瀕死の状態で保護してから11年。甲状腺機能亢進症、門脈シャント、消化器型リンパ腫と次から次へと重病になり3時間にも及ぶ大手術にも耐えてくれました。本当に辛かったと思います。それでも病に負けず小さな体で必死に生きようとしているみるくを助けたい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

数あるプロジェクトの中からご覧いただきありがとうございます。

飼主のみるくママです。

みるくは11年前に瀕死の状態で保護した女の子です。

現在、消化器の悪性リンパ腫、門脈シャント、甲状腺機能亢進症の3つの爆弾と戦っています。

3月下旬に大腸にある腫瘍を摘出する為3時間に及ぶ大手術にも耐え、現在抗がん剤治療を始めたばかりの状況です。

副作用で食事が取れなくなる時もありますが、それでも自ら食べる意思を見せ、必死に生きようとしています。

私はあの子の生命力を信じ、何としても救いたい!

その一心でプロジェクトを再度立ち上げました。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

よろしくお願いいたします。


このプロジェクトで実現したいこと

抗がん剤治療を最後までやり遂げ、寛解を目指します!

プロジェクトをやろうと思った理由

前回のプロジェクトは、皆様のご協力で目標を達成する事ができました!

本当にありがとうございました。

治療を進めていく中で、抗がん剤の治療での入院費、通院費が当初の予定より大幅に上回る事が分かりました。

現在は、ほぼ毎日通院しております。

ですがそのお陰で、みるくは抗がん剤に耐えれていますので通院をやめる方はできません。

情けないですが、今の私の資金状況ではみるくを助ける事が出来なくなってしまうため、再度プロジェクトに挑戦しようと思いました。

↓これは前回のプロジェクトです。

詳しくこれまでの状態が分かると思います。

https://camp-fire.jp/projects/view/246409


資金の使い道

資金はみるくの抗がん剤治療、通院、その他諸費用に使わせて頂きます。

実施スケジュール

現在、2週目の投与が終わり5月10日に3週目の投与を予定しています。

みるくの体調次第により遅らせる場合も有ります。

これを25週目まで乗り越えてもらえば寛解です。

薬と点滴で体調をコントロールしながら進めていくことが本当に大切なんだと日々実感しています。

体調次第なので添付した通りに進まれる方が少ないそうです。

リターンについて

ご支援くださったパトロン様全員にお礼のメッセージとその時の猫の写真、7月時点での収支報告をメールにて送らせていただきます。経過や収支は継続治療が終了するまで活動報告にてお知らせ致します。申し訳ないことですが物品を揃える余裕がないので3万円以上のパトロン様にはオリジナルのフォトブック、5万円以上の方には2021年度のカレンダー送付させて頂きます。
少しでもみるくの可愛さが伝われば嬉しいです

※メールアドレスはリターンの履行のみを目的として取得されます。


最後に

どうしてもみるくを助けたいです。

ここまで手術、治療に耐えてくれている姿を見て飼主としてやれる事はしてあげたいと思っています。

みるくの生命力を信じ頑張りたいと思っています。

皆様、愛するみるくを応援していただけないでしょうか。

どうぞご協力をお願いいたします!

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/31 13:30

    こんにちは。これまでご支援下さった皆様、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。本日はみるくの近況を報告をさせて頂きます。5月25日に第4週の抗がん剤投与を終えて通院の日々を送っております。今回の抗がん剤の副作用は1週間後に出やすいものなので、明日以降ということになります。今のとこ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください