初めまして!株式会社ハーネット・コーポレーションと申します。

ご支援くださった皆さまのおかげで、クラウドファンディング第一弾「新型コロナの影響 約8000個の輸入生牡蠣が行き場をなくました」(https://camp-fire.jp/projects/view/256595)を先日無事に終えることができ、
CAMPFIRE様を通じて 約1000個 の牡蠣のフードロスを防ぐことができました!
ご協力、ご尽力いただいた皆様、誠にありがとうございました。

しかしながら、依然として 約5000個 の生牡蠣が行き場を失っています。
そこで第二段「新型コロナの影響 輸入生牡蠣 約5000個の廃棄を防ぎたい」を開始させていただきたく存じます。

どうぞご支援のほど宜しくお願いいたします!

自己紹介

1982年、家業のオージービーフを広めるため現社長・Frank D.Hartが日本にやってきて日本でのビジネスを開始しました。

様々な輸入食品を取り扱いたいという思いから株式会社ハーネット・コーポレーションを1998年に設立。そして、2002年より海外産の牡蠣の輸入も始め、現在ではオーストラリア、アメリカ、アイルランド、カナダなど世界各地の牡蠣を取り扱っております。

2005年には東京都品川区に自社倉庫をかまえ、取締役・Frankie JG.Hart 主導の元、4台の水槽を稼働させながら世界各地の牡蠣を日本各地のオイスターバー、ステーキハウスなどのレストラン様・卸様にお届けしています。


しかし、この度の新型コロナウィルス拡大に伴いイベントの中止、外食産業の需要激減、レストランの相次ぐ休業により、輸入生牡蠣 約8000個 が行き場をなくしてしまいました。

第一弾クラウドファンディング「新型コロナの影響 約8000個の輸入生牡蠣が行き場をなくました」(https://camp-fire.jp/projects/view/256595)やSNSを利用して、販売を進めていますが、依然として 約5000個 の牡蠣が行き場を失っています。

牡蠣は今現在も水槽の中で生きています。
ただし、牡蠣はこのままだと処分せざるを得ない状況です。

それはあまりにも悲しすぎる、こんな状況下でも1人でも多くの方に牡蠣をお届けする事で、1個でも多くの牡蠣を処分から救いたいと願っております。

そのために、再度クラウドファンディングに挑戦し
皆さまに牡蠣をお届けしていきたいと思います!


会社のこだわり


「安心して食べられる安全で美味しい食材をお届けする」

様々な輸入食品を取り扱う我が社が、何よりも大切にしている考えです。
実際に弊社で取り扱っている輸入食品は無添加、無農薬、ケージフリー、Non-GMO(遺伝子組み換えではない食品)などの特徴を持つものが多いです。

そして、輸入オイスターにも以下のような特徴がございます。

・一つ一つ丁寧に育てられる
シングルシードという、1粒ずつ育てる養殖方法を用いています。養殖期間中も、たびたび水から出されて選別作業を行ったり、成長度合いにより育てるカゴを入れ替えたりするなど細かい手入れを怠りません。
手間隙をかけて育てられた輸入オイスターは美味しさだけでなく、シングルシードならではの深いカップで見た目も美しい品質の高さがございます。

・安全性
「生牡蠣って怖い…ノロウィルスになるよね?」といった声をよく聞くかと思います。これは正解でもあり、間違いでもあります。

牡蠣は1日に約200Lもの海水を吸い込みながらその生態を保っています。よって、海が汚れていた場合その汚れまでも吸い取ってしまいます。
ノロウィルスの菌を排出することが出来ない牡蠣は、そのまま菌を蓄積し、
その牡蠣を食べた方がノロウィルスにかかり発症してしまうという流れになります。


つまり、海水が綺麗であればノロウィルスになる可能性は限りなく低いということです。生食用の牡蠣の輸出が認可された国は世界中でもオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ、カナダ、韓国、アイルランドのみです。これは国の厳格な基準で認められた海域をもつ選ばれた国となります。

また、弊社でも月に一度の水槽の水質検査はもちろんのこと、輸入毎に専門機関にノロウィルス・細菌数の検査を依頼し万全の体制をとっております。


私たちの商品

この度、リターン品としてアメリカ合衆国ワシントン産の牡蠣をご用意いたしました。

テイラーピュアブルー(Taylor Pure Blue)/ 真牡蠣
採取海域:アメリカ合衆国ワシントン州ピュージェットサウンド湾

アメリカ最大の生産者Taylorさまが養殖する真牡蠣になります。
Taylorさまは1880年に創業し、牡蠣がまだ幼生の頃から(なんと1mm以下!)
顕微鏡を使い「どのプランクトンだと牡蠣がよく育つかな?」という研究からはじめ
その後も最高の餌の配分、牡蠣の掛け合わせなど、美味しく美しい牡蠣作りの研究に余念がない生産者さまです。
ワシントンの沿岸で豊富に育つようになったピュアブルーは成長に18ヶ月ほど有し、美しく丈夫な殻を持ちます。マイルドな塩見と甘くふっくらとした味わいが特徴です。

リターンのご紹介

【1種類のみのご提供のため一部前回よりもお値下げさせていただきました!】

・3,500円 / ピュアブルー 12個
・3,800円 / ピュアブルー 12個(ナイフ、軍手付き)

・5,500円  /  ピュアブルー 24個  
・5,800円  /  ピュアブルー 24個(ナイフ、軍手付き)

・9,000円  /  ピュアブルー 48個  
・9,300円 /   ピュアブルー 48個(ナイフ、軍手付き)

※送料込みの価格になります。ヤマトクール便にてお届けいたします。
※日付指定、時間指定承ります。


資金の使い道・スケジュール

・自社倉庫の操業資金
新鮮な牡蠣をお届けするために弊社は東京都品川区に倉庫をかまえ、4台の水槽を24時間稼働しています。こちらの稼働費および倉庫の維持費に資金を利用することで、新型コロナにも負けない体制を固めていきます。

・今後の継続的な牡蠣の輸入資金
新型コロナが収束した後、社会がどのように変わってしまうか私たちには想像もつきません。だけれども、これまでと変わらずに食材をお届けしたい、その活動を通じて日常を取り戻していきたいと心から願っています。
そのためにも牡蠣の輸入費に資金を利用し、安定した供給を続けたいと考えています。


最後に

弊社としてもこの未曾有の事態を乗り越えるため、皆さまのお力をお借りできないでしょうか。
度重なるCAMPFIREでのご支援のお願いになってしまい、心苦しいかぎりでございます。申し訳ございません。
ここまで読んでくださった皆さま、ご支援いただいた皆さま、誠にありがとうございました。
一刻も早い事態の収束と経済活動の回復、皆さまのご健康を切に願っております。

株式会社ハーネット・コーポレーション 一同


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2020/05/27 13:32

    こんにちは、株式会社ハーネット・コーポレーションでございます。5月24日(日)に本プロジェクトの募集を終え、結果としては前回よりも10名多い合計61名の方にご支援いただき、何目標金額の¥300,000を達成しました!今回のクラウドファンディングを通じて約1,500個(おまけ牡蠣も含む)の牡蠣を...

  • 2020/05/22 17:20

    こんにちは、株式会社ハーネット・コーポレーションでございます。前回の活動報告よりなんと15名の方にご支援をいただきました!目標金額も残り3日を残して50%を超えることができ、前回を上回るペースに驚きを隠しきれません。ご支援いただいた皆さま、私どもの牡蠣をご購入いたき心より感謝申し上げます。前回...

  • 2020/05/20 17:24

    こんにちは、ハーネット・コーポレーションでございます。前回の活動報告時より8人もの方からのご支援をいただき、目標金額の26%を達成することができました!いまだに外食産業の状況は厳しく、レストランやホテルが主なお客様の牡蠣も行き場を見つけることができていません。その牡蠣を皆さまにご購入いただけて...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください