宮崎県高千穂町の若者が取り組む「高千穂郷食べる通信」を通じて、高千穂郷椎葉山地域の農家と都会の消費者をつなげる仕組みを作ります。高千穂郷に集う人が宿泊する、シェアビレッジの制作費用を募集します。

プロジェクト本文

 

こんにちは、宮崎県高千穂町の高千穂アカデミーの佐藤翔平です!

 

高千穂アカデミーは、「過疎地を盛り上げ、魅力を世界に発信する」事を目的に集まった、民間、行政職員、地元出身者、移住者が集まった非営利団体です。

  

今回、僕らの住む世界農業遺産に認定された高千穂郷の農家と消費者をつなげる「食べる通信」を通じて1000人の仲間を集めるべく、クラウドファンディングに挑戦します!

 

世界農業遺産の高千穂郷ってどんな場所?

 


僕達の暮らす場所。ここは九州山脈の中心、高千穂郷椎葉山地域です。自治体は高千穂町、五ヶ瀬町、日之影町、諸塚村、椎葉村の5町村にまたがる山間の地域です。

 

昨年度末に国連の機関から「世界農業遺産」の認定を受けた場所でもあります。

 

中には年間150万人が訪れる高千穂峡、日本最南端のスキー場、村まるごとSFC認証を受けている村など、観光資源も豊富な高千穂郷ですが、月並みに「人口減少」「高齢化」など課題は数多く存在します。

 

農家とつながる食べ物付き情報誌「食べる通信」を創刊します

食べる通信は、2年前「東北食べる通信」からスタートしました。

 

食べる通信とは、一言でいうと、食べもの付の情報誌です。

毎号、特定の生産者について特集した情報誌と、生産者が作った食べ物がセットになって届く会員制の情報誌です。

 

僕らはその食べる通信で、農家の思い、暮らし、農産物の本当の価値を伝えます。

 

そこから高千穂郷に興味を持った人達と、現地の生産者との間につながりを創りたいと考ています。

  

様々な行動をしてきた僕らが、なぜ食べる通信なのか?


僕らは今まで地域課題の解決に向けた様々な行動をして来ました。

 

▲ 全国から100名の地域リーダーを集めた地域課題解決合宿「宮崎ワケモン会議」の開催

 

▲ 東京、大阪など都市部でのPRイベントの開催

 

 

▲ 地元と協力しての農業体験イベントの開催

 

さまざまな地域課題解決に向けて行動を起こしてきましたが、僕らが今一番に取り組むべきと考える課題は、「地域農業再生」です。

 

世界農業遺産の認定された地域農業でも、いま崖っぷちに立たされています。

 

無関心が生み出す農業の様々な問題

なぜ地域農業は崖っぷちなのか?

 

農業の課題は沢山あります。後継者不足、耕作放棄地の増加、その中でも一番の課題は消費者と生産者がお互いの事を知らない、考えない「無関心」という現状があることだと思います。

 

お互いがお互いの事を知らないから、自分事として互いの問題に向き合えない。

 

それが根本的な農業の課題だと思っています。

 

それなら僕らで農家の顔、思い、住んでいる暮らしを全力で、磨いて、伝える。そして消費者との間にコミュニティを作ってつながりを持ってもらえば解決に近づくのではないか考えました。

 

だから僕たちは食べる通信を創刊します。

 

農家と直接言葉を交わし、消費者と生産者が共に支えあるコミュニティが作れれば、「無関心」は「応援」となって暖かな関係を生み出すでしょう。

 

全力で農家の魅力発信して、消費者に伝えて「無関心」を「応援」に変えます。

 

食べる通信の魅力〜安心するつながり〜 

 

 

 

僕らの創刊する「食べる通信」は高千穂郷食べる通信といいます。

 

僕らは高千穂郷食べる通信を読んだ人が、高千穂郷の事を知り、興味を持ち、高千穂郷をふるさとの様に感じてもらえる事を願っています。 

 

食べる通信の最大のメリットは農産物をつくる人、その人の暮らしとつながりをつくれることです。

 

しかも、ただの人とのつながりではなく「安心するつながり」

 

現代はネットが普及する以前に比べて、容易に人とつながれる社会になりました。

しかし、その容易さ故に、手にあまるほどのつながりに煩わしさを感じていたり、量の割には満たされなかったりするという人も多いように感じます。

 

僕らはそんな人たちにも、高千穂郷特有の顔の知れた、安心感のあるつながりを持ってもらいたいです。

 

だから、こその「1000人」。

 

顔の見える範囲で安心感あるつながりを創りたいと思います。

 

創刊号は日本一の和牛「高千穂牛」の繁殖牛生産者田邉さんを特集!

 

高千穂郷食べる通信の創刊号を飾るのは、日本一の和牛「高千穂牛」の繁殖牛生産者田邉さんを特集します。

 

神々の里高千穂で育つ高千穂牛のお肉用に牛ではなく、その前の子牛を産ませて生計を立てる繁殖牛農家。その繁殖牛農家の普段は見ることが出来ない姿を食べる通信で消費者に伝えます。

 

 ▲創刊号についてくる食材は和牛オリンピックで2連覇中の高千穂牛

 

少し考えてみてください。

 

いつものように普通に食べるお肉と、作ってる人の顔を、思いを、知りながら食べるお肉。

 

どちらが美味しさをより噛み締める事ができるでしょうか?

 

僕は後者だと思います。

 

それが食べる通信の醍醐味。知ってはじめて出来る事、変わる事があると思います。

 

食べる通信を創刊して伝えるだけが終わりじゃない、リアルな場作り、ツアーも企画

 

僕たちは、食べる通信を読んだ人がそれで終わりではなく高千穂郷に来てもらって農家さんと話して、楽しめる場所も創りたいと思います。

 

増えつつある空き家をリノベーションしての高千穂郷ビレッジや、高千穂郷を学ぶ食べる楽しむアグリツアーの開催などを予定しています。

 

実際に11月には昼はアグリツアー、夜はお酒を飲みながら高千穂の夜神楽を夜通し楽しむイベントを開催します!

 

資金の使い途

調達資金は、1000人の仲間作りの為のイベント開催費用及び、食べる通信発刊の活動費用にさせて頂きます。

 

僕らは農家をアイドルにする

▲6名からなる高千穂郷食べる通信編集部

 

最後になりますが、僕らは食べる通信を作る事が目的ではありません。

 

さらに言うと僕ら編集部は影の存在です。一番大事なのは農家をアイドルにして本当の価値を伝える事。

 

食べる通信を発刊して高千穂郷の農家の本当の価値を伝えて、つながりを作って、農家を会いに行きたくなるアイドルのような存在にしたいと思っています。

 

知ることから始まること、変わることがあると思います。地域農業再生に向けて行動を続けていきますので、応援の程よろしくお願い致します!

 

【これからのスケジュール】

2016年 9月 高千穂郷食べる通信 創刊 2016秋号 お返し発送

2016年11月 高千穂学ぶ食べる楽しむアグリツアー開催 高千穂の夜神楽の拝観予定

2016年12月 高千穂郷食べる通信 2016冬号 発送  

2017年 1月 高千穂郷ビレッジ(仮)の事業着手

 

 

  • 2016/08/19 15:11

    みなさんこんにちは。高千穂アカデミーの理事で、高千穂郷食べる通信では編集長を務めさせていただいております板倉哲男と申します。 高千穂郷椎葉山地域を盛り上げるぞといって結成された高千穂アカデミーですが、実は私はこの地域で生まれたわけでも、育ったわけでも、親戚がいるわけでもありません。私自身は大...

  • 2016/08/17 20:43

      出来る事をやろうと思ったのがスタートです。  いろいろ高千穂の事を考えて、イベントとか開催したり参加したり、いろんな場所に行ってIT系の人、銀行の人、政治家の人、性根が曲がってる人、色んな人と会ってきた。  その中で一番熱量が上がってたのは第1次産業、農林水産業の人と話をしているとき...