かつてない「ロボット教室」です。 従来からの技術と、最新の技術を融合した、新しい概念の「ものづくり」をテーマとした教室です。 まずは子供向けの 楽しく学べる「教材」を開発しながら、教室開設の準備をしています。 是非ご支援頂き、日本中に新たな「ロボット教室」を作りたいのです。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

こちらは、かつてない「ロボット教室」である「DIYロボ☆プロ教室」の「教室開設」を実現する支援となります。

同時公開の、"かつてない「DIYロボ☆プロ教室」の、アイデア満載の「教材開発」を推進する会"もご支援ください。

 

かつてない「ロボット教室」。

「DIYロボ☆プロ教室」として、「ロボット」「プログラミング」を、「ものづくり」を通じて学ぶ教室(小学三年生以上向け)を開設したいのです。

工作・実験を中心に据え、従来からの「ものづくり」と、最新の「マイコン」を導入し融合した、多彩な「教材」にて、遊び、学ぶ「教室」の開設により、明るい未来を担う子供たちを後押ししようとするものです。

少子高齢化の時代に沿った「IT生涯学習」の一環の第一弾であり、第二弾としては「IT脳トレ塾」を中高年向けに開設する計画があり、その中高年の方々の中から「講師」が誕生し、少子高齢化の当事者が有機的に結びつくことで新たな「教育」「就業」の場が誕生するものと考えています。

これは、「講師不足」の現状や、教室施設の効率的運用の解決策となり、第三弾の「大人ロボ☆プロ教室」開設への弾みともなります。

お子さん、お孫さんの新時代を創る為のとてもホットな支援となります。よろしくお願いします。

▼「DIYロボ☆プロ教室」について

詳しくは、ITらんど の[DIYロボ☆プロ教室]をご参照ください。

▼このプロジェクトで実現したいこと

「DIYロボ☆プロ教室」を開設します。

まずは初号教室としての開設が大切な一歩になります。

「教材開発」を通じて、「教材」の持つ「魅力」あるいは「力」の様な手応えを感じていますが、あくまでも大人目線のものであり、現代の環境に生きる子供たちにとっての「教材」のフィット感や、効能はまだまだ未知数です。

「教材開発」の大半は、「プロダクトアウト」によるものですが、残りの部分は、子供たちや親御さんの反応、意見、感想、要望、アイデアなどの「マーケットイン」により作られるものと考えています。

「教材」をブラッシュアップして、子供たちが、より多くの要素技術に出会えるよう工夫し、それらの技術を自分のものにして活用(応用)を目指せるような目標(夢)も提示しながら、「教材開発」と「教室開発」を同時に進めます。

そして、多彩で楽しい「教材」を使った、かつてない「ロボット教室」を全国に展開したいのです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

「工学離れ」と言われ、社会構造の変化も大きく、若者の活躍が難しくなってきている時代ですが、若者(子供たち)の未来は明るいと思っています。

「技術立国」と言われた日本の底力はまだまだ健在です。

今こそ、大人が持つ知恵(技量)を、子供たちに伝承する為に、「ものづくり」を基礎から立ち上げられる能力を身に付ける環境を整備して、「少子高齢化」「人口減少」社会の今後顕著化する「人手不足」「仕事内容変革」に対応出来る「人材の卵」を育成する「場」を提供したいと思いました。

それは、今、やらなければならないと感じています。

わたくしのようなロートルの技術者が次々とリタイアし、社会の第一線から退く時期、「コンピューター」という言葉を周りに聞いても誰も知らなかった1970年台から、現代の最先端を担う技術者(賢者)が、技術畑から消えていく時代が既に始まっています。

このまま、先人の知恵(技量)を、眠らせてしまうのは、日本的に「もったいない」と思います。

少子化の子供たちに、高齢化の中高年(リタイア組を始めとした賢者)が、して差し上げられる事とは、「教育」のお手伝いであり、人口減少の中での、子供たちへの「戦略的育成」であると思うのです。

▼これまでの活動

「DIYロボ☆プロ教室」用の、自分でやる、ロボット、プログラミングに適した「教材開発」をしてきました。

まだまだ道半ばであり、機能的な「教材」にブラッシュアップするには相応の時間を必要しますが、子供たちにとって、工作の素朴な楽しみに触れられる「教材」、意外と難しく無い「マイコン」活用の「教材」などが、いくつも誕生しています。

また、「ロボット」の裾野の広がりの中で、「教材」のネタ(アイデア)が枯渇することは無く、新たな要素技術や、その部材を苦労なく手にする事が出来るネット時代、その進化、発展の可能性に後押しされています。

▼資金の使い道

①「DIYロボ☆プロ教室」の「教材開発」に伴う、機器、部材などの購入費用。

②「体験会」開催に伴う、広告費、部材費、人件費などの諸費用。

③「DIYロボ☆プロ教室」の開設に伴う、敷金、家賃(当面)、什器備品、機材、広告費、人件費(当面)などの初期投資資金。

④「IT脳トレ塾」の開設に伴う、フランチャイズ契約金、諸費用、機材、広告費などの初期投資資金。

▼リターンについて

① 開発しました「教材」をお選び頂きご支援ください。

「教材」ですのでそのままの状態(未完成品(部材))を返礼するのが基本ですが、ご希望により完成品(完成品オプションを同時に同数ご支援ください)を提供します。

② 「教材」を使った「出張ワークショップ」のご利用でご支援ください。

ワークショップを企画して頂き、招聘ください。 参加者の年齢、人数や、時間などにより、使用する「教材」を選定(組み合わせなども)し、ご指定の場所まで出張し、「ワークショップ」を実施します。

③ FC(フランチャイズ)の権利を割安にてお譲りします。

新規教室開設、既存教室への追加計画など、「ロボット教室」の開設をお考えの方々に「DIYロボ☆プロ教室」の「教材」「運営ノウハウ」「教室管理システム」などを提供します。 それぞれ少しお時間を頂くことにはなりますが、年内にはFC展開を開始し、FC初号教室を開設したいとスケジュールしています。

 

▼最後に

「教育」という世界に飛び出すに当たり、相応の準備が出来ているかと尋ねられれば、「足りないのは「財力」であり、「知力」と「情熱」は持ち合わせていて、なおかつ、社会構造の変革に対応し活躍出来る人材を育成するという「追い風」を感じてはおり、皆様の応援(支援)を頂くことにより、勢いよく飛び立て、力強く羽ばたけるものと信じています。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください