巡ノ文庫プロジェクトは"つながる"をテーマに、本と人、人と人がつながるコミュニケーションの場として、"小さな図書室だけどできること"を創造し、図書室の無い環境に一つでも多くの図書室が出来てほしい。そしてその第一歩となるプロジェクトです。

プロジェクト本文

巡ノ文庫(めぐりのぶんこ) ~みんなで作る田舎の小さな図書室~

皆さん、はじめまして!企画・運営会社Nutty's(ナッティーズ)の佐藤伸也と申します。
この度、岡山県勝田郡勝央町にある複合施設NUTTYPLANT(ナッティープラント)内に、地域の人がつながる事の出来るコミュニケーションの場として、小さな図書館「巡ノ文庫」をオープンします。クラウドファンディングFAAVO岡山でオープンに必要な費用を募集させていただきます!

▲NUTTYPLANTにてイベント開催風景 

自己紹介

私は生まれも育ちも、自然豊かで産業も盛んな田舎町岡山県の勝央町です。幼い頃より本が好きだった私は、毎日必ず母に『日本昔ばなし』を読んでもらうのが楽しみでした。聴いてはハラハラドキドキ。時には怖くなり寝れない夜もありました。それでも、読んでもらっている時はいつも頭の中で絵を想像しながら聴いている事が一番の楽しみだったことを覚えています。中学・高校のころは全く勉強のしない子供でしたが、学生時代も本が好きな私は、図書館や本屋に行っては、熱心に美術書や歴史モノの本をよく読んでいました。

26歳の時転機が訪れました。仕事で初めて役職をいただいたとき、働くことがいやでは無かった私はやる気だけはあり、やる気だけで管理職となりました。ですが、当然のことながら勉強をしなかった私は、数字も苦手、文章力も低く、コミュニケーション能力も非常に低かったです。あらゆる難題と現実を知った私は、とにかく本を読みました。数学書、ビジネス書、コミュニケーション術の本・・・あらゆる本を読み、あらゆる本から学びました。

そして現在、Nutty's(ナッティーズ)という企画・運営会社を立ち上げ、地元勝央町に複合施設NUTTYPLANT(ナッティープラント)を作りました。常に人生においての教養や座学、感動や勇気を本から受けてきたと思います。

 

田舎の小さな図書室「巡ノ文庫」のコンセプト

巡ノ文庫は、都会にあるような図書館とは比べ物にならないほど小さな図書室です。
本一冊一冊、作者一人一人には、物語があり、そしてそれを手に取る読者一人一人に生まれるストーリー、そして本と人、人と人の"つながり"を大切にするといった、小さな図書館だからできること、小さな図書館にしかできないことを実現していきたいと思っています。
“想いをつなぐマイ推薦図書カード”などを使用して、地域の人みんなが、本でつながる事の出来るコミュニケーションの場となってほしいと考えています。

 

「巡ノ文庫」はこんな図書室です

 [巡る蔵書の集め方]


巡ノ文庫の本は以下の2つの本法で収められます。

1.応募による推薦図書(1人一冊)

自分がこの本を色んな人に読んでもらいたいと思う本(購入はこちらで行います)と選んだ理由やエピソードを書いて応募していただき、その中から毎月数冊づつ収めさせていただきます。※すでに収められている場合はごめんなさい無効となります。

2.皆さんからの寄付

指定させて頂いたジャンル内で寄付頂いた本を収めさて頂きます。

[想いをつなぐマイ推薦図書カード]

推薦図書に応募していただいた方の中から選んだものを納めさせていただく際、応募時に書いていただいた、読んでほしいポイントや思いを添えた図書カードを作らせて頂きます。そして、借りられた方が感想などのレビューが書けるようになっています。推薦図書が寄付をいただいた図書の中にある場合はそちらにマイ推薦図書カードを添えさせていただきます。

[ブックスポットアプリ『リブライズ』の導入]

どこでも図書館になるアプリ"リブライズを使うことで、本を借りる際、自分のスマートフォンに映し出されるバーコードをスキャンするのみで直ぐに本が借りられます。リブライズ上ではAmazonと連動されており、気に入った本を購入したり、図書室に収められている本の閲覧をすることも出来ます。

[家具・什器・小物等]

巡ノ文庫では、椅子などの家具から、しおりなどの小物まで、全て"つながり"をテーマに各職人さんや作家さんと打合せを行いオリジナルのアイテムで遊び心や仕掛けがいっぱいです。

[イベントの開催]

本にまつわるワークショップ(しおり作り体験や製本体験)、朗読会、交換会などのイベントも合わせて不定期開催していきたいと思っています。

[NUTTYPLANTでの楽しみ方]

NUTTYPLANT内には現在カフェスペースがあり、ドリンクや食事を楽しみながらの読書をすることも可能です、また現在リニューアル休業中となっており、リニューアル後はシェアオフィス(ドロップイン=1日単位)の利用なども可能となり、ゆったり過ごしながら読書を楽しむことが出来ます。

 ▲巡ノ文庫開設スペース

集まった支援の用途とその内訳


設備費用 200000円

本購入費用 100000円

リターン品製作費用 50000円

手数料 100000円

巡りの文庫オープンまでのスケジュール


2015年12月~ クラウドファンディングスタート


2016年1月~ 設備工事開始


2016年2月~ オープニングパーティー&巡ノ文庫開設 

オープニングパーティーのふるまいフードは (株)ヒトトゴハン 沼本吉生さんとNUTTYPLANTに新しくオープンする『御存知より』が担当いたします。

『巡ノ文庫』が目指すもの

ちなみに日本最大の図書館は『国立国会図書館』です。蔵書数は図書998万冊、新聞・雑誌は1484万冊とゆう膨大な本が収められています。ですが世界中にはまだまだ本が存在し、今も日々多くの本が発行されており、人生で出会える本の数は全体のごく一部です。
巡りの文庫は、本一冊一冊、作者一人一人の物語をつなぎ、手に取る読者一人一人に生まれるストーリーをつなぎ、そして本と人、人と人の"つながり"を大切にしていきます。
巡ノ文庫は本の冊数にこだわるのではなく、バーコードリーダー一台あればすぐに図書室が管理でき、地域の人みんながつながる事の出来るコミュニケーションの場となってほしいです。まずはNUTTYPLANTに実例として存在し、まだ図書機能の無い地域への希望になりたいと考えています!そして、本から学んだ事を自分の子供たちの世代にも伝え、たくさんの良い本と出会いを大切にしてもらいたいと考えています。

お返し品にご協力して下さる皆さん

(株)木工房ようび

人口約1,600人   森林率95%岡山県の小さな村、西粟倉村で家具や暮らしの道具をつくっています。

 

Naturalyard

岡山県阿波村で、オーダーによるハンドメイド革製品の制作と販売、出張カフェをさせて頂きます。

 

cutte

一点一点手仕事で帆布カバンを作っています。たくさんあるデザイン・生地・カラーからあなた好みのカバンをお仕立て致します。

 

Hungry sticker

オリジナルのウォールステッカーを中心に、様々なウォールステッカーを販売してます。

 

(株)ヒトトゴハン

「ゴハンを通じて人をつなぐ」食のなんでも屋の会社

 

 起案者情報


【団体名】Nutty’s

【代表者】佐藤伸也

【facebook】NUTTYPLANT Facebookページ

  • 2015/12/21 15:06

    今回巡ノ文庫のテーマでもある、"つながり"をテーマにお返し品政策にも色々な方が協力して下さり、本にまつわる大変素敵なものが出来ました(^O^) Hungrystickerさんが担当して下さる『メッセージが送れる本棚風ウォールステッカー』は、大切な人の部屋に本棚風の風景が生まれ、センターの...

  • 2015/12/20 23:45

    色々な方に応援していただき、現在35%! 現在までにご支援下さっている皆様本当にありがとうございます(>_<) 12/1〜スタートしたクラウドファンディング、身近な方から遠くの方まで色々な方から必要としてくださる声や嬉しい声をいただき凄い感動しております(T_T) 最終日28...