PEIJの研究室を「中高生が主役の科学研究所 (Youth Science Lab)」として中高生に解放

● 中高生の科学の探求が身近になるよう取り組みたい。

一般社団法人日本薬理評価機構(PEIJ)では、iPS分化細胞技術等を活用した医薬品の次世代毒性・安全性評価法関連の研究、Organ-on-a-Chipを用いた人間の各臓器の生理学的性質の再現による毒性試験・安全性試験・薬の効果等の研究、また、データ処理・統計等を用いた健康医科学関連の研究を行っています。

中高生には、常時開放されるPEIJの研究室で、『PEIJジュニアリサーチャー』として、好きな時に、好きなだけ、最先端の研究を間近で見たり・実際に参加したり、世界の最先端の研究を調べたり、自由な発想で考えて探求したり、子供の科学論文を書いたり、その成果を製薬企業の研究者等の方々の前で発表したりすることを通じて、肌で科学を感じることができます。学校の科学部等の部活に所属していなくても、個人から、『PEIJジュニアリサーチャー』として参加(参加費無料)が可能です。

また、年4回程度、親子で参加いただけるサイエンスカフェ(科学技術の分野で従来から行われている講演会、シンポジウムとは異なり、科学の専門家と一般の人々が、カフェなどの比較的小規模な場所でコーヒーを飲みながら、科学について気軽に語り合う場をつくろうという試み。日本学術会議HPより)を開催します。

● 創造性の涵養を目指し、中高生それぞれの「探求」に寄り添います。

2017.03.25付、教育新聞(円卓)に、「科学的センスの涵養」と題し、PEIJ岡本摩耶健康医科学センター長のコラムが掲載されました。その中では、「過去に大学教員を経験した立場から見る限り、日本の学生は、オンリーワンの正解が存在しない問いに弱い傾向がある。正解のない問いに対峙すると、途端に不安そうな顔をするのだ。しかし、新しい分野を開拓するとき、そこには法規制やマニュアルは存在しない。ましてやオンリーワンの正解など存在しない。そのような場面で、いかに適切な対応や思考ができるかが、新たな発見やイノベーション創出のカギとなるかもしれない。」そのような思考を育むには、肌で科学を感じることができることが重要となります。また、多様で柔軟な考えをもつ中高生それぞれに寄り添うことが重要です。そのような機会を提供したいのです。

あなた次第、可能性は無限大です。

これまで地元川崎市さんでは、小学生対象の夏の科学イベントのほか、中高生向けに、キングスカイフロントの研究者と意見交換する場を設けたり、研究所の視察などが精力的に行われてきました。Youth Science Labでは更に次のことができ、川崎市さんと協力します。

?最先端の研究が実際にどのように行われているのか、横に座ってじっくり見ることはできますか?

?最先端の研究に実際に参加することはできますか?

?自分の関心のある分野について、国内やハーバード大等世界で行われている研究の状況を知ることはできますか?

?自分の研究を実際にやってみることはできますか?

?自分の研究成果を国際ジャーナルに『PEIJジュニアリサーチャー』の科学論文として実際に投稿できますか?

?自分の研究成果を製薬企業の研究者等の方々の前で発表できますか?

?好きな時に、好きなだけ参加できますか? 

?他の『PEIJジュニアリサーチャー』と同じことをしなくてもいいですか?

?ただ、ぼーっと物思いにふけることができますか?

● 支援金の使いみち

目標金額200万円が達成した場合、Youth Science Labの2018年度実施に必要な資金(『PEIJジュニアリサーチャー』用の書籍等の購入費・研究費・教材の作成費、保険等、サイエンスカフェ開催費、『PEIJジュニアリサーチャー』を受け入れ・開放する研究室の部屋代の一部、Youth Science Lab支援研究者の人件費の一部)にご支援いただきました資金を使わせていただきます。

また、皆様のご支援により、目標金額を上回りました際には、高いレベルで研究した『PEIJジュニアリサーチャー』の海外のサマースクール等への参加費等にも資金を使わせていただくことを計画しております。

なお、実施にあたりましては、川崎市さん等と連携して実施いたします。

● 実行スケジュール

本プロジェクトは、目標金額に達していなくても集まった金額等を用いて実施いたします。中高生への安全への配慮等、各種準備を行い、平成30年5月頃に実施いたします。

● お問い合わせ先

中高生が主役の科学研究所事務局

〒210-0821

神奈川県川崎市川崎区殿町3-25-22

ライフイノベーションセンター 424室

Tel: 044-272-7187

Fax: 050-3730-3851

peijの後に(at)peij.or.jpを続けてください。また、(at)を@に変えてください。

  • 2018/04/30 19:35

    本日で、本プロジェクトが終了いたします。 ご支援いただき誠にありがとうございます。本日までに、予定を上回る中高生の応募がございました。そんな中高生に寄り添って、彼ら彼女らのかけがえの無い時間の中で、役割が果たせるよう努めてまいります。本当にご支援ありがとうございました。

  • 2018/04/13 21:25

    4月16日から「科学技術週間」が始まります。1960年に制定されてから今年で59回目を迎え、この期間には全国各地の科学館、博物館、大学、試験研究所などで科学技術に関する様々なイベントなどが開催される予定です。日本の次世代の科学技術を担う子どもの理科離れが指摘されている今、この機会を利用して各地...

  • 2018/04/12 22:09

    「中高生が主役の科学研究所(Youth Science Lab)」の常時開設につきまして、また、「PEIJジュニアリサーチャー」としてYouth Science Labへ参加する中高生を募集(参加費は無料)していることにつきまして、IGNITE(イグナイト)で報道されました。   引き続き...