『いのち』を繋げている『水』『光』『音』一雫は全てと繋がり、全ては一雫を生む物語。この美しさを世界中の人とシェアしたい!

プロジェクト本文

◉はじめに・ご挨拶

はじめまして。プライス琴子(ことね)です。



私たちの住むこの星は、瑠璃色に輝くお水のワンダーランド♪

そのことを教えてくれて、
『水と いのちの ART図鑑』を作る閃きときっかけをくれたのは
水と光と音の科学でした。
皆さんがもうご存知のように、この星は約70%を海が占め、ヒトの身体も約60%は水。。。
水と光と音の存在があることで、私たち「いのち」は生きているし、
彩り豊かな地球を目に映すことが出来ています。


◉このプロジェクトで届けたいこと

葉から放たれる水と光のきらめき

奇跡のような煌めきや繋がりが『水』の中から観えてきました。
つまりそれは、私たちの中にもあるということです。
循環している『水』の中に見える『いのち』の営みは、驚くほど美しい!
その本質的な美しさを、言葉や文化、歴史を超えて、視覚的なART作品にして届けたい^^
その先に生まれる感動が、水紋のように広がっていくのが見える様でワクワクしてきます🎵

このプロジェクトに関わってくれた全ての方々と、いのちの脈動を
共有することが出来たら最高です!


◉プロジェクトが生まれるまでの物語


「この日のために」
そう感じる時を、
誰もが地球という星に設定して、
この身体を生きるのかもしれない。
今、此処から生まれるART図鑑が、誰かの深部を振るわせるような 
きっかけのひとつになれたら。
そんな想いが溢れています。


〜母〜

図鑑の写真やQRコードから見て頂ける動画は全て、母が撮影しました。
母は私が4歳の時に倒れてから40数年の間、何度も遺書を書いたほど
様々な身体の不調を味わってきた人です。


〜父〜

一方、は私が幼い頃にジャマイカという南の島へ行き、ボブマーリーが世界に響かせた
「レゲエ」のリズムと生き方に感電。

帰国後…

「ドレッド」を背負い、新宿2丁目というディープな街に、たぶん日本初だったであろう
レゲエのクラブをOPENしました。

ドレッド前の父と


小学生になるかならないかの頃から大好きだった2丁目の父の店。面白いくらい多種多様な大人達が集うあの店で、私の中の多様性も育まれていったのかも知れません^^


〜クリエイション(創造性)と内観〜

毎晩そこへ出勤する父に、倒れて以降ほぼ外に出られない母は帽子を編みました。

1日1つ。

毎日新しく編んだ帽子を被り、新宿2丁目へと出勤する父。
108つまでは数えていたかな。
今振り返ると母から溢れるように生まれたその作品はとてもユニークで、父の店に集う個性的な人々にも絶賛を頂くような名作ばかりでした。(あぁ写真がないのが本気で悔やまれる!)

家の外に出ない生活の中で、母がその創造性を見事に発揮した、もう1つが
内観》です。
自分の身体と向き合ううちに、内側に広がる宇宙を発見したり、
細胞の動き、エネルギー、魂、
といった、普段は見えない感覚的なものを磨いていったのかな。
その感性は40年以上365日24時間、という歴史の中で培われていきました。


〜私の視界と世界の矛盾〜

気がつけば、身体、健康、病、エネルギー、意識、魂、宗教観、食事、ホリスティックな医療など、
幼い頃から常に母の体調が良くなるにはどうしたらいいのか、という事を無意識に求めていた私。

「地球と共に生きて、皆んな手を繋ぎ愛し合おう」と歌う父と、傍らの母から滲んでくる
悲しみやるせなさ みたいなものを両方受け止めるだけの器を育てたくて必死だったのかも知れません。
一番近くの矛盾をどう落とし込めばいいのか分からずにいて、本の中や、人の話の中に「正解」
を探したり、「良くなる方法」を追い求める、そんな事に頭の中は忙しい子供でした。

長い間、、、、


 人間は本当に誰もが等しく素晴らしい存在で
 生まれてきたそのままで価値があり、たとえ寝たきりでも
 一生病と一緒にいても、酷い環境下で生涯を終えたとしても
 それでも祝福されている存在なのか。


という問いの、納得できる答えが、どーーーしても欲しかった。


〜水玉の世界と宇宙と科学〜

どうしても、どうしても答えを知りたい!っていう欲求が、
私に様々な人のご縁や出逢いを運んでくれたんだなと感じています。
「方法」や「正解」の奥に、自分の内側から湧き出す答えがあるよ。
そう教えてくれた、
水玉の世界》〜水と光と音の科学〜

・私たちは宇宙の振動の中で、全てと共振しながら光を循環させていて
『いのち』には湧き出している「もと」が在る

本当に誰もが、唯一無二の存在なんだということを、お腹の底まで落とし込める体感をくれた
アクアフォトミクス という科学との出会い!

〜祝福の時〜

すぐに母に伝えました。
すると長い間、母自身が問い続け、見出そうとしてきた世界が目の前に広がり始めたんです。

太陽、空気の色、植物の水や身体の水の光が彩り豊かに循環している様子を、
母は鮮明に捉えはじめていきました。


母の肌から放たれる光の粒


初めはおっかなびっくり!
それでも夢中で捉えた光を写真や動画に撮る日々が続きました。


その写真や動画があまりにも美しくて、
私は、もしかしたらこれは、多くの方の勇気や希望になり得るんじゃないか?
自分という 『いのち』 そのものを、大好きで愛おしく思える様な
「ギフト」になり得るんじゃないか?と思ったんです。


間違いなく、全てのいのちは美しい!

その確信をARTとしてシェアするために、母自身が身体と向き合ってきたこれまでがあって、
だからこそ『水といのちのART図鑑』を、喜びをもって世界に送り出せる。

おかげさまで70歳を過ぎた母は、
今、この世界をとても興味深く、面白いエネルギーで捉えながら、
祝福の時を生きはじめています。

◉たくさんの方の応援でここまで来ました!

水と光と音の研究「アクアフォトミクス」という科学は、ひっくり返るほど面白くてワクワクします!
色〜〜〜んな世界感、異なるジャンルの探求に、共通言語をもたらす様な素晴らしい研究で、きっと、
今までは共有できなかった感覚的なものや、スピリチュアルという様な括りでしか語られていなかったことも「科学」されていく時代なんでしょうね!

私がこの図鑑を世界に届けたい!

そう思ったのはこの科学を知ることが出来たからです。
高野山の麓、和歌山県神野々にある ゆの里。
ここでは平成23年から神戸大学のツェンコバ・ルミアナ教授と共同研究をされていて、社長の重岡省吾さんがいつも
「お水が教えてくれたこと」を実際の体験を通して、私たちに伝えてくださっています。

「お水」を知ることは、「いのち」の本質に迫ることであるし「宇宙」と共振し繋がっている。

そんなお話をずーーっとしていたくなってしまうくらい、引き出しが沢山ある、
大好きなゆの里の重岡昌吾社長から応援メッセージを頂きました^^


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

去年、琴ちゃんから数枚の写真を見せてもらいました。
それはお母様が、植物や、ご自身の肌を撮った写真だったのですが、まるで水と光のアート作品のようでした。

全ての命は水の中に存在します。
そしてそれぞれ固有の輝きを持ちながら、水の中で繋がり、響きあい、循環し
バランスをとりあいます。

私は、高野山麓、橋本市神野々に湧く、金水・銀水・銅水という、とても不思議な三種類のお水と、
『アクアフォトミクス』という水と光の関係性を読み解く科学を通して、これまで多くのことを学ばせていただきました。

水が全ての物質やエネルギーの鏡として光を循環させながら、全てと繋がった
ネットワーク社会のような構造を持つという事。

また全ての光、これは見える可視光線だけではなく、紫外線や赤外線、
X線や放射線等の見えない光を含む全領域の光は、水の中でつながっているという事。

水の中に時間が有り、光によって螺旋のように時を刻んでいるという事。

そして月の満ち欠けなどの天体の動きと水の中のほんの小さな時間的変化が
見事な相関性を持っているという事など。


そう、水の中では宇宙的なマクロな動きがミクロな分子的変化に光を使って繋がっているのです。

琴ちゃんのお母様は、その小さな水の中に現れる自然と繋がった美しい一瞬の命の輝きのような彩りを、だれでもが実際の見える光として表現できる方法を大発見をされたのかもしれません。

今回出来上がる「水といのちのART図鑑」が、皆様に命の本質である水と光の関係性をより身近なものとして感じてもらう良いきっかけになってくれます事を
心より期待しております。


令和2年6月
天然温泉ゆの里 
代表取締役社長 重岡昌吾  



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


そして今回、出版をお願いする「リーブル出版」さん
とっても、とーーーっても素敵な出版社さんです。
大好きな友人からの計らいでご縁をいただきました^^

「お水をARTで表現した本を出版したい!」

って話をした時、「青」という色を、ものすごく美しく印刷できる出版社さんがあるよ〜
と教えてもらい、すぐに高知県まで会いに行かせて頂きました。
すると丁度、社長さんが代替わりされるタイミングで、前社長さんや、社員の皆さんにも
「本の構想」を聞いて頂けたのです♡

ありったけの熱量を込めての、だいぶ暑苦しかったであろう私の話を受け取ってくれたのを感じた
3月のミーティングからの〜今。

どんな風に作品が練り上がっていくのか、未知の体験を楽しませて頂きながら、

共に最高の「いのちのART図鑑」を生み出します!

https://www.livre.jp/   リーブル出版HP


*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

全世界が、想いを一つにしていく時が来ているのを感じながら、
貴方と そして とてもユニークな仲間たちと
『水と いのちの ART図鑑』プロジェクトを始動します!


◉資金の使い道

皆さんのもとから贈られた資金は、

①いのちのART図鑑(日英)自費出版費用

②図鑑を世界へ届ける為の資金

③『私は水』という楽曲の製作費

に活用させていただきます!


◉実施スケジュール

2020年7月5日 クラウドファンディング・グランドオープン

2020年8月19日 クラファン 終了 

2020年8月31日 入稿

2020年10月1日 出版記念パーティ@和歌山県天然温泉ゆの里、リターンお届け

そして、祝💫いのちのART図鑑発売!世界へGO!


たくさんの皆様とのご縁が巡り巡ることを心から楽しみに!

このプロジェクトをリリースします。

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。

目標金額に満たない場合も、自費出版計画を実行し、リターンをお届け致します。

感謝♡


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください