地域活性化イベントを作りたい!地域を愛するイベント『医療介護フェス』を開催したい!「愛知県」「大阪府」の2拠点での開催予定!医療・介護・福祉の視点から地域を盛り上げていきます。おじいちゃん、おばあちゃんからお子さんまで家族みんなで参加する!

プロジェクト本文

 

  

 

私たちは地域を愛するイベントを作る。

 

 

 

 

 

 


2019年9月16日(月)に愛知県東海市太田川駅前どんでん広場にて【医療介護フェス】を開催しました。その時のダイジェストMovieです!

 

 

 

2019年医療介護フェス ↓↓↓

 

 

 

2つの目標


1.地域を愛するイベントにする。

2.医療、介護、福祉の視点から地域を盛り上げる。

 

 

3つの軸

 

1.医療・介護の視点からできるイベントである。

2.お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまでみんなが参加できる参加型のイベントである。

3.〝人と人を繋ぐ〟を作るイベントである。

 

 

〝はじめまして〟

はじめまして医療介護フェス運営責任者をしていますすがちゃんこと菅原和也です。

 


2019年医療介護フェスの写真

 

 

現在は、介護士として日夜おじいちゃん、おばあちゃんの日常生活をサポートをしています。その一方で、医療介護に関わる方々のコミュニティや地域を盛り上げるイベントの運営を行っています。


 

2019年9月16日初めて医療介護フェスを開催しました。

約400人の方々にご参加して頂き、

「とても楽しかったです。」

「また来年も参加したいです。」と

ありがたいお言葉を頂きました。

 


〝地域に愛されるイベント〟から〝地域を愛するイベント〟へ

 

愛されるイベントと愛するイベントの違いはなんでしょうか?

 

 

愛されるイベントは相手に求めている。

愛するイベントは自分で決めている。

私はこのように解釈しています。

 

医療介護フェスは無償の愛で地域を愛するということです。

相手を変えるのではなく、自分を変える。

相手へ求めるのではなく、自分から与えます。

 

医療介護フェスに携わる人は与え続けるということです。

Giverの精神であるということです。

 

〝与える者は与えられる。〟

 

医療介護フェスは無償の愛を届けます。

 

 


医療、介護、福祉の視点から地域を盛り上げる。


 

2019年医療介護フェスを開催して気付いたことがあります。

それは500人以上の人に医療・介護・福祉に触れる

きっかけを作ることができたということです。


当日の参加者は約400人

運営メンバー、当日スタッフ、出店ブース様、協賛企業様合わせて100人⁉

 

私はこの医療介護フェスを開催する中で、500人以上の方にきっかけを作っていました。

全員とお話したかはわかりませんが、少なからず出会っています。

 

中にはただ参加した人もいるかもしれません。

 

だけど、この医療介護フェスを開催することで500人以上の方に影響を与えることができた。

2019年の気づきから、私はさらにたくさんの地域を盛り上げていきたい!と考え、

2020年は私が21年間生まれ育った故郷でも医療介護フェスを開催します。

 

私は大阪府枚方市という町で生まれ育ちました。

 

2020年は【愛知県東海市】【大阪府枚方市】の2か所で開催します。

さらにたくさんの人に愛を届けるために、生まれ育った枚方に、

今自分ができる恩送りをします。

 

私がいろんな地域で医療介護フェスを開催すれば、結果的に

医療、介護に触れる接点が増え、地域が一度は繋がることができるということ!

 

様々な地域で、医療・介護・福祉の視点からできるイベントを開催していきます!

 

 

 

〝家族〟みんなで参加できる医療介護フェス

 

 

 

 

 

家族みんなで参加できる形を作ります。

 

医療・介護・福祉に接点が多いのは『高齢者』になります。

おじいちゃん、おばあちゃんになると触れる機会は多くなります。

それは事実です。

 

しかし、介護施設に入居するときやおじいちゃんおばあちゃんの日常生活を

サポートするのは誰でしょうか?

 

『家族』です。

 

医療・介護・福祉というフレーズを聞くと『高齢者』をイメージしやすいですが、

実際は『家族』みんなが触れることになります。

 

この医療介護フェスでは『家族』みんなが参加できるイベントを作ります。

▪介護保険について知りたい。

▪健康予防について何か知りたい。

▪おじいちゃんおばあちゃんと一緒に出掛けたい。

▪将来、医療介護職として働きたい。


家族みんなで参加できるイベントを作ります!

 


 

 

〝What to do?〟当日は何をする?

 

 

 

医療介護フェスでは目標を達成するために3つの方法を活用します。

1.出店ブース/2.イベントブース/3.ステージブース


地域の皆さんを中心とし、たくさんの方々に携わって頂ける環境を

作って行きます。〝人と人を繋ぐ〟を作るイベントです。


1.出店ブース

医療介護の視点を取り入れたブースを設置し、身近に感じて頂けるきっかけを作ります。

飲食店ブース、参加型ブース、物販ブースなどクリエイティブなアイデアを具現化できる

きっかけになるかもしれません。

例)2019年9月16日に開催した医療介護フェスでは、参加型ブースで『車椅子教習所』という

車椅子の説明を受け、運転を体験できるブースが立ち上がりました。

 

 

 

東海市では〝18店舗〟枚方市では〝21店舗〟の出店ブースの設置を予定しております。

 

 

2.イベントブース

スポーツ鬼ごっこやドローン操縦体験、バブルサッカーなど、広い空間で楽しめる環境を

作ります。小学生を中心に楽しめるイベントを作ります。他にも様々なアイデアを募集しております。

 

 

 

3.ステージブース

東海市では〝6m×6m〟の広さのステージブース、

枚方市では〝大屋根の下(6m×10m)〟の広さのステージブースを設営します。

地域の皆さんの活動を披露できるきっかけを作ります。

例)ダンスパフォーマンス、お笑い、プレゼンピッチ、歌など

 


 

 

今後の計画

2020年

1月28日 クラウドファンディング開始

2月29日 クラウドファンディング終了

3月1日〜 運営メンバー、出店ブース、イベントブースの打ち合わせ開始

4月1日〜 広報開始

5月末日(日曜日)   医療介護フェス開催!(東海市)

9月1日〜 広報開始

秋開催 医療介護フェス開催!(枚方市)

 

 

資金の使い道

【東海市】【枚方市】

場所代、ステージ設営、出店ブース

広報費、交通費、事務費などの

医療介護フェスに関連する活動資金にさせて頂きます。


 

 

 

 

 

 

希望を共に創る運営メンバーのご紹介

 

私1人では何もできません。

このクラウドファンディングも助けてくれるメンバーがいるからスタートを

切ることができました。そんなメンバーを紹介致します!

 

〜愛知県運営メンバー〜

No.1

澤美波(さわみなみ)

理学療法士/Webクリエイター

 

 

みんなが笑顔で楽しめる空間を創りたいです。

医療介護フェスは、より多くの方に医療・介護を知っていただき、

〝空間創り〟のきっかけとなるイベントです。

私自身も精一杯楽しみながら、この運営に挑戦しています。

 

No.2

石川洋(いしかわひろし)

介護福祉士/ヨガインストラクター

 

 

僕は予防で地域を貢献する!介護の現場に十数年触れて感じたことは…

〝予防の必要性〟介護予防で僕は貢献します。

僕はヨガ×介護で介護を変えます!

 

No.3

安部花穂(あんべかほ)

エステティシャン/看護師

 

 

介護現場で看護師として働く今、女性の“生きがい”の1つに “美” がある事を実感しています。

“美” の持つパワーは人の可能性をどれだけ引き出すことができるのか。

美や看護を通して、

その人が本来持つ “美しさ” を私は生涯をかけて追求していきます。

 

No.4

大江一輝(おおえかずき)

作業療法士/学生実業家

 

 

学生からできることはたくさんある!僕の一番の強みは〝若さ〟です。

若いからこそできるチャレンジや冒険。

医療介護フェスも僕にとって冒険です!

若い力でおじいちゃんおばあちゃんに愛を届けます。

 

 

他にも医療介護フェスの想いに賛同して

共に盛り上げてくれる仲間を募集しています!

仲間を探しながらこの医療介護フェスを作っています。

一緒に医療介護の視点から地域を盛り上げていきませんか?

 

 

 

 

希望を共に創る医療介護フェスアドバイザーのご紹介

 


医療介護フェスは運営メンバー以外にアドバイザーとして参画して頂いております。


【嶋村塾】

すがちゃんは人を思いやり、夢を与えている人です。
そして、多くの協力者とチームをつくりながら行動し続けていることに、

いつもよい刺激を受けています。
この医療介護フェスがきっかけで、

持続可能な社会づくりや地域の活性化につながることを期待しております。
私自身もアドバイザーとしてこの取り組みに参画させていただき、非常に光栄に思います。
すがちゃんのご活躍と医療介護フェスのご発展を心から祈っております。

 

嶋村塾主宰;嶋村吉洋

 

 

 

 

さいごに・・・

 

すがちゃんの想い;医療介護業界の次世代の希望になる。〟

 

私は医療系の大学に通い、途中で中退をし

現在介護士として勤務してます。

医療介護は世のため人のために貢献することができます。

お客様(患者様)の日常生活に直結する業務内容です。

直結する分、責任感が伴います。

とてもやりがいのある仕事です。だからこそ、

もっともっと医療介護職がイキイキワクワクしている姿を

業界の枠を超えて発信したい。

 

将来働きたいランキング1位がユーチューバーのように

5年後、10年後に医療介護職種が上位を占めるような楽しさを

伝える。そのために利用者様の人生をサポートする責任感を背負い、

自分自身が楽しむ必要があります。

医療介護業界の次世代の希望になるために僕は走り続けます。


2020年1月17日 医療介護フェス運営責任者 菅原和也

 


 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

達成しない場合、、、

達成しなくても開催します。

クラウドファンディングが達成しなければ、

その時に考えます!達成しないことを考えるよりも

今自分の目の前でできる方法でチャレンジしていきます。

現在資金が一銭もございません。

だから皆様のお力をお借りして達成させていきたいのです。

皆さんと一緒に何もない所から一緒に作って行きたいのです。

 

この活動が1人でも多くの人に伝わればと思っています。

SNSへ拡散、友達や家族、お知り合いの方にお声かけして

頂けたらすごくうれしく思います。よろしくお願いします。

 

主催 医療介護塾

主宰者 すがちゃん(菅原和也)

 

 

~その他医療介護フェス関連企業/団体/個人一覧~

★ドローン撮影担当;ドローンジョプラス

★動画制作担当;K-net

★ステージブース担当;一般社団法人ワーシャル

★リターン支援担当;心音

 

 

医療介護フェスは、

誰も置き去りにしない世界を作るために

(No one will be left behind)
「目標3 あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。」

 「目標11 包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。」

の実現に貢献します。

 

 

 

 

SDGsとは、

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった省略です。日本では、『持続可能な開発目標』と訳されます。

2015年の国連サミットにおいて採択された成果文書『持続可能な開発のための2030アジェンダ』における中心的な考え方です。世界の貧困をなくし、持続可能な社会の実現を目指した世界共通の17の目標とそれらを達成するために必要な169のターゲットから構成されいます。

(引用;清水卓智(2019)、マンガでわかるSDGs、30-33)

 

 


 

目標3 すべての人に健康と福祉を

ーあらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。ー


医療介護福祉職が主体となり、取り組んでおります。

「医療」「介護」「福祉」といった専門職の職種が主軸となり、

小さなお子さんからお年寄りの方までみんなが参加できるイベントを

作り上げております。

当日に参加して頂き、

▪体のお悩み事

▪介護のお困りごと

▪お子さんの身体のメンテナンス

などが相談可能になります。

 

運営メンバーとして携わることによってより健康、福祉への

理解度が向上することも医療介護フェスを通して貢献します。

 

 

 

目標11 住み続けられるまちづくりを

ー包摂的で安全かつ強靭(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。ー

 

地域の事業所さんや地域の皆さんと共に作り上げていくのが医療介護フェスです。

FAAVOを活用させて頂いているのもその1つです。

FAAVOは地域貢献型のクラウドファンディングのプラットフォームです。

 

地域の皆様とともに作り上げていく。

愛知県「東海市」、大阪府「枚方市」を医療介護フェスを通して、

住み続けれるまちづくりを目指します。

 

▪地域のご当地グルメや地域の取り組みを出店ブースを通して関わることができます。

(出店ブース)

▪歌やダンス、プレゼンテーションの場としてステージブースを設置し地域の皆様との関わり方を促進します。

(ステージブース)

▪理念やプロジェクトの賛同して頂きスポンサーや運営メンバーとして携わって頂くことも可能です。(スポンサー、運営メンバー)

 

様々な関わり方を設け、包摂的で安全かつ強靭で持続可能なプロジェクトを目指しています。

 

 

 

全てが繋がっている。。。

SDGsの目標は、決してひとつずつ単独で存在しているわけではなく、相互に繋がっています。医療介護フェスでは「目標3」と「目標11」をピックアップし発信しています。ただ、その先で別の目標も必ず繋がています。

医療介護フェスを全国で開催することでSDGsの取り組みが広く多くの人に伝わります。

 

 

 

誰も置き去りにしない世界を共に創りませんか??

 

参考文献;マンガでわかるSDGs


  • 2020/04/10 16:27

    【5月開催予定の医療介護フェス延期のお知らせ】 おはようございます。 医療介護フェス運営責任者のすがちゃんです。   医療介護福祉職が主体となり、地域課題を解決するために 1つのきっかけを作っています。医療介護フェスは、 お子さんからおじいちゃん、おばあちゃんみんなが参加できる ...

  • 2020/03/25 15:10

    皆さんご不沙汰しております。 医療介護フェス運営責任者のすがちゃんです!   クラウドファンディングが終了し皆さんからのご支援があり、 医療介護フェスを開催することができます。 多くのご支援を本当にありがとうございました。(涙)   クラウドファンディングが終了し、これまでの期間...

  • 2020/02/29 15:34

    COVIT-19(コロナウイルス)による 医療介護フェス開催について   現在大流行している『COVIT-19(コロナウイルス)』による医療介護フェスに開催についてお伝えします。医療介護フェスは『5月末』に開催予定を控えております。   結論からお伝えしますと、 医療介護フェスは現...