はじめに・ご挨拶

このプロジェクトをご覧頂きありがとうございます。

株式会社ロックのこころの代表、古賀高志と申します。

弊社は2007年より渋谷は宇田川町で13年弱ロックバーを運営してまいりました。

また2008年には川崎駅前でダンススクール(2016年に譲渡)、2013年には渋谷でアメリカンダイナー(2015年に閉店)

そして2018年には世田谷でリラクゼーションサロンも運営しております。


店舗運営以外では外部委託で真夏の祭典、サマーソニックでオフィシャルバーなどの運営、GWなどに肉フェスの運営などもお手伝いしております。


全ての業務に一貫して大切にしているのはそこに登場する人材。

ロック好きなスタッフ、世界一になったパフォーマーの引退後の第二のステップ。フレアー大会に参加してるバーテンダー。日本人と結婚し来日した海外ミュージシャンなどなど。

多くのユニークなスタッフ、そして彼らを支えてくれた仲間たちに恵まれました。


プロジェクトに踏み切った理由


そんな人と人との繋がりを大切にして運営してきた店舗の中で、弊社の中心でもあったBARロックのこころ13年弱の営業を3月の末で幕を降ろしました。


そして世の中の動きを見定めて新しく生まれ変わる予定でしたが、昨今の新型コロナによる影響で全てのスケジュールが不透明になってしまいました。


現時点で弊社の業務(運営2店舗、イベント業務委託運営など)は4月より全て停止しております。

緊急事態宣言を受け自粛休業をするにあたって、まだ見ぬ協力金、助成金そして無利子などの融資を活用して6月くらいまでは現スタッフも維持しながら店舗を守ろうと頑張っています。


最近では多くの会社が悲鳴をあげていますが、持続させるのは自分の仕事と思い頑張ろうと考えています。

しかし新しく生まれ変わろうとしている宇田川町の店舗の誕生には皆様のお力をお借りしたく思っています。


店舗のコンセプトは

“HOME SWEET HOME” ―誰もが安心して戻れる場所―


寂しい夜、仕事でのストレス、すれ違う感情


多くの悩みは人とのふれあいで癒されると信じています。

そして人と人が交わることで生まれ出るアイデア、楽しみなどが大好きです。


その様な空間を今の状態が落ち着いたときに準備してみなさんをお待ちしたいと思います。

日替わりの食事を中心に美味しいお酒と仲間、そして音楽。

その様な空間を作り直すことに是非お手をお借りしたいと願っています。



これまでの活動

【株式会社ロックのこころ沿革】

2007年 

7月 資本金300万円にて川崎市高津区に株式会社ロックのこころを設立

8月 SUMMER SONICにてオフィシャルバーの委託運営(これより毎年)

11月 渋谷区宇田川町に同名のロックバーを開店

12月 渋谷AXにて及川光博主催のカウントダウンでケータリング

2008年 

4月 PUNKSPRINGにてオフィシャルバー運営

6月 MTVライブにてケータリング

10月 川崎駅前ラ・チッタデラにてダンススクールを開業

2009年 

1月 街頭美化運動を川崎駅前で展開(以降2ヶ月に一度の開催)

8月 SAMMYの企業ブースをサマーソニック内で委託運営

12月 鉄道カメラマン、広田泉氏と撮影ツアーを開催

2010年 

7月 ESP学園と共催で音楽、ダンスイベント“音舞創楽”をチネチッタで開催

10月 広田泉氏と株式会社コシナ工場見学ツアーを開催

2011年 

3月 撮影ツアー開催前日に被災、ツアーの中止

4月 一般社団法人 復興ジャパンの立上げに関わる

8月 南三陸地方の復興支援プロジェクト“さとうみプロジェクト”の立上げ(のちの一般社団法人さとうみファーム)

9月 被災で中止になった撮影ツアーを栃木のグリーンふるさと機構と開催

2012年 

1月 バンド活動支援をする“ロックのこころ”レーベル立上げ

4月 レーベル第一弾“ANARCHY STONE”リリース


5月 レーベル第二弾“UNDERLAND”リリース

2013年 

12月 渋谷区宇田川町にアメリカンダイナー“THE ROXY TOKYO”開業

2015年 

5月 駒沢公園で開催の肉フェスにおいてオフィシャルバー運営

6月 お台場にてx-gameイベント“CHIMERA”でオフィシャルバー運営

9月 さいたまスーパーアリーナで開催の肉ロックでステージ運営


11月 レーベル所属アーティストによる主催イベント“爆音大運動会”開催

2016年 

1月 代官山に計画されたCafe Habana立上げプロジェクトに参加

11月 もしもし日本にてオフィシャルバー運営

2017年

 3月 駒沢公園にて餃子フェスオフィシャルバー運営

6月 武道館で開催されたSTINGウェルカムパーティーにてバー運営

10月 ギブソンショームでのローンチパーティーでバー運営

11月 渋谷O-Eastにて10周年イベント開催。MAN WITH A MISSION, BACK-ON, BAND-MAID, そしてアメリカからはSNOTも来日して出演

2018年

8月 asian relaxation Villa二子玉川店を開業

8月 a-nationアーティストホスピタリティーでのバー運営

2019年

5月 肉フェス5周年オフィシャルバー委託運営

8月 肉フェス軽井沢オフィシャルバー委託運営

8月 サマーソニックにてMリーガーを招待した麻雀ブースを展開

2020年

4月 全ての店舗、外現場が自粛休業もしくは中止 活動停止



資金の使い道

今回のコロナの影響は今後の生活に大きな影響を及ぼすと思います。

特に人と人との密接な関係は良く無い事と認識されてしますかもしれません。

しかしながら古い自分はその新しい流れに乗ることは出来ないのだと分かっています。

なので古き良き人が交わる空間を作り直して本来の人間が最も必要とする人間関係を構築できるお店を立ち上げ直したいと考えています。

その為に今回の資金を下記の用途で使わせていただきます。

1.店舗の新規展開に必要な経費(人件費、改装費、その他)

2.リターンの制作費及び郵送時の送料

3.CAMPFIRE手数料

 

実施スケジュール

支援受付締切:2020年6月21日

*営業再開目処がたち次第、リターンの履行を進めてまいります。

またTシャツなどの郵送物は8月を目処に対応させていただきます。



最後に

自分は今まで自分の弱い部分を見せるのが好きではありませんでした。

自分が弱い部分を見せてしまうと、周りのみんなが言いたい事を言えなくなってしまうと思っていたからです。


大丈夫!

全然問題ないよ!


こんな風に相手を励ますためには自分の弱さを見せられませんでした。


会社を起業して13年。

その間に沢山の人達と縁をもらいました。

お店で出会った同士が結婚、出産。

フランスで新婚生活をしているタトゥーアーティスト。

学生から社会人へ。

ホテルウーマンや鉄道ウーマン。

上京からリターン。

地元に戻って実家のお寺を継いだ学生もいました。


本当に多くの人の人生に絡ませてもらいました。


13年も経営してきてこの騒動で乗り越えるための資金を貯めることは出来ませんでしたが、

たくさんの思い出は積み上げられています。


そしてその様な楽しい時間をこれからも作って行きたいと切に思っています。


昨今ではリモートやオンラインなどがもてはやされていますが、

自分はどうしても人と人は直接向き合い、時には触れ合うことで伝わることが沢山あると信じています。

古い考えかもしれませんが、

その様な、そして今まででは当たり前だった事がまた普通に出来る事を期待してしまうのです。


そしてその様なことが出来る日が来た時に皆さんが集える場所を存続させておきたいのです。


甘いよと言われるかもしれませんが

それが今の願いです。


音楽業界で20年以上の経験はあと10年程度有効期間が残っていると考えています。

まだまだ楽しい事の提案も出来ると自分を信じています。


でもその為にはどうしても皆さんのお力を必要としております。


自分の弱い部分を見せるのは今までは本当に苦手でした。

でもそのちっぽけなプライドがこの先の楽しい時間、出会いを失わせるのであれば、そんなものは捨てます。


どうか皆様、助けてください。

宜しくお願いいたします。


令和2年4月 

株式会社ロックのこころ 代表取締役 古賀高志


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください