・カード7枚とお札、小銭をたっぷり入れても2cm以内!経年変化も楽しめる高級スマートウォレット・『薄さ』と『使いやすさ』を兼ね備え、スマートな動線を意識したシンプルなレイアウト・スーツの内ポケットやパンツのポケットに入れてもシルエットが崩れないスマート構造

プロジェクト本文

小さい財布だとカードを沢山入れるスペースがなかったり、小銭があまり入らなかったり、小さいだけに制限が多く、使いやすさの面では難しい部分も。

では、どうすればいいのか? 考えに考えた結果、問題を解決する方法はシンプルでした。

・カードは普段使いできるくらいたくさん入る
・紙幣はもちろん小銭もたくさん入る

この2点の問題を解決すれば受け入れられると確信はできましたが、商品化するまでに構想や試作を繰り返しました。

何度も打ち合わせを繰り返した末にたどり着いたレイアウト。

それがこの『excash(エクスキャッシュ)』です。


・大量のお札や小銭、カード類、名刺や領収書までたっぷり収納できます。
・見た目はこんなに小さくても中身は大容量なんです。

そして、これだけ財布に詰め込んでもなんと厚みが2cm以内なんです!

大量のお札や小銭、カード類、領収書や名刺がこの通り収納できます。

財布裏面にもカードポケットが付いています。

これだけ振っても財布の中身がとても落ちにくくなっています。


カードやお札、小銭をしっかり入れても一番厚みのある部分でも2cm以内でした。

【一般的な財布と厚みを比べて見ました】

弊社のスタッフが使用している一般的な二つ折り財布とexcashを比較したところ、厚みは約半分でした。


【素早くスマートに】

・お札を出す
・小銭を出す
・カードを出す

最低限の動作でアプローチできるように考えました。



【計算されたレイアウト】

”薄さ”と”使いやすさ”、求めると反比例してしまうはずの2つの要求を極限まで突き詰め、なおかつシンプルなレイアウトにこだわりました。



【”取りやすく、落ちにくい”コインポケット】

適度に取りやすく、適度に落ちにくい、どちらも求めたいが故の絶妙な深さを実現しました。何度も小銭を取り出す動作を確認しています。


【アンケートを行いリアルな声を反映しました】

小さな財布を作る時に課題に上がったのが

”財布の中に最低限必要なカードは何か”

”カードを何枚入れられるようにするのか”

私たちの意見だけでは不十分ということで300名の男性を対象にしたアンケートを実施しました。

アンケートの結果を製作に反映しました。



【使いやすさを重視したカード収納】

2箇所に分けることで使いやすさを重視したカード収納は内側と外側にそれぞれカードポケットを配置しました。

クレジットカードや免許証、保険証、キャッシュカードやポイントカードなどは内側のカードポケットに。

交通系ICカードやよく使うカード類を外側のカードポケットに収納することで、カードを使う際にわざわざ財布を広げる必要がありません。

交通系ICカードはそのままピッとスムーズに。

また財布を閉じたまま内側のカードポケットからカードを取り出すことが可能となっております。


【スマートに改札を通過できます】

交通系ICカードを外側のカードポケットに入れておけば、スマートにスムーズに改札を通過できます。

【使う側の人の気持ちになって本気で考えました】

小さくて薄い財布を買う時に何を重視するのかを調べるために、300名の男性を対象にしたアンケートを実施しました。


【お札は折らずに収納OK】

一般的な小さい財布、ミニ財布と呼ばれるようなモノはお札を2枚もしくは3枚に折って収納するタイプが主流ですが、こちらは折らずに収納できます。

また、お札が半分以上見えているので、探しやすく取り出しさもあり使い勝手は抜群です。また蓋(札押さえ)が付いているので、お札が落ちにくくなっています。



【コンパクトなので収納スペースを選びません】

バッグの中でもパンツの後ろポケットでも、スーツの内ポケットでもどこでもすっぽり収納できるようにコンパクトなサイズの設計となっております。


【”小さすぎないけど小さい”絶妙のサイズ感】

日本の紙幣や小銭をベースに考えた絶妙なサイズ感。

ドル紙幣ベースだと日本紙幣が入らなかったり、、

日本の紙幣をベースに考えた”小さすぎないけど小さい”をテーマにした設計。


【シンプルで飽きのこない、でも”新しい”デザイン】

飽きのこないデザインがいい。
でも新しいデザインがいい。

そんなワガママを形にするためパターンの試作から何度も試作を重ねました。

そして出来上がったのは一見普通のデザインだけど、財布を広げてみるとそこには新しいデザインがありました。


【”丈夫さ”や”愛着の歴史”もデザイン】

世界5大レザーとして名を轟かす”栃木レザー”を使用。

また栃木レザーならではの経年変化を楽しむことができます。

頑丈で長持ち、共に成長できる財布を目指しました。


【専門の職人がコバを仕上げました】

コバと呼ばれる財布の端っこ、切れ端・切り口部分の仕上げはあえてコバ塗りではなく、品質や技術に自身があるからこそコバ塗りはしておりません。

素材そのものと熟練された職人の仕上げの技術をお楽しみください。


【縫製は職人こだわりの手作業で】

約半世紀もの間、高品質の皮革製品を製造販売している製革所で日々財布を製作している熟練職人こだわりのミシン手縫いで仕上げております。


【あえて奇抜な色やカラーリングは使っておりません】

使いやすい色だけを用意した理由

それは

”ずっと使い続けてほしいから”

このひと言につきます。


【確かな品質の証である赤タグ】

栃木レザーの証である赤タグを同封いたします。

原皮から革づくりの主要な工程だけで20以上ある”栃木レザー”

基礎素材を作り上げるだけで、選ばれた匠たちが約1カ月〜1カ月半もの時間をかけるのが”栃木レザー”

日本の風土にあった加工方法でなめし、匠の技術を巧みに駆使し作り上げたワイルドで完成度の高いレザーこそが”栃木レザー”です。


【世界にひとつしかない革の個性】

市場のほとんどの革はこれらの痕を分かり辛くするために表面に顔料を塗り、隠していますが、

栃木レザーは染料で染め上げているため、革本来の表情がそのまま表れています。

”生前の牛の生活も想像しながら革製品を楽しんでもらえる”革が栃木レザーです。

■かぶれ痕
地べたに寝転がることで出来たかぶれの痕で、少しザラっとします。横腹からお尻にかけよく見られます。

■トラ(濃い色)
脚の皮膚を平たく伸ばすことでできるシワです。

■トラ(薄い色)
人間で言うところの首や二段腹のシワのようなものです。首や背中~横腹によく見られます。

■血筋
血管の痕です。血管に残る血液をバクテリアが食べることで皮膚の表面に表れます。

■治り傷痕
怪我をして生前に治った傷痕です。

■虫刺され痕
虫に刺さされやできものの痕です。





【商品仕様】

商品名:excash
素材:牛革(オイルレザー) / 栃木レザー
サイズ:縦9.3cm×横9.5cm×厚み1cm
重量:約55g
付属品:オリジナルボックス , 栃木レザー品質証明書




大切な方へのプレゼントにも適した高級感のあるギフトボックスに入れてお届けします。
【3つの想いを込めてお手元までお届けします】

ブランド名【GELEQUA (ジェリコ)】

「gentleman 紳士」「leather 革」「quality 上質・良質」から造語表現し、30~50代の男性にフォーカスしています。

上質なレザーが似合う紳士のためのブランド。それが”GELEQUA”です。

皆さまが納得してお使いいただけるモノを作りたい。

約半世紀もの間、高品質の皮革製品を製造販売している製革所さんと何度も何度も打ち合わせを行いながら、機能性やデザインを追求しました。

”使う人を想う”

”使う人になって考える”

こういった想いから出来上がった商品が今回のexcash(エクスキャッシュ)です。

このブランドを立ち上げた時、決めていたことがあります。

それは

”革の品質にはとことんこだわること”

”コストのことは考えず、納得のいく素材を使うこと”

です。

匠たちが手間暇をかけて作り上げた革”栃木レザー”。

匠たちが他では真似のできない”ひと手間”に心血を注いだ革”栃木レザー”

を使い、一つひとつ丁寧に作り上げております。


キャッシュレス化が進み、持ち歩く現金やカード類が減っていく時代の真っ只中で、今イチバン使い易い財布を求め、形にしました。

「excash」がスーツを着る時、小さいカバンを持ち歩く時、冠婚葬祭などの時に使うだけでなく、日常の中に当たり前に存在し、この時代の変化を共に生きる相棒、パートナーになれば嬉しく思います。


使い勝手のいいモノが好きな方、高品質なモノが好きな方、かっこいいモノが好きな方、ミニマリストな方、皆さまに満足いただけるモノ。

10年先もあなたのそばで寄り添う、あなたの相棒でありたいと願っています。



弊社がはじめてMADE IN JAPANにこだわって製作したのがこの【excash】です。日本至高のレザー”栃木レザー”を使い熟練された日本の職人たちが作り上げる品質を是非とも知っていただきたいと考えております。




左利きのご要望も多かったので、製造元に相談し、左利き用も製造可能になりました。

左利き用をご希望の方は備考欄にその旨をご記入ください。

《左利き仕様》に関して

”excash”の作りが真逆になる形となります。
サンプルなどご用意できておらず申し訳ないのですが、財布自体のサイズやカードポケット、お札入れ、コインポケットなどは全く同じサイズで商品の作りが真逆になります。



【SNS投稿してくれた方全員に当たります】

ご支援いただいた後、以下を添えてTwitter、Instagram、Facebookなどで当プロジェクトページをシェアいただいた方全員にexcashと同じ革で作った「コードリール」をプレゼントします。

※ご購入いただいた財布と同じ色のコードリールを商品発送時に同封してお届けします。

【条件】

① リターンの支援申し込みをする

② TwitterもしくはInstagram、Facebookで当プロジェクトについての投稿を行う(Instagramの場合、ストーリーズ投稿でOK)

③ 投稿完了後、コメント欄にて「投稿しました」とお伝えください

たったの3ステップです! 商品発送時に同色のコードリールも同梱して発送させていただきます。




5月末:プロジェクト開始

7月末:プロジェクト終了

9月末ごろ:支援者様へ配送


マーケティング・プロモーションのための資金として活用させて頂きます。


株式会社キーポイント(Kii Point Inc.)

和歌山県橋本市を拠点にEC事業を行っております。

いくつかの自社ブランドを所有し、主に30~50代男性をターゲットにファッション雑貨を中心とした商品の企画・販売を行っております。


リスク&チャレンジ

・エイジングによって色が変化し、艶が出ます。 ・天然皮革ならではの原皮の風合いを生かした染料仕上げのため、表面にキズ・色ムラ・シワが見られる場合がございます。 ・入荷時期やロットにより、同じカラーでも色の濃淡が異なります。天然素材ならではの個性としてご理解ください。 ・デザイン・仕様が一部変更になる可能性がございます。 ・モニター環境により、実際の商品の色合いと異なってみえる場合があります。 ・多少の色落ちが生じることがございます。淡色の衣料との組み合わせにご注意ください。 ・ご支援の数が想定を上回った場合、革の確保、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。 ・ご支援に対する返金は、機能的な初期不良に限り、承ります。 ・皆さまからのご支援により、量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

特定商取引法に関する記載

◯ 販売事業者名: 株式会社キーポイント

◯ 事業者の所在地:〒649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島219-4

◯ 事業者の連絡先:Tel: 0736-26-7812 メール: support@kiipoint.co.jp
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。

◯ リターン価格:各リターン記載の通り
※ 商品内容に関してはリターン欄記載の通り
※ リターン価格とは別にcampfire(machi-ya)のシステム利用料として1支援毎に200円(税別)が支援者様の負担となります。尚、このシステム利用料はcampfireが受け取るもので、当社が受領するものではございません。

◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限通り

◯ 支払い方法:クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い

◯ 支払い時期 :当プロジェクトは「All-in型」の為、目標達成の如何に問わず、ご契約が成立しリターンをお届けします。その為、お申込みと同時にご利用の決済方法に準じてご請求となります。

◯ 引渡し時期: 各リターン詳細に記載の発送予定月を引き渡し時期とします。但し、開発・生産状況によって遅れが生じる場合がありますのでその際は当プロジェクトページ内の「活動報告」または購入者へのメール等で連絡します。

◯ キャンセル・返品: 当プロジェクトは「All-in型」の為、お申込み完了をもって契約が成立いたします。その為、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。

※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

  • 2020/05/31 12:23

    《無事に目標金額を達成することができました》こんにちは!”excash”プロジェクトチームです。当プロジェクトをご支援いただきました皆さまのおかげで無事に目標金額を達成することができました!これもひとえにご支援者様のおかげです。心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます!当プロジェクト...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください