PORTAのサスティナブル・ループプロジェクトは、自然→生産者→消費者が一つのループで繋がる循環型のビジネスモデルでスタートしました。自然保護の観点から、過剰生産をせず、ポルトガルで100年以上続く伝統工芸の職人たちによって一つ一つ丁寧に作られたかごバッグを皆様にお届けしています。

プロジェクト本文




はじめに・ご挨拶

はじめまして、PORTA代表の横田です。ポルトガルでの生活を通じて、現地に100年以上続く天然葦(あし)を使った伝統工芸品のかごバックの職人家族との交流から、サスティナブルな生活を送る彼らの生活の安定のための賃金の問題や、森林火災による環境問題、若い担い手の育成などに貢献できるような循環型のビジネスプランを考え、バッグのブランドPORTAを立ち上げました。PORTAとはポルトガル語で扉という意味があります。

プロダクトのご紹介

ポルトガルに自然に育成する葦(あし)を原料に100年続く伝統工芸品のかごバッグの職人とコラボレーションしてバッグの製造を2019年よりスタートしました。

乾燥させた葦を同じ長さにカットします。穂の部分も廃棄せず動物の寝床に再利用します。この後、自然由来の顔料に葦を漬けて色付けし太陽の下でしっかり乾かします。

麻の縦糸に、仕上げた葦をひとつひとつ丁寧に編みこんでいく。そのパターンは無数にあり、職人達は、いつもオリジナリティに溢れたデザインを創造しています。



ポルトガルの伝統工芸

ポルトガルの燦々と照りつける太陽の下で乾燥した葦を一つ一つ編み込んで作られたバッグはとても軽いのが印象的です。まるで太陽の香りがするような、暖かいぬくもりのある葦で編まれたかごバッグに、職人が柳の枝を使いくるくると巻いてハンドルにしています。これも熟練の職人にしかできない技です。

PORTAのかごバッグの内側は、カット処理をした後、角が当たらない様に、コットンテープで加工しています。更に、かごバッグにストンと入る内ポケット付きの綿100%の巾着バックをお付けしました。インバックはご家庭でお洗濯いただけるように思案して製作に至りました。



プロダクト誕生までのお話

天候を見極めながら、手間と長い時間をかけて作られるPORTAのかごバッグは、熟練の職人達によって支えられています。大地に根差す職人達は、自然によって支えられてます。私にできる事は、彼らのこの美しい伝統をより多くの人々に知ってもらえるよう、彼らと世界が繋がる『扉』=PORTAを開く事だと考えました。

そして、彼らとフェアトレード(適正価格)で契約する事で、若い担い手の育成にも貢献できるサスティナブル( 循環型) なビジネスを実現できると考えています。今も昔も過剰な生産をせず、環境と向き合いながら丁寧に織りなす彼らのテキスタイルを、新しい視点で改良しながらより使い易く、スタイリングしやすいデザインで商品化する事を目指しています。


リターンのご紹介

■お好きなPORTAのかごバッグを1つリターンいたします■


昨今の世界的なパンデミックを受け、ポルトガルもロックダウン対象国として外出禁止令が出ています。(5月上旬現在)丹精込めて彼らが作り上げたPORTAのバッグのうち60個を限定でキャンプファイヤーのクラウドファンデングに初掲載する事にいたしました。

商品は掲載終了後、東京都の発送地から日本全国に発送させていただきます。配送費は込みです。

売上はバッグ職人の技術支援、来年の新作サンプル製作費に充てたいと考えています。


 ご賛同頂ける皆様のご応募をお待ちしております。


製品情報・仕様


■トラディショナルS         縦22cm(ハンドル含む) 横18cm 幅10cm   チェーンストラップ、保存袋付き

■トラディショナルM                               縦26cm (ハンドル含む)横22cm 幅11cmチェーンストラップ、保存袋付き

■ラウンド                                          直径15cm 高さ19cm                              コットンストラップ、保存袋付き


素材: 天然葦、柳、PUレザー     インバッグ: 綿           


メディア掲載

1月15日繊研新聞にサスティナブルファッションで取材を受け掲載されました。


<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください