新型コロナショックを乗り越え、青山・外苑前の憩いの場所「CITRUS」を継続していきたい。猛威をふるう新型コロナウイルスの流行により、危機的状況の「CITRUS」を【飲んで応援】特別会員特典で協賛頂きたいです!

プロジェクト本文

 はじめに・ご挨拶

2020年7月1日に13周年を迎える「CITRUS」

青山に集うお客様の笑顔を見続けて、13年もの月日が経とうとしています。


青山に勤めてる方、お住まいの方、

青山に関係がないけれど、CITRUSが好きで顔を見せてくれる常連様

様々な人が気軽に入れるような、落ち着いていて、居心地がいい、

どんな方にも馴染みやすい「隠れ家BAR」

みんなの理想のお店でありたいと思いバーカウンターに立っています。



いつもと変わりなく、13周年目を迎えられると思っていました。

そんな中に、立ちはだかったコロナショック、、、

東京都の休業要請により、バーは時間短縮ではなく臨時休業せざるを得なくなってしまいました。もちろん予約はなく、バー運営を存続させることが困難となっています。


困っているのはお互い様。他にも困っている店舗や企業は数多くあると思います。

支援だけ頂くわけにもいかないので、どうしたら良いかを沢山考えました。


「13年間続けてきた、『おもてなし』でお返ししたい」


是非この危機を乗り越えるためのご支援をよろしくお願いいたします!



 リターンのご紹介

3,000円〜100,000円

CITRUSのおもてなしでご支援頂いた方にお返し致します!

最大、永久にファーストドリンクをご提供致します。


 資金の使い道

今回のプロジェクトでは、皆様からご支援をいただいてお店の運転資金とさせていただきます。緊急事態宣言時の営業自粛期間に発生した店舗家賃、基礎光熱費、人件費、設備維持費を支援金によって補填させていただく予定です。



砂田 広

北海道旭川生まれ

高校の時に結婚式場でアルバイトとして2年間勤め、初めての接客業に魅了される。

社会に出てからも接客業、飲食業の世界で経験を積み、バーテンダーの道を極めようと決意。

日本バーテンダースクールの経営コースで基礎を学び、27歳で独立し現在の「CITRUS」を開業。


CITRUS‐シトラス‐ 青山・外苑前店

〒107-0061  東京都港区北青山3-2-1 2F

ディナー 18:00~翌2:00


◆本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください