今、美容師として何ができるか。少しでも誰かの力になれたらなと思い立ち上げました。抗がん剤治療や脱毛症等で悩んでいる方にその方に合わせたウィッグを届けます!コロナウイルス収束までの期間のテレビ通話の時や収束後の外出でステキな笑顔になれるように^ ^

プロジェクト本文

<ご挨拶・きっかけ>

はじめまして、美容師をしております冨田幸平と申します。

現在、コロナウイルスの影響で生活面でも仕事面でも不安な思いをされてる方が多くいらっしゃると思います。

美容室では、対面サービスのため、マスクをしたり、消毒の徹底。接客人数を減らしたり、換気をしてサービス提供することでなんとか営業はできていますが、

営業時間の短縮などをしたり、私自身も自宅で待機することが多くなりました。

こんな時こそ、美容師として新しい挑戦をして、1人でも多くの笑顔を増やせたらなと思いました。


<このプロジェクトで実現したいこと>

今回僕が実現したい事は、

"抗がん剤による抜け毛や脱毛症など、さまざまな理由で髪型に悩んでいる方に、その人に合わせてデザインしたウィッグを贈りたい!"


しかし、僕が届けたいのはすでに髪型が決まっているウィッグではなく、しっかりとその人に合わせてデザインされたウィッグです。


売れているものはウィッグ会社が作ったものであって、美容師が切ったわけでもなく、その人に合わせて作られたものではありません。

そこで僕は直接ウィッグを必要としている人とコンタクトを取り要望を聞き、カットをしてその人に合わせたウィッグを贈りたいなと思います。

自粛中とはいえ今はオンラインなどでも顔を見せたりすることも多いですし、収束後に自信を持って笑顔で出かけられるためのお手伝いができればなと考えております。

<ウィッグについて>

ウィッグは基本的に人毛とファイバー(化学繊維)の2種類あります。

検索してみるとわかると思いますがファイバーの方が圧倒的に安価で、人毛の方が圧倒的に高価な物になります。

<何が違うのか>

ファイバーの物は基本的にアイロンの処理に向いていません。

耐熱と書かれている物でも人毛と比べると操作性が全く違います。

ワックス等でスタイリングをしてもあまりうまくいきません。

それに比べて人毛ウィッグは文字通り"人毛"なので、アイロンで形をつけたり、ワックスで可愛く動かしたりできます。

そして何より手触りや艶感、質感が"自然"ですので他の人から見てウィッグだとわかりにくいんです。

・以前作ったウィッグです。

こんな感じでかなり自然かと思います。

人毛ウィッグは普通は高価な物ばかりなのですが、髪型が整えられていないただ植えられた状態のウィッグでしたら少し安く仕入れることができます。今回はそれのウィッグを使用してデザインしていきたいと思います。


<資金の使い道>

今回、製作から発送まで僕一人で行うので5人の方のみに贈ることにします。

合計の費用は¥125000

一人当たり約¥25000→人毛ウィッグ約¥20000、その他送料やカラーなどの材料費として使わせていただきます。

<スケジュール>

5月 : クラウドファンディング実施

6月 : ウィッグ製作及びウィッグの配送

7月:リターン

<プロフィール>

高校在学中から鎌倉早見美容芸術専門学校通信科に通い、高校卒業後美容師として活動。

2013年、スタイリストデビュー。

サロンワークの他に、ヘアショーやコンテストなどに積極的に参加、受賞歴多数。

サロンのクリエイティブチームの中心となりサロンビジュアルなどの作成なども行う。

ウィッグを使ったクリエイティブ活動の経験を生かし今回のクラウドファンディングの企画を立ち上げる。


<最後に>

今回クラウドファンディングもウィッグを贈ることもはじめての挑戦になります。

今回、これといったリターンは御用意できなくて申し訳ないのですが、本当の意味でご支援だと思って頂けると嬉しいです。

皆様から支援して頂いた資金は責任を持って、髪の毛に困っている方々に、その人の笑顔を作るために使わせて頂きます。

サロンワークの傍ら、1人での活動になるので贈る相手が5人と少ない人数にはなってしまいますが、、、

美容師はサロンワーク以外でも人の役に立てたり、喜んでもらえてるということが世の中に広まる可能性にもなるかなと思います。

1人でも多くの笑顔が増えますように。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください