自叙伝処女作「職業 春木開」を広め、全国の若者に届けたい!!!!!


「春木さんの職業は何ですか?」


僕は即答する「職業 春木開です。」

僕は生き方を売っている。


コロナの登場により僕達は助け合わないと生きていけない。


支え合わないと生きていけないという状況を突きつけられ僕らはこれから新しい生き方を

歩んでいく必要がある。


・昭和は「物」を売る時代

・平成は「情報」を売る時代

・令和は「生き方」を売る時代


20代の時、眩いステージに立つ30代40代の先輩方に憧れてきた。


今は自分達が若い世代に

「うらやましい」

「キラキラしてる」

「あんな生き方したい」

と感じさせなきゃいけない。


若い世代の人達には失敗を恐れず、どんどん挑戦してほしい。

何回失敗しても大丈夫。

俺も昔は、貴方と同じ場所にいた。


新時代の生き方を「一人でも多くの新世代の若者に伝えていきたい」




しかし、自分一人の力ではなかなか解決できません。


皆で力を合わせて作り上げるプロジェクトです。






目指すは「ベストセラー




このページを拝見していただきありがとうございます。


「春木 開」と申します。







経緯


なぜ、このプロジェクトを立ち上げたか?




僕のSNSには毎日100件以上のDMが届きます。

その主な内容は仕事やビジネスに関することです。

しかし「ほとんどのDMの悩みがそもそもビジネス以前の話・・・」と感じることが多いです。

例えば、ビジネスに向かう意識が低かったり、モチベーションが上がらないことを悩んでいたりしています。

そのため、このような人たちの意識の底上げをしよう思い、狙って「ビジネスに取り組むにあたってのマインド」や「意識の底上げになるモチベートする言葉」をSNSのコンテンツ内容にしていました。

もっと自分の価値観や生き方を伝えたくてオンラインサロンも運営し現在500名ほどの会員がいますがまだまだDMの悩みは途絶えません。




そんな中、出版の依頼がありました。

著書という形であれば「僕の思いがもっと伝えれるかもしれない」と思い、この度出版に至りました。

僕の言葉が誰かの勇気になったり、背中を押せる発言ができたらなというのが願いでもあります。



しかし、経済的にも購入できない方も多いと思います。

そこで、このクラウドファンディングでの支援金で自分の著書を購入し、より多くの若者に届くように全国各地の学校や施設に届けたいと思っております。




行動できずに悩んでいる若者の背中を押す!!!





そう思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。



これからの日本を担う若者たちの背中を押してあげたいと思ってくださる方はご支援よろしくお願いします!!!




2020年6月9日書籍の一般販売開始予定。

総合法令出版からの出版になります。

ページ数232P

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください