2020年東京で開催されるスポーツの祭典で金メダルを取りたい! 日本の強化選手に選ばれましたが、2年後出場するには世界大会でポイントを獲得することが必要です。世界大会への遠征費用について、クラウドファンディングでご支援おねがいいたします!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

 △僕の活動歴については、下にある「これまでの活動」をご覧ください。

 

はじめまして! 梶 鉄輝です。

2020年東京で開催されるスポーツの祭典でパラトライアスロンに出場し、メダルをとることを目指しています。

 

私は小さい時から自転車が大好きで、小2から自転車やトライアスロンの試合に出てきました。

今から6年前の5月13日、トライアスロンのチーム練習中、13トントラックに跳ねられ、ドクターヘリで救急病院に搬送されました。幸い命は助かりましたが、その頃のことはあまり覚えていません。


退院した後は、治療のため中学1年から2年まで休学。様々なリハビリの先生にお世話になり、厳しいリハビリを続けました。右肩も右手の指も動かないので、右手を縛って自転車の試合に出た時はとてもうれしかったです。どうすれば走れるか考え、工夫して練習を続け、たくさんの試合に出場してきました。

 

高校では自転車部で活動し、今年高校を卒業しました。昨年からパラトライアスロンの試合に出場し、頑張っていたところ、日本の強化指定選手に選ばれました!

世界大会に出場し、ポイントを上げれば2年後には選手として出場できます。ただ、世界大会に行くには遠征費用が必要です。強化選手なので費用が出る大会もありますが、出ない大会もあります。

 

高校卒業後、就職活動をしましたが残念ながら決まりませんでした。就職活動は継続中ですが、今は世界大会に向けてひたすらがんばりたい!

そして出場権を勝ちとり、メダルを取る!

そのために必要な遠征費用をクラウドファンディングを使って、皆様にお力を貸していただければとてもうれしいです。

どうぞよろしくお願いします!


 

 

▼プロフィール

梶  鉄輝 (かじ てつき)

生年月日:1999年12月17日(現在 18歳) 
出身:兵庫県川西市 
血液型:B型 

身長:180cm 
性格:明朗活発で社交的。何事においても前向き

小学2年生で出場した、関西シクロクロス大会での初優勝をきっかけに自転車競技を始める。
中学1年生の時、トライアスロンチームでロード練習中、対向車線をはみ出してきた13トントラックと衝突しドクターヘリで運ばれる。
手術後、奇跡的に一命は取りとめたものの右腕に大きな障害を負う。
診断は、頭蓋骨開放骨折、頭蓋底骨折、髄液漏、右腕神経叢損傷等々であった。
退院後は厳しいリハビリを重ね、早くも事故の年の秋のヒルクライムレースに片腕で復帰。
その後も入退院、手術、リハビリを繰り返しながら練習を続け、レースに参戦し、表彰台に立つまでになる。
高校では自転車競技部に入部し、主にロードやトラック優先となる。
兵庫県自転車競技連盟から県代表に選ばれ、全国高校選抜自転車競技大会に出場する一方、マウンテンバイクやロードレースにも参戦し、入賞を果たす。

 

映像提供 bykin!tv 様

▼プロジェクトをやろうと思った理由

私は小学生から続けてきた自転車競技というものに運命を感じています。

中学1年の時、自転車競技生命を手放してもおかしくないような事が起きました。

当時私は自身のケガについて深く知りませんでした。

「肩と頭を怪我し骨折があったから手術して治した」、
ただそのように思い、一刻も早くレースに出たいそんな気持ちでした。

しかし時間はどんどん過ぎていき、手術とリハビリの繰り返しが続きました。
毎日そんな中でしたが、自転車に対する想いは大きくなって、以前よりも夢が明確となりました。

今はその大きな目標を目指し、日々練習とレースに挑戦しています。

 

2017年10月からは2か月間、文部科学省の

「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」にて支援を受けることが出来ました。 

シクロクロスの本場ベルギーへ留学し、世界の強豪たちとレースをする夢が叶いました。

そこで見てきたものは、今まで競技を続けてきた中で一番心に響くものがありました。

「来年からも絶対ここで走る。」

今まで続けてきた意味がヨーロッパのここにあると思いました。
高校卒業した今は、プロを目指して国内外のレース活動をしていますが、レースを続けていくには、多大な費用が必要となります。

▼これまでの活動 

【BIORACERサポートライダー】パラトライアスロン日本代表強化指定選手 梶鉄輝選手紹介記事

https://cyclingwear.jp/2018/05/25/kaji-interview201805/

 

▲シクロクロス参戦中▲

<活動履歴>

【2011年】

美山ロードレース2位

三木トライアスロン2位

全国小中学生ロードレース2位

【2012年】

西日本ロードレース1位

全国MTBクロスカントリー琵琶湖ジュニア2位

【2013年】

関西シクロクロス日吉ジュニア2位

【2014年】

全国小中学生MTB大会3位

全国小中学生ロードレース大会3位

トライアスロングリーンピア三木ジュニア2位

【2015年】

MTBクロスカントリー大会菖蒲谷1位

全国MTBユース2位

全日本シクロクロス選手権大会3位

兵庫県総合体育大会トラックレーススクラッチ2位

兵庫県新人戦トラックレース スクラッチ1位

【2016年】

MTBクロスカントリー大会琵琶湖1位

京都丹波トライアスロン高校生部門4位

兵庫県総合体育大会トラックレーススクラッチレース1位/4km速度競争3位

近畿自転車競技大会ロードレース(兵庫県 1位)/トラックレース4km速度競争3位

平成28年度全国高等学校総合体育大会(鳥取県・広島県)出場

兵庫県新人戦トラックレース スクラッチ1位 /3km個人パーシュート3位

★最優秀選手賞 獲得

★関西シクロクロスエリートクラス特別参戦

【2017年】

八幡浜国際MTBクロスカントリー大会3位

兵庫県県民大会自転車競技大会スプリント2位 ポイントレース3位

兵庫県総合体育大会トラックレース4km速度競争1位スプリント2位

長良川パラトライアスロン3位

京都丹波トライアスロンスーパースプリント1位

【2018年】

 関西シクロクロス 希望が丘 C1 1位

 関西シクロクロス 堺みなとグリーンひろば C1 2位

 中国シクロクロス 第5戦 葡萄浪漫館 C1 1位

 世界トライアスロンシリーズ横浜大会 エイジパラの部 1位

 2018 Eton Doney ITU ParaworldCup PTS5 7位

 全日本パラサイクリング選手権 総合3位

 2018 Magog ITU ParaworldCup PTS5 2位


▼今年参戦予定

大会名>2018 アジアトライアスロン連合、パラトライアスロン アジア選手権大会

英文名称(2018 Mt Mayon ASTC Paratriathlon Asian Championships) 
>開催期間 2018年8月10日

>URL http://triathlon.org.ph/

 

大会名>2018 国際トライアスロン連合、パラワールドカップ ローザンヌ大会

英文名称(2018 Lausanne ITU Paratriathlon World Cup)

開催期間2018年8月18日
URL>https://www.trilausanne.ch/cms/fr/

 

大会名>2018 国際トライアスロン連合、パラワールドカップ フンシャル、ポルトガル大会

英文名称(2018Funchal ITU Paratriathlon World Cup)

開催期間2018年10月28日
URL>https://www.triathlon.org/events/event/2018_funchal_itu_paratriathlon_world_cup

 

三大会参加目的。2020年東京で開催されるスポーツの祭典に選考されるためのポイント獲得のため。これ以外にも多数の世界大会に参戦予定!

 

▼資金の使い道

三大会の海外遠征や、今後参加予定のトライアスロン・シクロクロスでの競技費用で大切に活用させていただきます。

 

▼リターンについて

〇ご支援についての注意事項〇

・全てのコースは税込み、送料込みの価格です。

・FAAVOの仕様上、複数コースのご購入が可能です。

ただし同時決済はできませんので、個別のコースを都度お申し込み下さい。

・お申し込み後のコース変更は出来ません。

・プロジェクトへご支援後、事情によりイベントに参加できないなどの場合も返品は受け付けられません。

・様々なご連絡が行きますのでメールのチェックをお願いいたします。
・facebookをご利用の方は【梶鉄輝Facebook】にフォローお願いします
 https://www.facebook.com/tetsuki.kaji最新情報などをお知らせいたします。

● お問い合わせ先

◆梶鉄輝応援サイト

 htttp://tetsukikaji.com