨等で浸水した場合、過度の衝撃によってフレ-ムが歪んでしまった場合など、お客様のご使用状況によっては対応できない場合、もしくは有償対応となってしまうことがございますのでご了承ください。

    なお、革小物については保証はつきません。


  • ※開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。

    ※現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

    クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

    皆様のお手元に私達のプロダクトが届き、喜んでいただけるよう取り組んでまいります。


  • 服部は、夢を運ぶ鞄です。

  • 今年で144年間ビジネスとともに進展してきました

  • 最初は旅行用品関連雑貨問屋としてビジネスをスタ-ト

  • その後、鞄嚢雑貨卸商として発展

  • 早くから国を超えて貿易ビジネスをしてきました

  • オ-ナ-の先々代が実際にビジネスに使用していた海を超えた鞄
  • ビジネスを常に応援する。

    そのチャレンジをサポートし続けていきます。

    ”日本発そして世界へ”

    by Hattori


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください