はじめに・ご挨拶

私はとん豚テジ代表取締役の野口と申します。今までにリーマンショック、東北の震災など様々な困難を乗り越えて10年以上にわたり、六本木にて「とん豚テジ」ブランドを守り続けましたが、今までにない未曾有の危機に直面しており、ぜひとんテジファンの皆様に少しお力をお借りしたく思い、起案させて頂きました。

商品・お店が作られた背景

私は純粋な日本人ですが、お店で働くスタッフは全員韓国人です。外国の飲食店を営業するにあたり、ただ現地の料理を日本で提供するだけでなく、お客様がまるで現地を実際に旅行しているかのような非日常体験(日本語の少し下手なスタッフを通じて)をしてもらうために「強いこだわり」を持ち、韓国人によるお店作りを行ってます。

「日本で一番美味しい韓国サムギョプサル」を目指し、お店をはじめました。

私たちの商品・お店のこだわり

私たちの一番の商品は「カンナ三段バラ(商標済み)」という薄切りのサムギョプサルでございます。

その商品なカンナのように薄く切った豚肉を一枚一枚韓国人スタッフがお客様のために焼いて、そして商品、食べ方の説明を行います。(自家製オリジナルマスタードソースは絶品です)またほぼ全ての商品が既製品ではなく、店舗で日々スタッフがタレや調味料を自家製にて準備しております。


リターンのご紹介

リターンについては、皆様への一番の恩返しは、やはり我々の商品とサービスであると考え、

「皆様が実際に店舗で使える商品券」を中心にご準備させて頂きました。

※別途手数料がかかりますこと、ご了承下さいませ。

1,000円(別途手数料)→韓国人スタッフからの御礼メール(韓国語付き)

5,000円(別途手数料)→5,500円の食事券

10,000円(別途手数料)→11,000円の食事券

30,000円(別途手数料)→33,000円の食事券

50,000円(別途手数料)→55,000円の食事券

100,000円(別途手数料)→110,000円の食事券

プロジェクトで実現したいこと

今回のプロジェクトで一番実現したいことは、六本木における老舗有名店の存続、そして韓国人スタッフの雇用継続になります。今まで弊社では、社内独立制度を強く推進し、社内から独立したオーナー社長を4名育てて参りました。今後も永住権や、日本での自立した生活の維持、そして外国人の日本での活躍を益々実現して行きます。

資金の使い道・スケジュール

月々の家賃は120万(共益費など込み)+社員6名で約220万(保険料等は別)ですので、固定費合計の支払いに当てさせて頂きます。現在の売上は10分の1程度で上記固定費をカバーできない状況でございますが、出前やテイクアウト、外販などを強化して、年内の繁忙期12月までこの資金を元に乗り切るスケジュールです。

最後に

私もしばし現場にて店舗に立ちますが、本当に多くのお客様から愛されているお店であることを実感します。本来であれば経営ですので、自己責任で乗り越えなければなりませんことは重々承知であり、また様々な金融機関での資金繰り、補助金も全て申請しております。是非、ファンの皆さまへこれからも日本で一番美味しい韓国料理を届けるためにも少しだけお手伝いをお願いできませんでしょうか。(もしまだとん豚テジをご存知でないお客様はこの機会に是非いらしてください。本当に感動する美味しさです。自信があります!)

店舗の詳細情報

港区六本木4-12-10 グレイト綱ビルB1 03-3868-0311

大江戸線のミッドタウンの出口の目の前になります。(1Fに看板があり、夜などはかなり目立ちます)

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください